2009-04-29



現代用語の嘘知識⑨



ゴールデンウィークの初日
沖縄県地方は待望のポカポカ陽気で気持ちのいい
日です、昨日は同級生がやっている床屋へ
3ヶ月ぶりに行きまして散髪をしてサッパリしました

その後、後から来た同級生4人で閉店後の店内で
ビールと、泡盛と麦茶で午前3時まで「これからの
世界情勢を憂う」という格調高いテーマで酔っ払った
状態で喧々囂々していました、非情に充実した時間でした
同級生っていいですね、同じ話を繰り返しても
あきません、つまり話がエンドレスです、
ユンタクは頭は使いますが金は使いません、しかし時間は使います
とても贅沢な娯楽です、大いに楽しみましょう。

店長の奥さん、酒も飲まずにわざわざ我輩を家まで送ってくれて
ありがとうございました。

さて久々の嘘知識です、

捲土重来

物事に一度失敗した者が、非常な勢いで盛り返すこと。

拳固頂戴

愛情に飢えている子供達が自分を真剣に叱ってくれる人を
待望しているときに用いる用語。


学校崩壊が叫ばれている昨今、学校現場の教員にとっては
親の過保護によって生み出された、子供達の反抗ぶりに
手を焼いているようでございます、うかつに手でも出そうものなら
PTA,教育委員会、マスコミ等に叩かれて泣きを見るのが
見え見えです。  ((T.T; )(; T.T))おろおろ・・・そのせいで、生徒が暴れようが、授業をサボろうが手も足も出ず
放任状態、これではまともな教育は出来ません、先生も気の毒です
退職する先生が多いのも頷けます、日本の未来が心配です
タイヘンダァ!! ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ タイヘンダァ!!

小生がガキの頃は、先生は怖い存在でした、習字の時間にすずりセットを忘れただけで、
即有罪です、懲役一時間、廊下の冷たいコンクリートの
の上で直に正座です、しかも、5講時目です、掃除時間が終わった直後の廊下はビショビショに濡れています、
季節は冬、しかも半ズボン
小学4年生の純真な少年にとっては過酷な懲罰でした。
(ノ I `。) ウゥ・・・

しかし、友達と一緒だったので懲役中にもかかわらず正座状態で先生の目を盗んで2人で悪ふざけです、ガキですね~~~。
鬼看守と化した、先生に見られて、
追加制裁です、5講時で授業は終わりです
他のクラスメイトは我々2人見て嘲笑して情け容赦なく
下校です、人情紙風船をこの年で早くも味わいました
放課後先生が残務をしている間、約一時間続行です(_ _)Zzz   ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー!

やっと、釈放された頃は足の膝小僧から足の甲にかけてマッカッか神経が失われて当然そのまま横に倒れて15分くらい動けません
先生は片づけをして、「後の戸締りはちゃんとしてよ!」と
冷たい言葉を言い放ってさっさと帰って行きました
その、後姿は今でも鮮明に脳裏に焼きついています。
一生怨んでやると子供ながらに思いました(*`д´)ノチキショ!!!

にもかかわらず、翌日は音楽の時間に使う笛を忘れていました
幸い早めに気がついたので、他のクラスで笛を使う授業のある
クラスを4教室当たって、やっと友達から借りることが出来ました
持つべきものは友だと、実感いたしました。\(@^0^@)/やったぁ♪

このように昔は、体罰が当たり前のように行われていました
先生に言わすれば愛の鞭です、いまの時代そのような
愛の鞭が失われているような気がします。
\(* ̄□\) ̄□\) ̄□\))))オォ~ット!!

愛の鞭は最近では使われ方が変化しています
昼間はくそまじめなスーツ姿のおっさんが
夜な夜なSMクラブへ出かけて女王様から
ハイヒールの鋭利なかかと、蝋燭、そして必須アイテム鞭
の洗礼を受けて喜んでいるとか、
そうですその鞭のことを表しているようです。
(∩.∩)にんまり

小学校のときの先生は元祖女王様だったのですね
今では歳は70歳位です、まだ松山辺りのクラブで
現役かな、今度テレビ番組で調査依頼してみようかなと思案中です(* ̄ー ̄*)ニヤリッ


2009-04-27

「杞憂」  


イチデージ!今朝のタイムスの社説で早速
豚インフルエンザの問題提起をしていました。
感染がメキシコ以外にも拡大しており、世界的な
流行にならないか懸念されますね。

WHOは警戒水準を4に上げるか、今から協議をするとのこと。
ここで我が沖縄県では地球の裏側のことだと言って
油断することは出来ません、
まさに対岸の火事では済まされない問題です

ご存知のように、豚肉は沖縄料理のシンボリックな存在で
無くてはなりません、アシティビチ、三枚肉、ソーキ、ミミガー
、ボージシ、ムル、マーサムンです、ウチナーンチュは
ウァーシシジョグーです、食卓から消えたら
クリープの無いコーヒー(古ッ!)みたいなものです

     ε ⌒ヘ⌒ヽフ
       (   (  ・ω・)
      ε ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
     (   (  ・ω・)・ω・)
   ε ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
  (   (  ・ω・) (  ・ω・)・ω・)
  しー し─Jしー し─Jし─J

身近な問題として、豚肉に対する風評の広がりが懸念されます
(_ _)Zzz   ヽ(・_・;)ノ フッヒョー!なんてバカ言っている場合では
ありませぬぞε=(>ε<) プーッ!!
いずれにしろ我が沖縄県にとってマイナス要因であることは間違いありません
農業、観光、行政の各関係者の方々は、沖縄の豚は
チャラトン(美豚)である旨のキャンペーン等を展開するなどの
準備をしておいたほうがいいはず♪(*^ー゜)v(*^▽^*)*☆ガンバ☆♪

落ち込んでいる観光に追い討ちをかけるかのようですね
泣きっ面に蜂状態にならないように
被害を最小限に食い止めてほしいです
あまり大騒ぎしても、逆効果になるかも知れないし
慎重な対応も必要ですね、難しいところです。

杞憂に終われば一番良いのですが┐(´ー)┌フッ


2009-04-26

「憂慮」

今朝のタイムスの社説にも
沖縄観光の現状を憂慮する記事が
掲載されていました。

さらに、憂慮する事態がメキシコで発生です
豚インフルエンザに感染した疑いのある死者が68人
患者が1004人いるとのこと。
これまで危惧されていたものがいよいよ現実のものと
なって来ました、新型インフルエンザが世界で爆発的に流行する恐れ
があり、日本国内では発生時に最大64万人が死亡すると推計されています。

我々人類は人間同士いがみ合わないで、各国協力して真の敵と
戦ってほしいものです。


2009-04-25

「他力本願」 

世界的な不況の影響で、我が沖縄県も例に漏れず
観光産業が前年比で大幅な落ち込みようである、約14%も
落ち込んだようで、さすがののんびりやのうちなーんちゅも
基幹産業がこれほど落ち込んではデージと大慌てです

22日には、県知事を含めて官民一丸となって危機突破を
図ろうとこぶしを振り上げて総決起大会を開いた模様である
出席者からは焦点がはっきりせず、空回りの感がぬぐえず
いまいち不満が残った大会のようであったみたいです。

しかし、これからの沖縄の将来を担う基幹産業の危機とあっては
次の世代に禍根を残すことになり他人事では済まされぬ問題で
あることは間違いない、危機感を共有して県民全体で叡智を出し合って
危機を突破したいものでありますね、幸い5月の予約状況は前年比
マイナスながらも僅かの落ち込みで済みそうです、これに安住して
また危機意識を喪失したら元の木阿弥になります、常に危機意識を
持って努力していただきたいものです。

過去に、同時多発テロの時も落ち込みはありましたが
県はもとより、航空会社の尽力により短期で取り戻すことが
出来ました、このように沖縄観光は、何か不測の事態が起きると
すぐに影響を受ける脆弱な構図となっています

そもそも、当産業がここまで成長したのは、本土の大手航空会社、旅行会社等の
大金を使った大々的な宣伝のおかげです、沖縄独自で発信したのは
ほんの僅かでしょう、つまり他力本願です、せいぜい政府に補助やらの予算の陳情
が関の山でしょう。これではいつまで経っても足腰はふにゃふにゃ状態です。

沖縄は全国的に見れば観光資源は潤沢にあると思います、
青い海、青い空、亜熱帯の温暖な気候、そして何よりも
万物に光、熱、エネルギー、恵みを与えてくれる、お天道様の
恩恵を日本一受けられるという地域です、しかもただで、
そのせいでみんなのんびりしているかも知れませんね
真冬でもよっぽどのことが無いかぎりは凍え死ぬこともないし、ハッピーです

しかし、ハード面だけの素材に頼ってばかりでは限界があります、海外にも
風光明媚なところは沢山ありますから価格さえ安ければ
簡単にそこへ流れます。
材料は目の前にあるのにそれを料理することが出来ない
ウチナーンチュに不足しているのはそれを料理する名シェフですね

現に、ワタベウェディングは沖縄でのリゾートウェディングで着実に
実績を上げてきています、HPを見てみたら、キャッチフレーズが
「パスポートのいらない楽園、沖縄リゾートウェディング」
と謳われています、夢があります、人気が出るのもうなずけます
さらに、今5月には、兵庫の冠婚葬祭業の「レック」が沖縄でのリゾートウェディング
に参入とのこと、すでに盛況で100組の予約有りとのこと、

県民の同業者が他力本願でボーッとしている間に、美味しいところは
本土業者に持っていかれます~~~~~!

それではドウスルベキスタン、ウズベキスタン。
地元業者は、地元の利を活かして沖縄独特のソフト面の素材を十分に生かした商品に力を注いでいくべきです。

本土とは違った歴史、文化、風習、等材料には事欠きません、
うちなーんちゅのイチャリバチョウデーに現れているようにフレンドリー
な県民性は一番の観光資源だと思います。タレントは無尽蔵に居ます
ゲートボール場に居るオジー、オバー達、去る大戦の砲弾の雨の中を
生き抜き、戦後の想像を絶する飢餓をも乗り越えて、沢山の子供達を
育てた。いま尚、背筋をぴんと伸ばして活き活きとしている生命力は
神がかりです、長寿地域世界一(今後は危ない)に恥じないですね。
医食同源の食生活も見逃せない。
是非本土の方達にもユンタクしてあやかって頂きたい企画です。

また、市場で働くアンマー達、沖縄の女性はたくましー。
ユンタクして元気をお土産に持ち帰っていただきたいです。

子供出生率日本一、沖縄の結婚式披露宴は楽しいーーーー
披露宴ご参列あやかりツアーを企画する、めでたいことは沢山の人に
喜びを与えます、一人でも多くの人に祝福されたほうが良いに決まっています
、ブライダル業、旅行業、ホテル業、各界タイアップしてジンブンを出してみては。

トーカチ、カジマヤーご長寿あやかりツアー。
ムエーグァーユンタクツアー、意気投合すれば若者同士恋に発展するかも、
いまの時代、モニターがあれば遠隔地でもインターネットでリアルタイムに
参加することも可能だし~~~~。
他にもいろいろ材料はあると思います。
沖縄県民総観光親善大使宣言をすれば、ハワイに負けない観光地になるかもよ。

交流をしてユンタクすれば必ずや、観光客は活きた沖縄を体験することになり
ますます沖縄ファンになるはず~~~~。

離婚率日本一は伏せておいてね。




2009-04-22

「コミュニティーラジオ」 

沖縄市に5月15日から市内で2局目、県内で11局目の
コミュニティーFMラジオ局が開局するとのこと

ミュージックタウン・エフエムオキラジの名称らしい
おじさんにとって嬉しいのは、番組内容や選曲が中高年向けに
編成するので、今までの在来局が野球やら若者偏重の番組編成の為
聞く番組が無く、ラジオファンのおっさんとしては地団駄を踏む
思いばっかりしていました、やっと女神様が現れた気がして
嬉しいでござんす。

仕事で南下すると、糸満のFMたまん、浦添のFM21をよく聞いています
両局とも中高年にターゲットを絞った番組編成になっています
ラジオ局も聴取者離れで経営環境は厳しいようですが
両局ともファンが多くて経営的にもぼちぼちみたいです
在来局との差別化が功を奏したのでしょうね。

当方の地元の局、FMコザはほとんど聞いたことがありません
在来局とほとんど変わり映えがしないからです
そやから、今度の局には期待しています

ラジオ聴取率調査によりますと、ラジオを聴いている人は
全世代で7.2%、50歳~69歳で11.9%
12歳~19歳ではたったの1.6%らしい
おのずと若者偏重の局は経営が厳しくなるのもうなずけます

両局の勇気ある決断はウーンまさにタイムリーですね、ウンウン!
今度の新局には是非頑張っていただきたいと思います。






「低額給付金」  

まだ来ません、お金を差し上げますという
女神様からの通知が

我輩がよそさまから労せずしてジンカニを貰うというのは
高校時代以来何十年ぶりのことだろう
前回の給付金は該当外の為いただけませんでした
だから喜びもひとしおでござんす

1万2000円という低額ではありますが
貯金にしてしまってはせっかく経済の活性化の趣旨に
反しますので喜んで大事なことに使おうかと
今からうきうきしながら思案をしています

暇人によるアンケートによりますと使い道の第一位は家族で
出かけて焼肉を食べにいくとのことらしい
家族団らんのひと時にもなり思わぬ効果をもたらしそうですね
ささやかでほほえましいことでした

にもかかわらず我輩は去った土曜日、翌日が久々の休みなので
ついついこの不景気の中、約3ヶ月ぶりにスナックへと
イソイソと出かけました、激務の後遺症が残っている為かいまいち
のりが悪くつまらない時間をすごしている自分がいました
こういう時ってあるんですね
結局、おあいそは一万円です、往復のタクシー代が2千円です

せっかく低額給付金を大事に使おうと思案していたのに
飲み代一回分で飛んでしまうのですね、低額だからしょうがないか

まっ、これから来るわけですから再度、気を取り直して
使い道を考えたいと思います

ところで、今私が勤務しているちっちゃな事務所での一こまですが
南城市では給付が始まっているらしく、社長の本宅の屋上にある仮設事務所
で内業をしていると、事務員である社長の奥さんのところに義母さんが
給付金の受け取り方を習いに来ていました

どうやら、役所に口座番号などなどいろんなことを書いて
郵送しなければならないらしい
年寄りには面倒くさいみたいです

奥さんは口座番号が必要なので通帳を持ってくるように
指示していました、義父さんのものも同時に行うとのことで
一緒に持って来るようにも言っていました

しばらくして義母さんが戻ってきて、義父さんのものは通帳
ではなく口座番号だけ聞いてきたみたいである
それによりますと、義父さんは、何冊かの通帳を出してきて
そのうちから一冊の番号を書き出してメモを渡したらしい

中身はまったく見せなかったとのこと
義母さん曰く「ジンがマンドウクトゥ、ミシランパーるスンデー」
(金持ちだから金額の内容がばれるから見せたがらない)
と嘆いていました。義父さんは、今は畑仕事をしながら
会長におさまっています、今でもバリバリ稼いでいるみたいです。
思わずクスッと笑ってもうた

てなわけで、定額は低額ですが、家族の多い方はまとまった金に
なりますので気前よく使って経済の活性化に協力して下さい
景気も浮揚するでしょう

その後に、消費税のアップが控えていますがそのときはそのときに
考えましょう。ではでは

活性化が待たれる、つきしろの街

null




2009-04-19

「人口増」 

先頃、推計人口が発表されました。
それによりますと、人口が増えた地域は東京を含めて、7地域とのこと、
我が沖縄もその部類に入っていてる、2008年10月現在で約138万人
140万人も間近である、嘗て100万県民と言われていましたが
この急増ぶりは驚くばかりです、その間、日本の人口は微増です

他地域からの移住、出張等で沖縄に来てそのまま住み続けてウチナーンチュ
になっている方々も15パーセント位占めているのでは(個人的な予想)
沖縄の住みよさ居心地のよさがその現象を生み出しているのでしょう

これからは様々な考え方が沖縄社会に入ってきますので、沖縄独特の
風俗習慣も少しずつ変化していくのでしょうね、でも、いいものは
残しながら、仲良く共存していきたいものです、他地域の方々が住み付く
ということはそれだけ、沖縄の自然、ウチナーンチュの人柄も含めて
魅力的だからでしょう。

新聞の投稿欄で、たまに、沖縄旅行をして、沖縄での体験談を載せているのが
ありますが、先頃もその記事がありました、
レンタカーで走らせていると道に迷ってしまい、車中から他のドライバーに
声をかけたら、その方はわざわざ車を止めて丁寧に教えてくれて
さらに逆方向ながらも、わかりやすいところまで案内して
くれたらしい、他にもいろいろ、人の親切に胸が熱くなるほど
感動したらしい、是非また沖縄に来たいとのこと。
嬉しいですね、沖縄の観光資源は人々のホスピタリーだと思いました。
沖縄も捨てたものではないと、ウチナーンチュとして誇らしく思いました。

交通マナーが悪いなど改めるべきこともありますが、やはり沖縄は
素敵ですね、先人達が大交易時代から様々な人々と交流してきて得た処世術のおかげですね、誇るべき先人達が語りついできた、精神、また、ウチナーグチを絶対
消滅させてはいけませんね、継承するのは今の我々の義務だと思います。

また、見逃していけないのは、人口増の要因として、他地域からの社会増もありますが
出生率全国一の自然増もあります、確実に日本に沖縄の血をひいた人が多くなって
いるということです、後々は日本社会を牽引する人材が出てくるでしょう
楽しみですね。

アメリカのオバマ大統領の例でも分かるように、有色人種の人口増により
これまで、ないがしろにされていた声が無視できなくなったのだと
思います、人が多くなるということはいいことです
それだけ、声が反映されるわけですから
子供が多いということは、未来を支える人材も豊富であり活力もあります
沖縄の明るい未来に期待したいものです。

ジンブナー
肝高の阿麻和利の居城
勝連城址

先人達は勇気を持って海外と交易をし
繁栄を築いていた









2009-04-15

「案の定」

仕事もやっと落ち着きまして、今週からやっと自宅で睡眠がとれるように
なりました、本日も19時半には帰宅です、もうあの怖い病院跡の
現場事務所で寝なくて済みます、でもちょっぴり寂しい気もします
なかなかあの恐怖感というのは体験できませんからもったいないです~~~

当時、夢の中で、患者さんが着る白いガウンみたいなものをまとったおじいさんに
寂しいよ~~~と声をかけられていました、ふと目が覚めると時間はまだ4時だ~~~
夜明けまでまだ時間がタップリアルゼンチン、
おしっこもしたくなったし、寒い日だったのに、なぜかあぶら汗をかいていました

心なしか、ペタペタと病院の廊下を歩くスリッパの音が聞こえたような
気がしてビビリンバ状態でした、何とか小便をちびらずに用をたすことが出来ました
ハッヒィフッヘホーです。Σ(゜ロ゜ノ)ノ ヒィィィィ!

ところで、いきなり話は変わりますが、昨年10月22日の当ブログでも触れましたが
最近の北朝鮮の傍若無人ぶりには、ほとほとあきれ返ります
案の定、また駄々をこねてきました、六カ国協議参加を拒否し、核開発も再開する
とのこと、すでにIAEAの監視委員にも国外退去を命じたとのこと。

どこまで国際社会をてこずらせるのか・・・・・。ヾ(°∇°*) オイオイ

しかし、冷静に眺めてみると、アメリカもロシアも中国もこの事態はすでに
想定内であり、大国の思惑も見え隠れしているように思えます。
北朝鮮という、危険分子をわざと泳がせて温存して危機感をあおり防衛というものが
必要だという既成概念を一般大衆に植え付けて軍需産業を安定させよう
ということなのかも。舞台裏では北朝鮮も含めて打ち合わせが出来ているかも。

今回のミサイル打ち上げ費用、実に300億円だそうな。
国民が疲弊しているのにこれはどういうことでしょうか
当然、他国からお金をせびらないと不可能です。
それを知りながら駄々っ子にお金を援助する大国は我がほうに
金が返ってくることを織り込み済みなのでは。

日本は結局、アメリカ経由で多額の金を援助していることになっているのでしょう。
国民は重税感にあえいでいるというのに、やりきれまへんンモォー!! o(*≧д≦)o"))

本気で北朝鮮を正常にしたいならば、核施設の監視よりも、金の使途を監視した
ほうがいいと思います、あるいは食料等の現物のみを援助するとかね。
大国はおそらくやらないでしょうね、今後とも注視していきたいものです。
メモメモ_〆(゚Д゚⊂⌒`つ

馬天に昇る朝日
ミサイルは飛ばないでほしいですね。






2009-04-13

「真夜中深夜の訪問者」  

10日の日「○ね○で」へ出かけて夜食を買ってきました
8時をちょいと過ぎた時間でしたが、いつもは惣菜の
残り物に値引きシールが張られている時間ですが
当日は貼られていな~~~い、

仕方なく2品を定価で買いました、あと大好物の
みたらし団子カップ入りも籠インです
相変わらずの栄養をまったく無視した食生活を送っています
本日最初の食事です。健康診断を受けるのが怖いわ~~~~。
高脂血症気味です、今のところ不具合は生じていませんので
大丈夫でしょう、例の油ギンギンのカルビーのポテチーも食いました
やはりホンマモンはうまかー。

さて、本題です、実は当日深夜12時チョイ過ぎ
一人で残業中に玄関をノックする音
気のせいかと思いましたが、息を殺して耳を済ませていると
またもやノックです、恐る恐る全身勇気を振り絞って、「どなたですか」
と蚊の鳴くような声で言いました。
すると男性の声で、「夜分遅くすんまへ~~~ん」との返事
ドアを開けると30歳そこそこの巡査でした

どうして私は少しも悪いことはしてないのにと思いながら
話を聞くと、なんと、いつも眺めている目と鼻の先の護岸で
夜10時半ごろ中年女性の死体が発見されたとのこと
こわ~~~、そこで巡査は、昼ごろ馬天界隈で挙動不審な中年女性
を見た覚えがありませんかとのこと、どうやら聞き込み捜査みたいです
その護岸を私は、前日と当日、早朝散歩をしたところです
何時に身投げをしたかは、定かではありません。

肝を冷やしました、不気味ながらも気を取り直して、残務開始です
、実はこの現場事務所は元病院だったらしく、最近落ち着いたので
怖さも感じるようになってきていました、それに追い討ちを
かけられたようでコワイッス。何とかその日は夜を明かすことが出来ました。

あまり寝付けないので、朝は5時半起床です、東の空はほんの少し
明るくなりかけていました、すがすがし~~~朝です

11日は散歩は中止です意気地なしですから
8時頃、同僚出社です、会話を交わすことも無く、双方とも
粛々とパソコンと向き合って業務です、でっ、

11日午前11時頃、またまた、昨夜とは別の若い巡査が尋ねてきました
彼はいきなり、手帳の中から一枚の顔写真を取り出し、この方に
見覚えありませんかとのこと、例の死体の女性の写真です
鑑識用で撮った写真でした、5箇所ほどに赤色でマーキング
されていました、目は他力で開かせたのでしょう、ギラッと
見開いていました、少しのかすり傷らしきものはありましたが
損傷は少なく、死顔には見えませんでした、初めて見ました。
昨夜の巡査が見せなくてよかったです

私、その顔、500m離れた現場に行く途中にたぶんあっているかも
知れません、見た覚えのある顔でした、確証は無いし、めんどうな
ことになるのもかったるいから、見覚え無いッスと同僚と二人で
答えて、若巡査にはお引取り願いました。

それにしても、その女性に何があったのか知る由もありません。
ただただご冥福を祈るばかりです。身投げみたいです
身元不明とのこと。

11年連続で3万人を超える自殺者がいる、交通事故死は
近年、1万人以下です、ちなみに2007年は5744人でした
かつて交通戦争と言われていました、
その5倍以上もいます。7割は男性だそうです。
この日本は住みにくい国なのでしょうか、三流福祉国家で、決して
先進国とはいえないのでは、考えさせられます。



例の護岸






護岸から見た現場事務所



無理心中、よく聞く言葉ですが
心中=自殺、自殺はほとんどこの世に未練はありながらも
やむにやまれず無理やり実行することだと思うんですが、
積極的にやる人はいないと思います、
なぜ、わざわざ無理を入れるのか、疑問でした。

例のごとくインターネットで調べたら、同じ疑問を
持っている人が質問していました。

ご一読を。

無理心中とゆう家庭での自殺の言葉がありますが、無理しない自殺なんてものがあるのでしょうか?無理心中って変な言葉じゃないですか?

「無理心中」とは「無理強い」された「心中」であるからです。
本来の「心中」は合意で行なわれるものです。

②、これは相思相愛の男女がその真実の心を相手に示す証拠としてともに死ぬ
そのお互いに「心の中を見せる」行動というのからきたようです。
『広辞苑』には「それならばおれに惚れたという心中を見しや」という文が引用されています。
その言葉だけの引用であるため、自殺を前提にした言葉であるのかははっきりしませんが。
ただ、こうした表現から共に死ぬということに発展していったと思われます。

③、近松門左衛門(1653~1724)には有名な『曽根崎心中』、『心中天の綱島』など、
いわゆる「心中」ものがあり、大評判となります。
近松門左衛門が「心中」を「男女が死ぬこと」という意味で表現したのか、
その「男女の心の中」という意味で表現したのかは定かではありません。
また、彼が元祖だと主張するものでもありませんが、
この近松の「心中」ものが、「添い遂げられない男女の自殺」という言葉の定着に
決定的な役割を果たしたのは間違いないと思われます。

心中は②で書いたように、「相思相愛の男女が、その真実の心を相手に示す証拠としてともに死ぬ」
つまり、お互いに「心の中を見せる」行為です。
ところが、その思いは一方的である場合
例えばある男性が好きな女性に振られて絶望し、その女性を殺して自分も自殺するケース
あるいはある人が前途を悲観して家族を殺して自分も自殺するケース
それは「殺人」ではあっても本来の意味での「心中」ではありません。
それは「無理強い」された「心中」なのです。


なんだかよく分かりませんが、合意ありにせよ、無理やりにせよ
、自殺者の無い住みよい社会を築いていきたいものですね。















2009-04-10

「似て非なりもの」

久々にのんびりしたひと時をすごしているでやんす
とはいっても現場事務所在です
先ほど「○ね○で」馬天店なる某スーパーで夜食の
買出しに行ってきました、何回かお世話になりました

そのうち何回か、特売コーナーで好物のポテトチップスを
買って食べましたが何か違う、でもその当時は仕事に
追われて違いを感じている余裕もなかったのでしょう

意外かも知れませんが私こう見えても結構ポテチーには
うるさいんですよ、カルビーの塩味を特定して買うのですが・・・・
例のポテチー、最近落ち着いたので冷静に袋のパッケージを
眺めて見ました、本日例のスーパーの特売コーナーの箱から
取り出して注意深くですよ
袋はそっくり、特に色使い、レイアウト。ぱっと見だと
確かに無意識のうちに籠へ放り込んでしまいます~~~~
で、本日メーカー名をチェックしたら、コイケヤと書かれていました
、拙者としたことが何たる不覚、何か食感が違うと思っていたら
そのせいだったのです
まさに似て非なりものでした。

仕事に忙しいのもほどほどが宜しいようで

左がカルビーです


後姿、全然見分けがつきません


遠めに見た彼ら、ねっ、わかんないでしょ、納得でしょ


以前、缶ビールの色使い等がそっくりだということで、メーカー同士
がもめていました。今回は双方異議なしですが、これをきっかけにもめるのではギャハハ。

あと~~。紛らわしいのは、アシカとオットセイとアザラシも
似て非なりものの代表では、インターネットで調べていたら
3者の違いを教えてという項目に出会いました、同じことを
考えている人がいるもんだなーと思わず一人笑いをしました。

アザラシ

アシカ

オットセイ


あと~~~、セイウチと象アザラシとトドも紛らわしいです、メスの
セイウチは牙が小さいので象アザラシとの見分けがつきません
いいかげんにせいうちと言いたくなります    

象アザラシ

セイウチ



質問コーナーにあったベストアンサーです
後学の為に是非、ご一読を、ではでは。

アシカ、アザラシ、トド、セイウチ、オットセイ、それぞれの違いは?
まず、アシカとアザラシの違い。
アシカには小さな耳(耳介、じかい)がありますが、アザラシにはありません。
耳の穴しか見えません。
アシカは陸の上に上がると、うまくはありませんが四肢で歩きます。
アザラシは、はうように歩きます。
アシカの方がまだ水中生活に適しきっておらず、アザラシの方が水中生活に適しきっているといえます。

オットセイは、アシカと近い仲間です。
科もアシカ科です。
オットセイ類は、アシカに比べ、鼻面が細くとがります。
トドはアシカ科の最大種です。
全長200〜350センチメートルで、体重が250〜1200キログラムと大きめです。
セイウチはセイウチ科で、きばがあり、全長225〜360センチメートル、体重400〜1700キログラムと大きいです。

こうやってみると、結構違いがありますよね。


追記、この前、某スナックで、かおりちゃんとかほりちゃんがいました
一人は、アンパン型、後者はかまきり型の顔面の構成をしていました
これもまた似て非なりものですね、くれぐれも名前を間違えないように
気を付けたいものです。
では、残務に取り掛かりたいと思います。

「ストレス発散方法」  

相変わらず残業で忙しい今日この頃でやんす
趣味のボウリングもバイクツーリングもとんとご無沙汰です
ストレスは溜まるばかりです、まっ、一時期の危機は脱したから
いいんですけどね、でもね・・・・・・

バイクでヤンバル路を鼻血が出るほどぶっ飛ばしたいです
あと少しの辛抱だ。

ところで、バイクを転がして日ごろから持論として感じていたことなんですが
バイクを運転中は常にバランスをとり、危険を避けるために
車の運転時の数倍も神経を使っています、無意識のうちに
脳みそが働いている状態なので、脳が活性化して日常時にも
頭がさえている感じがします、もちろん直接、風と付き合う爽快感
もドーパミンを発散させて脳にいいかも知れません。
おっさんライダーが若々しく見えるのもそのせいかもね。
そこで先ごろ、それを裏付けるおもろい記事を見つけました
記事を紹介します

“脳トレ”で知られる東北大学の加齢医学研究所・川島隆太研究室とヤマハ発動機は3月4日、オートバイの運転が脳に与える効果を調べる共同研究の結果を発表した。日常的にオートバイに乗ると、脳の認知機能向上やストレス軽減など、脳と心の健康にポジティブな影響を与えるという。
運転時の大脳の前頭前野(記憶や感情、行動の制御などを行う部分)の活動を、日立製作所基礎研究所が開発した携帯型光トポグラフィー機器の試作機を使って計測した。現役ライダー5人(平均年齢45.6歳)と、10年以上ブランクのある元ライダー6人(同46.2歳)に運転してもらい、比較した。

 現役ライダーは運転中、常に左半球背側前頭前野が活発化していた一方、元ライダーは発進や加速時に右半球背側前頭前野が活発化するなど、脳の使い方が異なっていた。現役ライダーの方が走行中に集中力が高まっていることも分かった。

 オートバイを運転する生活習慣が脳に与える影響も調べた。日ごろオートバイを運転していない22人をくじで2グループに分け、一方だけが通勤などでオートバイを2カ月間使う実験を実施。各グループに対し、実験の前後で認知機能を調査し、結果を比較した。メンタルヘルスに関するアンケートも行った。

 オートバイを使ったグループは実験後、使っていないグループよりも、記憶力や空間処理力などを調べる検査で得点がアップしており、オートバイを日常的に使うことで認知機能が向上していることが分かったとしている。

 メンタルヘルスのアンケートでは、オートバイを使ったグループの方が、実験後にイライラ感や身体の不調、憂うつな気分などさまざまなストレスが減っていた。川島教授も、今回の実験に合わせてオートバイの運転を再開したところ、以前より「嫌なことやストレスが減ったと感じている」という。

 川島教授は「オートバイを運転すれば、脳や認知機能を維持・向上させ、豊かな生活を送る『スマートエイジング』につながる」と話している。


いかがでしょうか、おっさん、おばさん、まだまだ遅くはありません、
こけるのを覚悟で、バイク免許を取ってヤンバル路を駆け抜けましょう
ゆくゆくは、日本一週、アメリカ大陸横断などなど、夢は尽きませんね。




2009-04-06

「後遺症」 

悪夢から開放されて7日が経過しましたが
腑抜け状態で呆然としています

今週中に成果品を整理して提出せねばならず
ボーッとしている余裕はないのですが・・・・・
昨日日曜日も出勤していますがほとんど
仕事が進みませんでした
徹夜残業状態はまだまだ継続しそうです
ドゥーチュイムニーの
「イチマディハタラケーカラヤシマリーガヤー」
のフレーズどおりですね、トホホホ・・・・・

何せ今回の激務は筆舌に尽くし難いほど
壮絶なものでござんした
工期は当初からギリギリですが・・・・
なんと初っ端から、役所サイドから追加工事の伝達あり
しかも工期延長なしで、いきなり第一波の津波が来たようでした
辟易しながらも何とか体制を立て直して工程の目途をつけましたが
工事も終盤に差し掛かりあと少しで終わると言うところで

ジャワスマトラ沖地震並みの第2波の津波が押し寄せてきました
またもや追加工事、工期延長なしです、思わず後ろ宙返りをするように
ひっくり返るおもいがしました、頭の中はパニック状態です

その日からさらに残酷業に滑車がかかり身も心も極限状態の
キープを余儀なくさせられたでやんす
寝不足と心労で偏頭痛はするし、口内炎で飯を食うときに痛くて
しんどかったし、えらいこった~~~~。

それでも倒れることも出来ず、解熱剤を服用しながら、体をだましながら
やっと検査を無事通過することが出来ました

その様相はまるで比叡山延暦寺で荒行をしている修行僧のようでした
南無阿弥陀仏。

今回の工事はテトラブロックの製作で単調な工事ですが何せ役所が
要求する書類が逐一出てくるので事務仕事が多くて青息吐息状態でした

ブロックの形が豆腐の形に似たのがあって、当分は豆腐を見るのが
恐怖でやんす、トラウマになっちゃって、好物のトウフチャンプルー
も控えたいと思います。
いや、形が崩れているから大丈夫かな、今度勇気を出して
試したいと思います。
ではでは。


島豆腐の形をしたブロック






2009-04-04

プッファー 

62日間の長期に渡る水深200mの深海素もぐり漁から
3月30日午後5時に浮上しました
空中の酸素を補給したときの第一声でやんす
まさに死の淵からの生還劇です

しばらくは潜水病の影響もあり意識朦朧で呆然としていました
ただ、翌日から即翌々日迄に資料不足の分を提出せねばならず
またまた残酷業の継続でやんす、悲しいの~~~~
何とか間に合いましたが、担当者が書類にいちゃもんをつけて
またまた訂正、しかし、社印が旅に出てしまったので、結局昨日
最終提出を済ませました、残務整理が後一週間位残っていますが
とりあえず一命をとりとめることが出来ました。

今朝は久々にのんびりして現場事務所でブログを開いてみたでやんす
昨日の夕方現場事務所の屋上に上ってじっくり馬天の海を眺めて
見ました、きれいでした~~~~~
やっときれいなものがきれいだと感ずることが出来るゆとりが出来ました。
ホ~~~~~~。

激戦の傷跡があっちこっちに残っていますので正常に戻るまで
後しばらくかかりそうです、養生期間をおいてから
ブログも本格復帰したいと思うでやんす。
本日は短めで切り上げます。
null