2008-12-29



憎悪の連鎖

2008年も暮れようとしているのに
最後の最後まで今年は暗いニュースばかりである

中東パレスチナでは人が人に殺され人が人を殺しています
人は愚かです、ユダヤ人とパレスチナアラブ人の何百年も
続く憎しみあい、何度か和平交渉も成立しましたが
結局なし崩し、またどんぱちをはじめる

原因はパレスチナの地をめぐっての居住権争いであるみたいだ
もともと住んでいたユダヤ人はヨーロッパから侵攻してきた
十字軍に攻められて、彼らは世界各地へチリチリバラバラと
移り住んで行きました、そこへ、またもともとここは自分達の
土地だということでパレスチナアラブ人がこの地へ住み始めた

何百年後に世界各地に散らばるユダヤ人の間で嘗ての居住地である
当地に帰ろうという運動が起こった(シオニズム運動)
シオンはエルサレムのことをさす
そうこうして両者の間で小競り合いが続いた

第一次大戦後に当地を支配していたイギリスが2枚舌交渉
で当地を分割してユダヤ、パレスチナアラブ双方に居住権を与える
という約束を一方的にしてしまった、ユダヤ人はその時にイスラエル
という国家を建国した、しかしパレスチナ人は
当然納得せず、その後何度かの中東戦争が起きた

そのたびに軍事力で圧倒的に勝るイスラエルは陣地を拡大して
パレスチナ人の陣地は少なくなり憎しみは増すばかりで
打倒イスラエルのイスラム原理主義が台頭してきた

その代表的なものがヒズボラと今回当事者となっている強硬派ハマスである
今回もハマスがたびたびイスラエル陣地に向かって
ロケット弾を撃ってきたためにその報復としてイスラエルが攻撃を
仕掛けたわけである、その他細かいいきさつはありますが
概要としてはこのようなものであろう

憎悪の連鎖はどこかで断ち切らなければなりません
双方がお互いの民族宗教の違いを理解しあい
過去の歴史の憎しみの溝を埋めるべく叡智を出し合って
努力してほしいものです、同じ地球に生きる人間同士ですから

人間は貧困、病気、そして新インフルエンザ等戦う相手は
沢山あるはずです、そこにエネルギーを使うほうが賢いのでは。

来年は明るいニュースが増えるといいですね。

丸い地球世界は繋がっています

2008-12-25

首切り

首切り、リストラ(リストラクチャリング)
本来の意味は企業が環境変化に適応するために、事業の内容や範囲を大幅に改革し再構成することをいい、企業再構築などと訳すこともある。
このように企業が成長するために取り組む行いのことであり
ポジティブな言葉のはずである
しかしいまや悪魔のような代名詞になってもうた

リストラされた非正規社員は、明日から解雇という
残酷な一言で住む場所も追われ、冬の寒空に放り出される
気の毒でなりません、今こそ行政の出番であり
まじめで、勤勉に働く日本の労働者に暖かい手を
差し延べてほしいものです

疲弊した日本の現状を救ってくれる上杉鷹山さんみたいな
偉大な政治家が現れてほしいものです
あまり苦労もしないで大臣になった2世議員が
闊歩している今の政治事情では希望が持てません

結局それを選んだのは我々国民ですから、仕方ありませんけどね
我々一般国民が頭を切り替えないといけませんね

来年も暗いトンネルは抜け出せないでしょうね
漆黒の闇の真っ只中でしょうか
しかし、一番暗いところから一番明るい光は
生まれます、希望を持っていきましょう

ところで、我輩が管理している現場の路上で
波浮美奈斗君の死体が放置されていました
相棒が発見して、早速2人で検証をいたしました

そこには血痕が無く他の場所で殺害されて
その場所に遺棄されたもようである
20m先の畑が雑草を刈り取った
後があるのできっとその畑の主の農夫が
猛毒を持った彼と望まぬ遭遇をして
びっくりした農夫はとっさに釜のようなもので
首を切断したと思われます

蛇柄模様のおしゃれな衣装を着た彼の姿は
痛痛しかった、えらの張った彼のイケメンであろう
頭部を発見することは残念ながら出来ませんでした

二人で手を合わせてご冥福をお祈りしました。

推定80cmの波浮美奈斗君の痛い、遺体っス!







2008-12-22

砂上の楼閣

暗いニュースが多かった今年もあと僅かです
我々庶民を苦しめた元凶は
今夏まで約1年位続いていた原油高による
ガソリン価格の高騰でしょう

我が沖縄県は大半が車依存の社会であり
ほとんどの人が影響をもろに受けて
さぞや心身ともに疲弊したことであろう
さらに輪をかけて、原油高騰のあおりを受けて
食料品なども値上がりしてもう大変ですた

しかし、今年の後半は原油価格が最高値の1バレル147ドル
から先週はニュヨーク原油先物取引市場で33ドル台まで
下がったとのこと、おかげで巷のガソリン価格も
やっと1リットル100円を切ってきました
少しは助かりますね

原油高でバカ儲けして我が世の春を謳歌していた
産油国が集まる中東アラブ諸国も
ここ最近の原油の大幅値下がりで往生しているみたいで
価格維持を図るためにOPECの総会で大幅減産を
決定しており、先行きは予断を許しません

原油高で潤っていた代表国である、アラブ首長国連邦
も最近の世界的景気後退による原油値下がりの
あおりをもろに受けて、今までの勢いはすっかり消えうせて
高さ1000mの高さ予定の世界一のビル(ブルジュドバイ)
の工事もどうなるかの状態らしい他の高層ビルなどは
工事中止や延期が起きているようだ
まさに砂上の楼閣状態

しかし、産油アラブ諸国も地中から勝手に
噴出してくるアブラを売って労せずして
お金を稼いでずいぶんいい思いをしたでしょうね

でも、いつまでも難儀しないでアブラを売ってばかりでは
やはり長続きしませんね
汗と知恵を使って地道に金儲けをしないといけませんね
そうすればきっと努力が報われるでしょう
それを信じて頑張っていきましょう

砂漠の国に建築中の砂上の楼閣予備軍


2008-12-17

本末転倒

タバコの増税を与党が見送りを決めた
一時は増税派のなかで一気に欧米並みに
1000円くらいまで値上げしようと
息巻いていたのだが、反対派の圧力もあり
60円の値上げで決着がつきそうであった

それによって1000億円の増税になるらしく、社会保障費関連の
2200億円の財源確保に大きく寄与するはずであった
ところが、弱腰議員の間で値上げすることによって
ただでさえタポスの導入で進んだタバコ離れがさらに進み、
必ずしも増税つながらないという意見が大勢を占め
今回の見送りという顛末になったらしい

しかし、タポスの導入という不便さを乗り越えてでも
喫煙する現数のニーズがあるということは
その数字は、60円の値上げがあっても
減らない数字と考えてもいいのではと思います
タバコ手放せない症候群と思われますから

そもそもタバコ値上げが増税目的というのが
本末転倒だと思います、タバコ離れが起こることに
よって、不健康者予備軍が確実に減るという
国家にとって大変喜ばしいことになるという
現実を理解していないのでは

不健康な人が増えるということは、医療費が嵩み
その医療費を補うためにまた社会保障費が
必要になる、その財源不足を補うために
健康保険料や消費税の増額が必要となり
結果的に日ごろ健康に気を使っている
非喫煙者らも税負担を強いられるという
悪循環に陥ることになります
もう少し大局的な見地から政を
行ってほしいものです。

タバコというのもまことに摩訶不思議な代物である

仮に町のスーバーの店頭に値段は高いが、
超売れ筋特性高級インスタントラーメンがあったとしましょう
ところが、ある日を境に突然注意書きとして、
この食品を食べ過ぎると癌になる恐れがありますので注意しましょう
という文字が書かれていたとします

まともな精神の人は絶対に手を出さないでしょう
それどころか、国から即、製造販売中止の命令が下るでしょう
しかしタバコはどうでしょう、あんなにすごい警告文
があるにもかかわらず手を出さざるをえな患者がいる
まさに魔性の代物ですね、またそれを、国が承認して
売っているというのもチャランポランですね

アスベストが発がん性があるということで
大きな社会問題になり製造販売中止になりました

缶詰等の賞味期限切れの商品が店頭に並んでいるとのことで
最近社会問題にもなりました、それらよりもはるかに
危険であり、また危険性も証明されているものが
何故野放しなのでしょうか、まったくもって摩訶不思議である。

ニコチン煙の無いきれいな空気にしましょう





バームクーヘン岩


2008-12-14

前門の虎後門の狼

沖縄市のミュージックタウン音市場が危機的
状況に直面している

空き室率の多さに悩む、地権者らで作る管理組合が
当タウンの当初の設立目的である、音楽等の文化
の発信基地とす、の下、風俗的なテナントを排除
するとの趣旨に反して、本土の大手ゲームセンターを
テナントに入れるとの契約を交わし、すでに内装工事に
着手しているとのこと

一部関連がある、沖縄市や、また周辺住民らは、寝耳に水
とのことで、ここに来ていきなり蜂の巣をつついたような
大騒ぎになっている有様である

沖縄市議会や周辺住民は治安の悪化を恐れて、こぞって
反対の大合唱である、気の毒なのは発足時に、行政や
様々な利害関係者の、さも、音楽の殿堂として沖縄各地から
ミュージシャンらが集まって当タウン界隈は連日賑わい
理想のカルチャータウンになるであろうという
絵空事のような構想に同調して、当島懇事業に尽力
した管理組合である

オープン当初からテナント事業は低調だったのこと
さぞ胃の痛い思いをしたことであろう
ここへ来て、大型テナントの引き合いがある
藁をもつかむおもいで入居契約を結びたくなるのも
頷けます、しかし状況は一変、今まで持ち上げてきた
行政や周辺は、趣旨に反するとのことでその契約を撤回せよ
とのこと、組合側は10階建ての高さまで持ち上げられ
た挙句はしごをはずされてしまった

進めば治安悪化の温床とされ、戻れば財政悪化という
まさに前門の虎後門の狼状態
返す返すも気の毒に思います

行政やら関係者はただ単に反対するばかりでなく
反対した結果起こりえるであろうシナリオを
検証して管理組合側と膝を交えて善処策を
こうずるべきだと思います。

また当初この計画に理想だけが先行し現実的な
試算をないがしろにしていなかったか、これも
また深く検証する必要があるのでは
コリンザ同様同じ轍を今後踏まない為にも
箱物はハードの資金はクリアできたとしても
その後の運営管理等のソフト面の費用が相当かかります
そこらへんも踏まえていたか?

事と次第によっては我々市民の懐に影響が及ぼしかねません
また、当タウンがゴーストタウン化して悲惨な状況になるかも
知れない

いっそのこと、家にいても居場所が無いとお嘆きの
世のお父さん方が気楽に低料金で楽しみくつろげる
安らぎの施設を作って、各地域のお父さん方が
集う、親父の殿堂、オトウ市場を構想してみては
いかがでしょうか。

いずれにしろ、高い理念を持って立ち上げた
当施設、後々禍根を残さぬように
各関係者、叡智を出し合っていい方向にもっていって
もらいたいと願わずにはいられません。
来年は吉報を待ちたいですね。

北谷町のプロジェクト成功地
の活況









2008-12-09

アイデンティティー

JNN九州沖縄ドキュメント作品コンクールで
琉球放送の、「未来に残したいしまくとぅば、三線奏者・ヒガバイロン」
が大賞に選ばれた。
沖縄とウチナーグチをこよなく愛する
我輩としては自分のことのように
うれしいです、おめでとうございます。

バイロン氏の流暢なウチナーグチは
チチグトゥです、そこまで勉強して
ウチナー口を活かしてしている同氏には
感心いたします。
ラジオ番組等も時々拝聴させていただいて
います、同氏と島袋幸子アナウンサーと
ゆんたくする番組は面白いです。

ウチナー口は言語学上も価値が高いと
言うことで、それに興味を持った
ドイツからウチナー口の話を聞きたいという
ことで同氏は、過日、お招きも受けたらしい

ウチナー口は、少数言語であり、近い将来
消滅するのではないかという、消滅危惧言語
に数えられているみたいだ
オーストラリアのアボリジニ語なども
そうらしい。

沖縄の先人達が脈々と受け継いできた
ウチナー口です、おもろそうしなど
価値の高い古謡等の文化も、ウチナー口という
言語があったからではないでしょうか
組踊りもしかりです

時代の流れとは言え、話せない若者が大半
を占める昨今、今後は言語学の学問として
のみ残る運命なのでしょうか

ひとつの言語が消滅するということは
歴史の終焉という人もいます・・・・
寂しいことですね

ウチナー口はウチナーンチュにとっては
一番のアイデンティティーではないでしょうか
県外の方も増えている最近の沖縄
境目は無くなりつつあります
ウチナーンチュがウチナーンチュである
証はウチナー口が通じる、話せるというのが
それに該当すると思います

本土の満員電車で足を踏まれたとき
思わず、アガッと声を発してしまうのも
それですね
ウチナーンチュの同一性です。

沖縄の放送局のアナウンサーは本土の方々が席巻
して久しいのですが、それはそれで
ウチナーンチュも本土の人と同じ土俵の上に
立って、結果的に本土の人が選ばれて
採用されたわけですから
別段問題は無いと思います、ウチナーンチュの
アナウンサーも頑張っていますので
今後とも刺激しあって、沖縄のマスメディア業界
のレベルアップを図ってほしいです

あえて本土出身のアナウンサーに要望するとすれば
せっかく何十年も沖縄で生活しているわけですから
ウチナーグチも使いこなしてほしいですね

上原直彦さんや八木正夫さんらと民謡番組で
ウチナーグチでうゆんたくする本土出身の
アナウンサーが現れれば大変、愉快ですね

沖縄県の人でさえ、話せない人が多い昨今
絵空事で終わるのでしょうね、残念です。





叔父の細道ー7(喜如嘉芭蕉)」  

長崎編②
え~~~さて~~
本日の道程は、熊本阿蘇から一気に長崎へ行くスケジュール
でやんす、有明湾を長崎へまたぐ橋が無い為
思いっきり大回りです

福岡県菊池市、山川町、柳川市、家具の街大川市
佐賀県白川町、肥前浜、聞いたことも無い土地を
右も左も分からず、出発前に予習した地図の記憶と
道路表札を頼りにひたすらバイクを転がします

途中地図と絵が違う交差点にぶつかり往生です
新しいパイパスが開通していて、地図のは旧道であり
十字路が変則なT字路になっていました
通りがかりの叔父さんに道を聞いて
事なきを得ました、人の親切に感謝です

時間のロスをしてしまいました、あせるぜーー
やっと長崎県に突入、琴平スカイパークから
大村湾の眺望をパチリ

諫早を通過、島原半島、雲仙普賢岳へ到着
しか長崎市のキャンプ場へは明るいうちに
着かないと探せないので、雲仙では写真も写さず
トンボ帰りです、ところが上り、下りはそれぞれ
一方通行のため反対方向へ行かざるをえないため

予習した道と違ったため、えらい遠回りしたおかげで
キャンプ場のある長崎市突入時は薄暗く
なっていました、案の定迷いました

給油所の兄さん達や通りがかりの叔父さん
に尋ねて、やっと長崎県民の森キャンプ場へ着きましたが
案内所から設営箇所まで2kmくらい先とのこと

100m走ったら照明は無く真っ暗です~~~~
迷路のような獣道をひたすた30分転がしたけど
着かない、途中電話で確認して説明を聞くも
真っ暗でまったく検討がつかない、仕方なく
また来た道をこわごわ引き返して
案内所で詳しく聞いて再度トライ、やっと設営場所
到着です、そこでは職員の方が、ランプと飲み水
を準備して待っていてくれました、時間は9時前です

えらい親切な方で感激しました。

てなわけで、とんだ珍道になりやした、設営場所も薄暗い
街灯が一基だけ、あたりは誰もいません
職員の方に思わず行かないで~~~~~と懇願したかった

非情にも彼は私に背を向けて立ち去ったのであった
一人取り残されたおいドンは、半べそ状態で
テントのセツエーイ。
さっさと組んで、中にこもってとっとと眠ろうとしたが
なかなか眠れませーーん

そうこうしているうちにトイレが近くなり、額から汗が
勇気を出して、薄暗い照明が灯っている粗末なオトイレへ
行きました、無事済ませてまたまたテント引きこもりです~~~

やっと朝が来て、命があることに感謝です
そこから見た大村湾の朝日は美しかった


琴平スカイパークからの眺望



大村湾の日の出


新体操をしている長崎県代表の像
違うよ、平和公園の平和を願う像です



稲佐山からの眺望







無料提供された、神の水と命の灯火です
いや~~~、長崎の人は親切でした
ありがとさん




2008-12-05

師走

は~~~、忙しいーさー

師走に突入、おいドンも忙しくて
仕事を片付けても後から湧いてくるので

青息吐息の状態でごわす、適当に勇気を出して
切り上げて11時に帰宅ッス、

途中、道中にある、サンセール和仁屋SSで給油しました
税込み表示価格が114円、何とかのサービス期間中ということで
5円引き、割引チケット利用で2円引き、スピードパス利用で
2円引き、計9円引きでL105円でした、やす~~~!
3000円ぶんで、ゲージが半分から上にいきました
嬉かったッス。

前日のニューヨーク原油の先物取引価格が47ドルを切って
引けたようです、今夏のピーク時から100ドルも
値を下げました、それだけ需要が減ったのですね
喜んでばかりもいられませんね、結構深刻です

ニーブイしてトロトロしていますので
本日は短めに切り上げます。

てなわけで、今年も後僅かです、何かとあわただしい
年の瀬ですが健康に気をつけて頑張りましょう。

知念岬からの眺望




2008-12-02

叡智の結集

過日のタイムスに興味深い記事が
載っていました、我々が普段何気なく
使っている長さの単位メートル法のお話

当然昔から物事を比較等する為には
基準というものが必要であり
それが無いと不便である

ヤード(0.91m)という単位は850年前にイギリス
の王様が突然、「私の鼻の頭から指先までの長さを1ヤードとする」
という一言で決めたらしい。当時代は
狭い範囲での生活や経済活動をしていたので
その地域だけで通じていればよかったので
さほど不便は無かったらしいが

時代が経つにつれてそうもいかなくなり
不都合が生じてきた、そこでフランス革命後の
フランスで科学者達が集まって世界共通の
単位を決めようという話し合いが行われた

7年に及ぶ命がけの測量で地球の子午線円周の4000万分の1
を1mとした、メートル法の国際条約を結び加盟国が使いだした
ご存知のように日本も使っていますよね
嘗ては尺貫法だったのでは

アメリカ、イギリスは我こそが世界のリーダー
だという変なプライドのせいか条約締結は
193年後の1992年以降らしい
頑固ですね。

それにしてもさすが「自由、平等、友愛」の理念の基
フランス革命を行った当国、見識の広さには敬服
いたします、フランスを見直しました
おかげさまで人類は便利な道具を手に入れました
将来のグローバリゼーションを見据えた
叡智の結集ですね

昨今、相変わらず頻発している民族、宗教対立で
起きている地域紛争、愚かなことです。

世界の為になればと団結した当時の
科学者達を見習ってほしいものですね。

あらゆる生き物に光と熱を与えてくれる
太陽に感謝の気持ちを持ちましょう