2008-11-30



裁判員制度⑥」 

いよいよ、裁判員制度の裁判員候補者名簿への
記載のお知らせ通知が28日に発送されて
早いところでは29日に通知が届いた人が
いらっしゃるようです

案の定、専用コールセンターには問い合わせが
殺到しているようです

裁判員等になられた方には守秘義務があり
選任されたことを公に話すことは禁じられています

極身近の人に話すことは大丈夫みたいです
当然、ブログやHPなどで裁判での内容は勿論
選任されたことなどを口外することは禁止です

その他守秘義務の内容がどこまでが許されて
どこからが禁止なのか、あいまいながら
線引きがあるみたいですので
よーく勉強して他の人に話する場合は留意
したいものです

ユンタクーの人は口チャックを新調して慎重に
対応したほうがよろしいかと思います
下手すると守秘義務違反になります。

それにしても、この制度、対象になる裁判の案件
が、悪質な刑事事件でほとんどが重罪になるような
ものばかりで、本職の裁判官でさえ頭を抱えると思います
それを素人にわずか3日くらいの裁判法廷で
判断せよとは・・・・・・

政治家とかの汚職事件や民事裁判はなぜ対象外なのでしょうか
腑に落ちません。

県民の方にも通知が届いた方、これから届く方、まずは封筒を
開けて、じっくり読んで対処して下さい
分からない点等疑問があれば専用コールセンターに問い合わせして
不安を和らげましょう。
では皆様のご健闘をお祈りいたします。

産経新聞からの記事

裁判員候補者に通知届く「辞退」問い合わせ半数
 
来年5月の裁判員制度開始に向け、全国約29万5000人の裁判員候補者に通知が届き始めた29日、最高裁は問い合わせに答える候補者専用のコールセンターを開設した。来年1月31日まで、全国からの電話に対応する。この日は午後6時の締め切りまで、ほぼ絶え間なく計約870件の問い合わせが殺到したが、ざっと半数が「辞退」に関する質問。最高裁は「制度の意義を説明し、協力と理解を求めたい」と話すが、まだ国民の理解は十分とはいえそうにない。

 この日、東京・赤坂のセンターでは午前9時から、オペレーターが候補者からの連絡に備えた。最初の電話は午前10時20分ごろ、裁判員制度の趣旨を尋ねる北九州市の女性からだった。午後に入って電話は増え、約50人のオペレーターが対応に追われた。

 問い合わせは「どのような場合に辞退できるか」が全体の約25%を占めた。これに「辞退できる重い病気やけがとは」「辞退できる70歳以上とはいつの時点か」など、「辞退」に絡んだ質問をあわせると全体の半数近くにのぼった。ほかには制度の趣旨や裁判員の選ばれ方、調査票への回答方法などが多かったが、「裁判員を務めたくない」「候補者名簿から削ってほしい」などの苦情も約40件あり、30分ほど粘るケースもあったという。制度をほめる電話は1件だった。

それにしても北谷のサンセットは美しいッスね
心の澱みも洗われます~~~~





2008-11-26

隣人との和睦

古紙の大暴落に続いて
鉄スクラップが今夏に1トン7万円だったものが
なんと最近は1万円に
まさにロープの切れたエレベーターなみの
急降下の大暴落

業者の悲鳴にも似た叫び声が聞こえてくるようです
それもやはり、中国のオリンピック後の
急激な需要の減退
またアメリカ発の金融危機による
世界経済の景気後退によるものである

マグロは中国人民が美味しさに目覚めて
富裕層を中心に需要が急激に伸びて
超供給不足らしい

我々の食卓からもマグロが縁遠くなるのも
もうすぐかもしれませんね
寂しい気がします。

それにしても、中国13億余の民が世界に
与える影響力というのは、計り知れないですね

豈図らんや、嘗てのわが国の総理大臣はアジア近隣
諸国の反発を押し切って
カンケーネーと言わんばかりに
去る大戦で近隣諸国に多大な損害を与えた
旧日本軍のトップの英霊が祀られている
靖国神社の公式参拝を強行しました

当時の日中関係は交流も無く冷え切ったもので
最悪の状態でした、総理の見識の狭さに情けなさ
を感じました、さらに今もって、去る大戦を
美化する人がいることも同様に感じます。

古の頃から我が琉球、そして大和は中国から文化、科学、医学
等さまざまな教えを頂きました
恩を忘れてはいけませんね。

これから先の時代は大国、中国との関係なくして
わが国の経済は展望が開けません

日中両国間には領有権問題など課題を抱えてはいますが
双方が未来志向で叡智を出し合って協力すれば
必ずや明るい展望が開けてくるでしょう
隣人との和睦をますます深めていきましょう。


希望の日の出


2008-11-23

裁判員制度⑤」  

現れ始めた波紋

裁判員候補者への通知発送が目前に迫っている中
本土では当制度の施行が時期尚早であり
廃止した方がいいと思う考えが一部の人達の間で
台頭してきており、各地でデモも行われているようです

翻って我が沖縄は無風状態です、マスコミも僅かに
断片的に報道するのみであり県民は制度の内容はおろか
存在そのものさえも知らない人が多いのでは

ましてやノンビリしている県民性ゆえ、いざ
裁判員に選任されるのが現実味を帯びたときに
あたふたする人々の姿が目に浮かび危惧するものであります。

沖縄は離島が多い島嶼県であり、裁判員、裁判員候補者に
対する裁判所からの呼び出しに対して、各人、仕事等の
さまざまな事情の合間を縫って出向くものであり
それに費やすエネルギーの負担は決して軽いものではありません

再度、確認しますが、この制度の対象者は20歳から70歳位までの
選挙権を有している普通の一般国民すべてが対象です
11月28日以降は貴方、及び貴方の周りにいる
親、兄弟、友人、知人の誰かが候補者になっているかも
知れません、決して他人事ではありません。

共同通信社からの記事です

各地で裁判員反対デモ 国民に死刑担わせる制度、と批判

来年5月から始まる裁判員制度に反対する弁護士や市民らが22日、仙台市、東京、福岡市で集会を開き、繁華街などをデモ行進した。28日に裁判員候補者名簿に記載された人へ通知が送付されるため「勝手に名簿へ載せたと抗議しよう」などと訴えた。東京都千代田区の集会で、新潟県の高島章弁護士は「人を死刑にする権力を国民に担わせる制度だ」と批判。自営業者からは「店がつぶれてしまう」と懸念の声。


光明は見つかるか

2008-11-21

裁判員制度④

裁判員制度の内容がだんだん
マスコミの表に登場して来ました

待ったなしの状態まできてやっとと言う感じです
遅すぎますね、芸能人のゴシップなどなど
のニュースは連日ワイドショー等で
大々的に取り上げるのに・・・・・・・・

日本人はまことにおめでたい国民です。

産経新聞からの記事です
長い記事ですので、何回かに分けて読んで
心の準備をして下さい。

裁判員制度、法施行まであと半年 名簿記載通知発送へ

 国民が刑事裁判に参加し、裁判官と一緒に審理、判決を決める裁判員制度は、来年5月21日の法施行まであと半年に迫った。既に来年の裁判員候補者名簿が作成され、今月28日には全国30万~40万人に名簿記載通知が発送される。対象は殺人や強盗致死傷、放火などの重大事件。判決は被告だけでなく、被害者・遺族の人生をも左右する。中身が固まりつつある新制度の概要、そして裁判員に求められる心得とは-。

裁判員裁判の対象となるのは凶悪な事件が多く、事件関係者から危害を加えられるのではないかと危ぶむ声がある。裁判員席と被告席はわずか数メートルしか離れておらず、「正常心で座っていられるだろうか」との不安を抱く人もいる。

 裁判員の名前や住所などは公にはされず、他の裁判員が何を述べたかなど評議の過程で起こったことは「評議の秘密」として保障される。裁判員やその家族を脅したりした場合は刑罰の対象となる。傍聴人が法廷に刃物を持ち込まないようすべての裁判所に金属探知機が設置される。

 ただ、「顔を覚えられたら…」などの不安は尽きない。また審理で悲惨な現場の様子を見聞きすることもある。制度開始後は、裁判員のための24時間態勢の無料電話相談窓口や心理カウンセラーの面談を受けられる「心のケア・プログラム」が設けられる予定だ。

刑事裁判の判決は、法廷で示された証拠だけをもとに、言い渡されなければならない。しかし事件報道の段階で、有罪判決が確定していない容疑者を犯人と断定されると、裁判員に予断を与えるとの指摘がある。

 一方、報道には犯罪の背景を掘り下げ、再発防止策を探るなどの役割もある。既に日本新聞協会は「捜査段階の供述はすべて真実であるとの印象を読者・視聴者に与えないように配慮する」「識者のコメントや分析は容疑者が犯人であるとの印象を与えないよう留意する」-などの指針を定めた。多くの新聞は、取材源を明確にして、読者が真偽を判断できるように表記を変えつつある。

 日本民間放送連盟も、容疑者や被告の主張に耳を傾け、一方的に社会的制裁を加えるような報道は避ける-と確認。事件報道と適正な刑事手続きの保障との調和を図るとしている。

被害者参加制度

 これまで被害感情を証言する「証人」としての立場にとどまっていた犯罪被害者が刑事裁判に直接参加できるよう刑事訴訟法と犯罪被害者保護法が改正され、12月に施行される。被害者は検察官の隣に座り、被告や証人に質問したり、検察官の論告求刑の後で求刑を含む意見を述べたりすることができるようになる。

 制度が適用されるのは、故意に人を死傷させた罪や強姦罪、逮捕・監禁罪など、生命、身体、自由に関係する犯罪にあった被害者と遺族だ。弁護士の間では、被害者の「怒り」の感情が審理に持ち込まれることによって、冤罪(えんざい)が増え、さらなる重罰化も進む-と危惧(きぐ)する声は根強い。

 ただ、被害者参加は時代の流れを踏まえたものだ。裁判員が生の被害者感情に接しても、証拠に基づく冷静な事実認定や適正な量刑判断をできるかどうかが問われる。

取り調べ時の録音・録画

 被告が逮捕後に罪を認め、その後否認に転じた場合には、罪を認めた段階で作成された自白調書に取調官の誘導や脅迫などがなかったかが問題となる。これまでの裁判では、取調官の証人尋問や被告人質問に何日間も費やし、自白の任意性を検証していた。

 裁判員制度では集中審理になるため従来の手法はとれない。このため自白の任意性を迅速、的確に立証する手段として、取り調べ状況の録音・録画が有力な選択肢として浮上した。検察庁は平成18年から自白の動機や経過、取り調べ状況などを容疑者に質問し、応答する部分の録画を試行。現在の裁判でも証拠として採用され始めている。

 日本弁護士連合会は全過程の録音・録画(可視化)を主張。だが検察庁は、容疑者と取調官の信頼関係が構築できず、真相解明が難しくなる-として難色を示し、実現していない。

暗闇の事件




2008-11-16

裁判員制度③」

本日の、沖縄タイムスの社説に
裁判員制度の記事が掲載されています

当記者もやはり制度そのものがまだ国民に
周知徹底されないままに施行されることに
懸念を抱いているようです

今年の年末あたりからいきなり波紋が
広がりそうです

皆様の手元にも裁判所からいきなり通知が
届くのも、近からずとも遠からずです
冷静に対応いたしましょう

裁判員に選任された場合、それ相当の理由が無い限り
辞退することは出来ないようです

また、裁判員候補者として裁判所に呼び出されたのに
正当な理由も無いのに欠席した場合には
10万円以下の罰金が課されるようです

裁判員及び候補者に選任された人の日当は
8000円~10000円以内+交通費、遠方者の為の
宿泊費のようです。

皆様、精神的、肉体的な負担としての報酬として
いかがなものでしょう。

国民があまりにも無関心の為、世論が盛り上がらず
制度そのものが勝手に一人歩きしていることに
私は、不安を抱いています。



2008-11-14

青息吐息

古紙の価格が大暴落して
古紙回収業者が大幅赤字で困り果てて
いるらしい、たった一ヶ月位の間に
一キロ20円で中国等のアジア諸国に売って
利益を得ていたらしいが、今は1円~5円だそうだ

中国のオリンピック終了と同時に需要が減り
おまけにサブプライムローンの問題による
アメリカ発の金融危機等が重なった世界景気の
後退の影響によるものらしい

改めて、中国の13億余人の人口と3億余人の経済大国
アメリカが世界に及ぼす影響力のすごさを
感ぜずにはいられません

ちなみに、日本の人口は1億2800万人位、世界10位です
ベトナム、フィリピンも8千万人を超えており
大国です、驚いたことにタイ国は2人しかいないと
思っていたら6千万人余らしいです、エへへ。

世界は連動しているのですね、原油の市場価格も
1バレル60ドル割れをしているというし、今年ほど
乱高下の激しい年は無かったのではないか

原油価格はピーク時の半額以下に下がったのに
ガソリンはまだ100円を切りませんねー

私も古新聞が新聞入れ袋の10袋位、家の中に
詰まれていますがいつか古紙回収業者に
持って行って換金して肉まん、あんまん代にしようと
思いましたがはかなくも思惑が外れました
ダイショックです~~~~~

そんなこんなで今年も残すところあとわずかです
あと一ふんばりしましょう

古紙回収業者もこの苦境を乗り切って
いい年を迎えてほしいものですね。





2008-11-12

驕り

前航空幕僚長、田母神俊雄の発言

国会の参考人招致でも相変わらずふてぶてしい態度を
取っているようである、同じ日本国民として情けないです

軍部のトップに上りつめた人間が、言論の自由を履き違えて
政府の見解とは逆方向の意見を公的に発言をしている

先の大戦は侵略戦争ではない
日本も犠牲者である
アジアにいいこともしたと嘯く人が
少なからず居ることもまた現実でございます

物事の分別もつかないのであろうか
個人的な思想、信条は自由である、しかしあくまでも
個人的、内輪だけの話であり、公的に発表するものではないと思う

我々、一般国民の一人の人間が大声を出して
この国をどうこうしますと発言するのは、国策にはほとんど影響力がありません、
しかし、この人達の発言は圧倒的に質が違います

その地位の人間の考えや行動は、国の方向をも変える
影響力を持ちます、ましてや自衛隊とはいえ、いまや世界有数の
軍事力を保持しています、その思想が我々国民が知らないうちに
組織内に蔓延しているとしたら脅威です

先の大戦も政府の要人達の中にはこの戦が決して望む
べくものではないと考えている人達も居ました

しかし、時のムードや軍のトップに居る強硬派に押し切られて
やってしまった、無謀な戦いを・・・・・・
当時の日本国民はまともな情報ももらえず目隠しをされていました

しかし、今の時代は違います、政を司る人を選ぶ権利もあります
国民が主役の国民主権です、過ちを起こしたら我々国民も
共同責任者になります

時の政府の動行を、我々国民は注視する必要があると思います。
教科書検定問題にしろ、事実をうやむやにすることは
未来に禍根を残すことになりかねません。

去る大戦で我が国は、中国大陸等で多くの命を奪いました
それにもかかわらず、中国の人々は憎いはずであろう
日本人の残留孤児を親代わりになって育てていたのです
その事実を知りながらどうして、嘯くことが出来るのでしょうか

去る大戦の反省の上に立って、孫子の為にもあの過ちを
二度と起こさぬよう、今後は共に発展するように
協力して行動することが大切ではないでしょうか。

美しい糸満の海岸
嘗て多くの命がここで散りました





2008-11-10

驕れる平家は久しからず

過日の小室哲也の詐欺罪での逮捕劇
数年前までは何十億円をも稼いだ

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで栄華を極めていた
もともと悪いことを思いつく人物ではなかったはずである

時代のニーズと彼の才能が合致して運が運を呼んで
上りまくった、知らず知らずのうちに金の魔力が彼の心に忍び込んでいった

日本は、高額所得者には高い所得税が課税される
それを嫌った彼は外国に住所を移したということもあったらしい

でも、日本の地で大多数の日本人のファンから稼いだ金であり
税金が回りまわって日本国民の為に使われる金であるので
そこは寛大な気持ちで行動してほしかったし
何の損も無かったのでは。

幸運はいつまでも続かない、彼は運を使い切ってしまった
2億円の宝くじを当てた女性もお気の毒である

防衛省の守屋元事務次官もしかりである、栄華を極めた
者達が一夜にして奈落の底に落ちた人物を数えあげれば
枚挙にいとまがない

そこで、我々大多数の凡人は、普段大して幸運も訪れない
ましてや、世間の脚光を浴びるほどの名声も無い

せいぜいスーパーの朝市で卵やらの特売製品の
一人3パック迄のところを、無い知恵を振り絞って
6パックゲットした時の幸運を掴んで
子供と手をハイタッチして喜びを噛み締めるがせい一杯でしょう。

難儀なことや仕事の疲れなどなど不幸なことは沢山降りかかってくるのによ~~

でも、何も悲観的になることはありません
逆転の発想で、いやなことがあった場合には運を貯金
したと思えばいいのでは

一日が平凡であれば、貯金を崩さなくて済んだと思えばいい
一年のうち幾度かは、楽しむ機会が訪れるはずだ
そのときに運の貯金を崩して幸運を楽しもうではないか

でも、羽目をはずし過ぎて残金がマイナスにならないように
気をつけましょう、私は関知しません。ギャハハ。

人生は打ち上げ花火のようなものか



落ち日


2008-11-09

叔父の細道ー6(喜如嘉芭蕉)」熊本編②

熊本県五木村の山奥の渓谷







盆から先はおらんと、盆が早う来りゃ早う戻る
本当に寂しい山奥の里でした





見事なつり橋でした、ここの食堂で食べた山菜そばが
おいしく無かったッス。沖縄そばが恋しくなりました







熊本、阿蘇へ抜けるための国道445号線、狭い悪路の連続
ヤンバルの林道並みの国道です、標高が高いためか
バイクのエンジンの吹き上がりが悪く、途中でエンコでも
したら山奥の真っ只中、遭難してやばいと思いました
日没になる前に脱出しようと、必死にロットをひねりました



いつ見ても感動する阿蘇の大自然の景色
煮えたぎっています



山頂にも交番がありました



面白い大自然の造形美、米塚です



草千里のパノラマ



本日の宿営地、防中野営場






2008-11-05

裁判員セード②

裁判員制度、やはり一般国民には制度の内容が
まだまだ周知されていない為に、法律の専門家である
全国各都道府県の弁護士会会長に調査をしたところ
3分の1の方が、懸念を抱いており、制度の開始を
廃止、延期を考えていることが分かりました。

私、個人的にも廃止、延期をしたほうがいいのではないかと
思います、国民的にオープンに議論を重ねてからでも
遅くないのではないか・・・・・・

とにかく来年5月というのは時期尚早ではないかと思います。

今年11月28日以降、裁判所から、裁判員候補者名簿への記載のお知らせ
という書類が該当者に発送されるようです、すぐに裁判員になるというわけでは
無いので冷静に対応いたしましょう、第一弾はすぐ目の前ですね

今から心構えをしておきましょうね。

タイトロープ


2008-11-04

叔父の細道ー5(喜如嘉芭蕉)

奄美大島の名瀬港、ここに来ると人々は質問魔になるらしい、何故だ?



鹿児島県枕崎市国道226号線から見るリアス式海岸だツーリングコース
として人気ありだそうだ


鹿児島県大口市、曽木の滝公園、高さ12m、幅210m
東洋のナイアガラと呼ばれているらしい。
それほどでもないと思うのだが、感想は無いあがら。









本日のキャンプ地、楠本川渓流自然公園、山奥にありました
地図を見て小さな看板を目印に無事たどり着きました

きれいな川でした。
テントを張って、場外へ出かけて山田温泉なる温泉へ
行きすっきりといきたかったが、近辺で1番安かった分
不清潔で汚かったッス!すっきりとはいきませんでした。








2008-11-02

エンダー

沖縄県のハンバーガーの店舗数
107店 多いか少ないか

人口10万人当たりでは7.9店
東京は7.1店

沖縄は日本一です

我輩も40数年前
小学生の頃、兄貴の車で北中城の
外資系の某ハンバーガードライブインへ行きました

我が家はキビ畑に囲まれたど田舎だったので
初めてアメリカナイズされた店舗で
ハンバーガーなるものとルートビアを
口にしたときは感動いたしました
いわゆる~カルチャーショックなるものを
受けました。
一緒に行ったおふくろも田舎者なので
初体験みたいで、カーチャンショック
受けたようです。

このように我が沖縄はアメリカの占領下にあった為に
他都府県よりもアメリカナイズされたものが
多いようですね、おかげさまでメタボリック症候群
も他都府県に先駆けて多いみたいです

今後は、従来の医食同源にのっとった沖縄料理を
食するように心がけたいものです。