沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 56 | 57 | 58 || Next»

2008-07-25



壮絶!

暑さのせいか、家の中が不清潔のせいかやたらとゴキブリと
遭遇する機会が増えています、昨夜も洗面所の電気を
つけた瞬間、目の前をいきなり黒い飛行物体が通過しました

デカイ、沖縄のゴキは栄養満点で強烈な太陽の日差しを
浴びていて真っ黒に日焼けして健康的でした

小生、間髪をいれずに即戦闘モードです
右手に最新式のノズルを装備しているアースジェット(450ml)
を構えて敵機めがけて噴射しました
さすがに敵もさるもの
第一弾攻撃の段階では羽を、ばたつかせながらも
飛び回って逃げています

第2弾の連続噴射攻撃でやっと飛べなくなり
羽が開いた状態で縦横無尽に這いずり回っています

攻撃の手を緩めることなく仰向け状態の奴に、とどめの
噴射をいたしました、奴の表情から生気が失われていく
様子がわかりました
そしてついに悪魔のご臨終となりました
私もエネルギーを使い果たして、その場にヘナヘナとへたり込みました
壮絶でした( ̄ー ̄)ニヤリッ

ゴキブリジェットを使えば早く戦いは終わりますが
我が家は最近のガソリン代、チーズ代、国民健康保険料が高騰の為防衛予算が
大幅に削られたので仕方なく旧式のアースジェットでの戦いを
余儀なくされている理由です。

画像を、添付いたしますがあまりにもリアリティーでR15指定の画像です
気持ちわるいので修正を加えてあります
エイリアンもプレデターも真っ青の仰向け画像です
左側が350ml入りの缶です、大きさがお分かりでしょうか

2008-07-20

夏の夜の彩

昨日、海洋博記念公園の大花火大会へ行ってきました
さすがに、県内1,2位を争う人気イベント、道中は
大渋滞でした、でも道路拡張工事が大分進んでいるため
今までよりは良くなったと思われます

小生はミュージックを聴きながらバイクで渋滞の脇を
スイスイすり抜けて午後6時に会場到着でやんす
昨年は台風で中止になったせいか、会場にいらっしゃる
観客は、気合が入っていてキーパーにオリオンビールを
しのばせてブルーシートを敷いて木陰のベストポジションを
キープして万全の体制で2時間後に打ち上げられる
花火を今か今かと心待ちにしている様子で
その目は、子供も、おっさんも、おばちゃんも皆一緒で、
花火が打ち上げられる前に輝いていてキラキラと光を
放っていました、眩しかったッス!

8時迄ステージでライブコンサートをやっていました
まだまだ、西陽が強くて結構痛かったです
ステージの出演者は私には分からない、インディーズ
系の若手の方々でした、若い観客が多くて
私も、ステージの近くまで近づいて、意味はあまり
分かりませんがおじさんなりに、のりのりで堪能させていただきました

トリを勤めたのは、アメリカのブロードウェイで大活躍
されていると言う沖縄県出身の高良結香さんでした
おじさんには価値観がいまいち分からなかったけれど
歌に踊りにパワフルにやっていて、なるほど、これが本場の
芸なのかとしきりに感心しました

さて、陽も沈みいよいよ待ちに待ちたる大花火大会の
始まりです、今年は県内初の直径400mの巨大花火も
打ち上げるということで、小生も大注目で楽しみにしているでやんす

次々と打ち上げられる花火、きれいで感動ものですが
ほとんど頭上真上ですから首が痛くなっちまって
延髄部分を左手で揉み、右手でカメラのシャッターを
押しますので花火に集中できず、感動が半減です
次回はマッサージチェアを発電機付きで持って行って
早い時間から行ってベストポジションをゲットしスタンバッテ
みたいと思いました

そうこうしているうちに、いよいよエンディングの
連ちゃん花火です、迫力あったな~~~~~
結局、400mの大花火はどれだったのか
わかりませ~~ん、
想像で、たぶん8時45分頃に大き目のやつが上がっていたから
そいつに違いない、間違いない!と自分に言い聞かせて
不本意ながら納得した次第でやんす

そして、花火大会終了、美しい光景を目に焼き付けて
余韻に浸りながらまた来年を楽しみにしたいと思います。

帰りもまた大渋滞です
道路が狭くて、さすがのバイクも狭い車と車の間隙を
すり抜けしますので、おじさんなりのテクでクリヤして
若いライダー達に追いついていくことが出来ました

夜11時半に無事帰宅です、暑い沖縄まだまだイベント
目白押し、満喫したいと思います

2008-07-19

濃緑

沖縄の緑は濃い、強烈な太陽エネルギーを受けて光合成が
活発なせいでしょうか、逞しく頼もしい緑です

昨日は久々にソロツーリングへ出かけました、午後2時に
スタート、相変わらずの強烈な日差しと暑さです

ミュージックが無いとチト寂しいので、今流行りの
アイポッドもどきのミュージックプレーヤーを
右胸部分にある斜めチャックのファスナーを開けて
そこのポケットにしのばせてスイッチオン、イヤホン
を耳にねじ込みました、聴こえてくる音楽は
南国にふさわしく、小林旭、藤あや子さん達の
重い演歌です、なぜか好きです~~~~

並走している他のドライバーはまさか
おっさんが演歌を聞きながら快調にライディングを
しているとは思うまい、ムフフッ

メッシュのライディングジャケットを着ていますので
ライディングを始めたら風が心地よく涼しくて
気持ちいいです、太陽を背に受けて、太陽エネルギー
を享受したかのごとくバイクは快調に、左手眼下に
眩いコバルトブルーの東シナ海を眺めながらヤンバルへ
進行しています

名護バイパスを越えると、ふと、もっくんのウニ丼を
食べた話が頭をよぎりました、腹もへっていたし
早速計画変更です~、うに丼の名所、古宇利島へ
と思い切って舵を切りました、両眼下にまぶしい
青い海を眺めながら持ちよく橋を渡って
古宇利島へ上陸です、レンタカーで沢山の観光客が
訪れていました。ビーチでは気持ちよく
日光浴をしていました、くれぐれも焼きすぎて
病院に運ばれないことを祈りました、

早速、漁港近くの食堂でうに丼を食べました
メニューに値段が無いので1000円以内かと
思ったら1500円でした、お勘定の時にもうひとつ
メニューが張り出されていて、そこの、うに丼の
文字の右後ろ下の片隅に
非常に小さく1500円の文字が掲載されていました
男たるもの、おたおたするわけにもい
かず
清水の舞台から飛び降りるつもりで勇気を出して
5000円札をおばちゃんに差出しました
つり銭は間違いなく3500円でしたやっぱしな~~~!

すぐ帰るのも未練が残るし、しばらく気持ちを
落ち着かせるために食堂の眺めのいい場所から
写真を撮りました、いい眺めでした。
ちなみに、うに丼は美味しかったです

気を取り直してバイクに跨り小さな島を8分位で一周して
島を後にしました、帰りはコースを変えて
名護岳横の道から大浦湾に抜ける道を通りました、林道
になっていますので、アップダウン有り木陰有りで
涼しくて気持ちいいです、濃い緑で気分も癒せました
やはりワインディングロードを走らせているときがバイクは
最高ですね

てなわけで、午後5時半に帰宅です暑さ真っ盛りの中の
ツーリングも終わりました
今回は総キロ数150キロメートルの短い旅でした
気分もリフレッシュできてまた、来週からの仕事を
頑張ろうと思う気持ちになったんだとさ、本当かな~~~~。


2008-07-17

酷暑

殺人的な暑さだ
過日、PM3時頃、温度計を炎天下にさらしたら、50度オーバー
たまらん、静かに室内で過ごしていました。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 56 | 57 | 58 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。