沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ 

2019-11-02

KYK (危険予知活動)

10月31日未明.首里城が焼失した。小生が午前四時頃にたまたま、インターネットの
ニュースを見たら首里城で火災炎上中のニュースが飛び込んできた。一瞬自分の目を
疑った、まさか何かの間違いだろうと思ったのだがやはり首里城であった。
あまりにもショッキングな出来事に言葉を失いました。
原因は何だろう、自分なりに情報を読みながら、考えてみました。放火か?
その後の記事で
イベントの準備で業者が深夜まで作業を行っていたとのこと。
工事現場という所は大なり小なり事故が起きる危険性は必ずつきものである。
小生もこれまでいくつもの現場を現場管理者として携わってきましたが(現役中)
朝一番の朝礼から始まり作業後の後片づけ、現場終了、作業員の帰宅まで、緊張の連続です。
作業員全員が事故、けがもなく無事帰宅を確認した時やっと安堵いたします。
その後、現場管理者として、作業後現場の安全点検巡回をし、安全上不備があれば
多少の手直しをして現場事務所へ戻って日報等書類を整理して帰宅となります。
帰宅時間は22時前後はざらにあります。

作業現場においては、作業従事者一人一人の安全意識の持ち方が非常に重要になります。
いくら、現場責任者の意識が高くても、作業員の内の一人がでも不安全行動をすれば、
足場からの転落等で死亡事故が発生する危険性があります。
その時は、一時工事中止による工程の遅れ
、又、当の本人は言うに及ばず、他の作業員、現場責任者、元請け、下請け会社等々.
多くの人が悪い影響を受けますので、我々現場責任者の背負うものは重大です。
そこで朝礼の時には必ず危険の予知と注意事項は毎日同じ内容のことでもその場で言って注意を喚起させることに
心がけています。
例のKYKについても、朝礼後に各工種の下請け会社の職長、作業員全員で行うことになっています、
そこに責任者も輪に入って改めて危険のポイントなどを提言して対策等を確認しあいます。

人間は誰でも安全用具の着用等、めんどうくさいことはおろそかにする傾向がありますので
安全意識を再認識させることは安全管理にとって非常に重要になります。

今回の首里城の火災の原因は正確な調査の確認ができるまでは知る由もありませんが。
いずれにしろ、日頃の警備体制、工事の安全管理体制における各個人個人の
安全意識を常に高いレベルで持ち続けることによって、事故は防げると思います。

今回の件で、反省すべき点が多々見受けられる気がしました。
スプリンクラー不設置等の物理的な不備もありますが。そこに携わる人間の意識に
問題があったように思われます。
スプリンクラー設置についても
文部科学省は今年9月に文化財にスプリンクラーの設置を推奨する文書を配布したが、
指定管理者の美ら島財団首里城公園管理部首里城事業課の町田宗紀課長は文書について
「把握していない」と述べたとのこと。
このようなことを正々堂々と言ってしまうあたりが、いつも揶揄される「沖縄だからな~~」
になってしまう、同じ沖縄県人として恥ずかしいです。
前回のモノレール開業の記事にも触れましたが。3両化計画を、2030年までに実施するという、
間抜けな計画をモ社は立てていました。
又、以前にモノレール駅のエレベーター、エスカレーターが故障して利用できずに
乗客に不便をかけているにも関わらず、数か月間も責任のなすりあいで放置していました。
沖縄県もモ社の株主なのに責任者である当時の沖縄県知事だった翁長雄志知事の弁明によると。
その事実は数か月後のマスコミ報道で知ったとのこと、これも間抜けな話である。
マスコミが知る以前に当事者が知っていることが当たり前なのにこの体たらくぶりはあきれるばかりです。
しかも、それは一駅ばかりでなく何か所かの駅であった事象です。
又、それに異議申し立てもしない利用者(主に沖縄県民)も人が良すぎるのか何なのか、
行政オンブズマンに申し立てる方法もあるだろうに。
一事が万事この調子だから、ある意味今回の火災事故は遅かれ早かれ何らかの形で起こるべくして
起こった事象かもしれません、人命が失われなかったのがせめてもの救いでしょう。
沖縄だけの財産でなく世界の財産を焼失させてしまったのですから、2度とこのような
ことにならないように猛省して、再建できればありがたいことです。
知事一行は早速再建のお願いをしに行ったようですが、先ず原因を究明し、今後の
安全計画書を作成して、それを携えて提出し国や国民の理解を得て再建に取り組んで
もらいたいと思います。
国の管理から沖縄県に移管されて間もなくこのような事態が起きましたのでウチナーンチュには
こんな大事なことは任せられないなーと思われていると思います。
1日でも早く信頼を取り戻せるように頑張りましょう。「しっかりしろ沖縄」

この件についてヤフコメ欄に手厳しいコメントがありました。
下記の通りです。
①うーん。沖縄県民さん、のんびりし過ぎ。こんなに莫大な金と労力をして再建した首里城を、また失火か放火か分からないが全焼させるなんて。世界遺産なのに、警備員が、夜、常駐していないことがビックリ
➁まあ、お粗末だよ。所詮沖縄人だね。能天気だよ。再建はしなくていい。首里城跡地記念公園でいい。30年かかってやっと今年完成して、焼けてまた一からなんぞ馬鹿げている。
記念公園でいい。
③死ぬほどずさんな管理をして、
高額な維持管理費用を請求。
認識不足ではない人災だ!
スプリンクラーの設置義務は無いにしても、
この木造の首里城に火災が起こるとどうなるかは
アホでも分かる。スプリンクラーの設置指示を無視
し続け、深夜まで首里城を貸し出し、管理しないのは
どういう事だ!責任者よ!死んで詫びろ!
④首里城管理の財団法人、そして自治体のトップである那覇市長
こいつらには文化財を管理する資格がない さっさと辞任しろ!
市長は視察しているだろうに、防災設備について指摘もしないのか
呆れるしかない 形だけの防災訓練は何の役にも立っていない
謝って何十億という金が戻るか?焼失した文化財も戻らない
二度とこのような事が起こらない様、無能は確実に外すべき
高齢者ばかりの既得権益団体にしか見えない、世代交代して第三者機関の監査を受けるべき
⑤沖縄現地の人には失礼なことを承知で言わせてもらう。
「いつまで経っても、やることなすことが呑気だよな!」。
「田舎者丸出し!」。
危機管理の無さ!
管理する能力の無さ!
燃えやすい場所で火を使うイベントを地元マスコミが平然と主催しているバカさ!
「確認できる状況にない」じゃないぞ? 
続報が入る度に「お前ら、世界遺産の文化財の管理を何だと心得て仕事してたんだよ!」とムカついてくる!


以上です。返す言葉もございません。:oops:


 
categoryうちなーぐち  time18:21  authormagumataisi 
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。