沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 56 | 57 | 58 || Next»

2020-08-09



岐路

8月8日暑さ真っ盛りです沖縄も当然相変わらずの猛暑。
でもいつもの年とは変わった暑さで、コロナ禍の真っただ中で、なんと直近では
10万人当たりでは全国1の感染率だとか。酷い話だ---------.
小生たちも、第1波に続いて集まり等を自粛して模合も中止止む無しと言う状況になりました。
日頃、週末は一杯飲みにでもでかけますがそれも自粛しています。
コロナ禍の影響をもろに受けたのが、他ならぬスナック、バー等の飲食関係であろう。
沖縄県内の当業務に関する店舗は人口10万人当たりですと約280軒で全国一、
2位は鹿児島県の128軒とのこと、ダントツの一位です、当然そこで働く従業員も
いるわけで、元々貧困率一位の沖縄県ですが、さらに追い打ちをかける惨状です、
実際に、店を閉めるところも出ています。
これから先のことを想像すると恐ろしくて考えたくもないですね。
政府も、匙を投げたのか、緊急事態宣言を発令するのをためらっているようです。
政府が関与するとまた、特別給付金の配布を国民世論が求めてくるのを心配して
いるのか。国民もいつまでも自粛をしていては経済も立ち行かなくなるので、
自ら対応を考えるしかないですね。
今後は、予防対策をすることはもちろんですが、重症化させないための対策も必要だと思います。
今のところワクチン等の特効薬はまだ無いようですが、実際感染したけど重症化までは
いかないで回復している人が大多数のようです、その方たちは何らかの処方を受けて
回復したと思いますので、その何らかは何なのかを知りたいですね、この処方が今後の
予防及び回復のヒントになると思うのですが。
元来、風邪の症状にも特効薬というものは無く、市販及び病院から頂く薬で徐々に
回復させているのが実情だと思います。
又、高齢者や、持病持ちの方は免疫力が落ちているので、風邪が重症化して命を落す
方もいらっしゃいます。
我々は、日頃から免疫力が落ちないように、食事、運動に留意して規則正しい
生活習慣を身に着けたほうがいいでしょう。
下手に自粛をして家に閉じこもっていると、運動不足になるし、ストレスもたまると
免疫力が落ちて逆に病に侵されるかもしれません。何の為の自粛か、本末転倒に
なりかねません。
ここはひとつ、近接人との密接を注意して山や草原、海などの広々とした空間に出て
自然のマイナスイオンを浴びて免疫力をつけましょう。

今年は、戦後最大の時代の岐路だと思います、今までも大なり小なり地域的な紛争や
自然災害等がありましたが、世界的に禍に見舞われることはありませんでした。
米中間の対立も日に日に激しさを増しています、尖閣諸島への中国の姿勢も過激に
なっています、油断をしていると実効支配されるのも時間の問題だと思います。
下手すると軍事衝突も起こるかもしれません。
中国は過去の清王朝の全盛期、乾隆帝の頃の領土は今でも中国固有の領土であり取り戻すべきだと
思っているようです。中華思想の亡霊が頭をもたげているようです。
南シナ海、東シナ海、沖縄列島等々、さらには太平洋まで進出し覇権拡大を狙っています。
しかし、それを言い出せば過去の、アレキサンドリア帝国、ローマ帝国、
モンゴル帝国等々それぞれがその論法を主張すればきりがありません。
過去の大戦の愚かであった人類の殺し合いを反省し、紛争を国際間で解決していこうという理念で
国際連合を立ち上げたと思います。
中国が武力行使をしてでも台湾、尖閣諸島に侵攻して配下に収めようとしていますが、その時は
必ず血が流れ、苦労して建設した国土を破壊し焦土にしてしまいます、歴史の歯車を過去に戻しては
絶対いけないと思います。
中国はあんなに広大な国土を有しているのに欲を出すのでしょうか。逆に小さな弱小国に分け与え
ようと思うような寛大な気持ちになれないのでしょうか残念でなりません。
今の台湾の平和な生活をぶち壊し血をながしてでも武力行使して独立は許さないというのでしょうか。
人類の英知を絞って武力衝突を避ける平和的解決策を考えましょう。
我々日本国も今現在、尖閣諸島が矢面に立たされています。決して対岸の火事では済まされません。
たかが小島、尖閣諸島と侮るなかれ、防衛ラインが北上していつかは九州、本州へと侵攻されます。
その時は、言論、思想信条、職業選択等の自由は存在しません、監視社会になります。
それを考えたとき日本国民はどのように対峙するのか、今までのように安穏と平和を享受することは
過去のものとなるかもしれません。まさに時代の岐路でしょう。
日本の政界、財界、には残念ながら媚中派といわれる有力な人も存在します、中国の過激な行動に
対して表立って批判するマスコミ報道もありません、野党の論評も聞いたことがありません。
政府もただ遺憾砲だけ発して茶を濁しています。
日本国内も一枚岩でないのが非常に気がかりです。

時代をうまく生かすも、悪くするのもリーダー次第です、そのリーダーを選ぶのは
我々国民です、若者たちも選挙に行かないし、後々悔いを残さないように考えを
早めに改めたほうがいいと思ます。

何かと世知辛い世の中になりましたが、せめて個人各々では、コロナ対策を留意しながら
美しい日本の自然に触れて精神だけでも癒される行動をしましょう。

2020-05-20

金の魔力

コロナウィルスの感染者数も少なくなり、若干落ち着いてきた様子である。
まだまだ予断は許されない状況ではあるが、心なしか安堵感を覚える今日この頃です。
例の10万円の給付が全国各地で始まったようである。
日頃、礼儀正しいと言われる日本国民ではあるが、やはり現ナマの魔力には勝てないと見えて
、一刻も早く金を受け取りたいがために、使ったこともないマイナンバーカードやらオンライン申請やらで
案の定操作ミスが多く、暗証番号等のやり直しや、失効とかで何やら大騒ぎが起こっているみたいです、

早く受け取りたいがために起こした行動が逆にカードの再発行まで2か月近くも待つ羽目に陥った人々が沢山出たようです。
急いては事を仕損じるの典型で、まさに本末転倒です。

そこで、とんだとばっちりを受けたのが各行政機関の窓口の担当者の方々達です。
非難囂々を浴びて気の毒です、ご苦労様です。
理性さえも失って騒ぎ立てる人も続出、おそるべし金の魔力。

世界を恐怖の渦に巻き込んでいるコロナウィルス騒動、軍事力、経済力で圧倒的な力を誇っていたあのアメリカも
世界一の感染者数、犠牲者という現状になっています、十分の一ミクロンの極小の生き物の前になすすべもない状態です。
ベトナム戦争時の犠牲者数も優に超える惨状です。

原因はどうであれ、中国武漢に端を発して広がったコロナウィルス渦、アメリカとしては自ずと批判の目が中国に向くのもやむを得ないのかな。
トランプ大統領も激怒で、連日中国に向けて非難声明を発しています。
対する中国も強かで、絶対我々の責任では無いとこれまた連日反論しています。しかし、発生源と疑われている武漢の当該場所への第三者機関の調査は
受けないとして頑なに拒否の姿勢を貫いています、最近やっとWHOの調査は受け入れますと言っているようです。
しかし、このWHOは中国に忖度しすぎということで、アメリカ等の国々に全然信頼されていません、テドロス事務局長の声明の中で
中国を庇う言葉が多々見受けられました。中国はまたもWHOに2000億円の金額を援助するようです。

アメリカは逆にWHOへの拠出金を停止中であり、さらにはWHO脱退も臭わせているようです。
WHOはますます中国の金と言う名の麻薬の魔力から逃れそうにないです。世界の人々の生命、健康を世界の人々が協力して
守りましょうと言う高い理念を持って発足したWHOという国際機関ですが、今回の初期対応のまずさを見るにつけ、不公正感がぬぐえなく、
存在意義が問われる状況となっています。
いぜれにせよ、本来の役目を取り戻して一刻も早くコロナウィルスとの戦いに終止符を打っていただきたいですね。

今年は、庚子の年、中国にとっては60年周期で大事が起きた年らしい。
歴史は繰り返す、近年では、1840年のイギリスとのアヘン戦争、1900年の義和団の乱に端を発した列強諸国との軍事衝突、
「北清事変」そして1958年から1961年にかけての毛沢東の大躍進政策の失政による4000万人の飢餓等による犠牲者が出た事象。
そして今年、コロナウィルス騒動。アヘン戦争については、当時、イギリスは中国に対して多大な貿易赤字に苦労していた模様、
イギリスの銀が中国に流れてしまった。中国から買うのはあるが逆に中国(当時は清)はイギリスから買う必要なものがない。
そこで、イギリスは嘗ての植民地である。インドからのアヘンを中国に売りつけて銀を回収することになった、中国ではアヘン中毒が
蔓延し国がだらしなくなってしまった。国の役人にも蔓延状態が広がり手も付けられない惨状です。
たまったものではない清国は勇気ある役人の林則徐氏がアヘンを全面禁輸にしてイギリス商人の保有するアヘンを没収廃棄したことが戦争の原因になった。
だが国力の差で圧倒的に強いイギリスの前に清国はなすすべもなくやられてしまった。
その時の事がトラウマとなって、その後中国は麻薬犯罪には相当厳しく、所持しただけで死刑求刑になることもある。

そして、昨年から今年にかけて、イギリスを嘗ての親国とするアメリカが中国との多大な貿易赤字解消のため関税戦争を仕掛けた、中国も
世界2位のGDP国とは言えども、まだアメリカと五分五分に対峙するには時期尚早と判断したのか自嘲気味の動きでとどめています。

しかし、それではと言うことなのか、このコロナウィルス騒動の最中、中国は尖閣諸島周辺を海警局の公船が領海侵犯を繰り返す事態が頻発しています。
世界の覇権拡大を虎視眈々と狙う中国の真意はいかに。

今回のコロナウィルス騒動の結果如何によっては国際情勢が大きく変わってくると思います。チャイナマネーと言う名の麻薬に洗脳された、アジア、アフリカやEUの各諸国がどのような立ち位置になるか、国連は途上国も先進国も常任理事国以外は議決権は平等です、現状は中国の方に分があるように思います。

アメリカは中国の動きを十分注視しており、コロナウィルス騒動に端を発して、双方引くに引けなくなり軍事衝突が起こる可能性もゼロではありません、
中国としては、沖縄諸島が太平洋に出るた為の壁となっており、沖縄は地政学的にも喉から手が出るほど欲しいと思っているはずです。もし、尖閣諸島が実効支配された場合次は与那国、八重山、宮古、沖縄本島へと食指を延ばしてくると思います。
それは、明日か、1年後か、10年後か50年、100年後か、その可能性は多分にあります。防衛ラインが北上し日本本土も視野に入ると思います。

日本の有力議員の中にも親中派と呼ばれる人がいます、もちろん中国はそれらの人々達にも懐柔策を仕掛けていると思います、
マスメディアも中国に忖度しているためか、中国に対する批判的な報道を控えているように思います。

今後、日本国民がどのような道を選択するか、時間的な猶予はありません、真剣に考える時が来たようです。

我が沖縄も当事県であり、この現情勢から目を離すことはできないと思います。

子供、若者達の幸せな未来の為にも、この心配事が杞憂に終わることを願わずにはいられません。

2020-04-12

安倍内閣支持率43%

最近の世論調査で安倍内閣支持率43%、不支持率41%の結果が出ました。
コロナウィルス対策としてマスク2枚を配布するとの決定がなされた後の調査です。

あれだけ国民の不評をかっていながら、この数字はいかがなものか。
信憑性が本物であれば、国民が愚弄されているのか、情報が真っ当に伝わっていないかだと思います。

コロナウイルス被害で国民が右往左往しているのに、国民が望んでいる、全国民一律10万円給付を無視して
マスク2枚でお茶を濁すとは、あまりにも不評なので、今度は現金30万円を条件付きで1世帯あたりに給付
するとのこと。結局、受給できるのは全世帯の5分の一位らしい。手続きも煩雑で、中には手続きを
あきらめる人もいるでしょう、政府の狙いはまさにそこだと思います。
いかに国民に金を出さないかを考えた愚策です。

マスク2枚の配布が始まったようですが、1枚200円が400円になり結局予算が経費込みで倍の466億円になったようです。
どこかの誰かが儲かったのでしょう、利権がらみあったと思います。

また、今回のコロナウイルス対策として、初期対応を誤り、世界的拡散をまねいてしまうような愚策をした。
WHOに126億円の寄付金の提供表明。ちなみにコロナウイルスの発端となった中国はWHOに21億円を援助です。
WHOの事務局長はエチオピア出身、同国は中国から2兆6600億円の援助を受けています。
中国への忖度もありありですね。事あるごとに中国をかばう発言があるのもそれが理由でしょう。
さらに日本政府は、IMFにも 新型コロナウイルスの感染拡大による、低所得国債務救済のため等の理由で資金拠出を準備中であり
拠出金は、政府が打ち出した総額108兆円に上るコロナウイルス対応の緊急経済対策の中から捻出されるとのこと。
IMFといえば、日本は消費税を早めに15%にするべきとの提言をしている国際的機関です。
そこには、日本の財務省からの派遣職員やOB等が在籍している。

財務省(麻生大臣)の存在感を示すために大盤振る舞いをしていると思います。
海外にはODA等に躊躇なく資金を拠出するが困っている国民には著しく出し惜しみをする現政権の真意は何なのか、理解に苦しみますね。

安倍総理も同じ日本人です、本意としては出し惜しみはしたくないと思います、おそらく何かの影におびえているのでしょう。
その影は公私とも大金持ちの麻生大臣か、色々何かの時に助けてもらっているようですし。

その麻生大臣が国民に対する現金給付に反対している理由として、以前リーマンショックの時に
評判が芳しくなかったので、また、同じ失敗をしたくないからだとのことです。
自分のメンツをつぶした国民へ嫌がらせでしょうか。

しかし、ただ一人の男のメンツのために国民が困窮していいのでしょうか、解せないですね。
そんな単純な理由はありえないと思います。

その麻生大臣も何かの影におびえているかもしれません、国際的に大きな力を持つ組織もあります。
日本国民をあまり豊かにするとまずいので、税負担などを多くして、日本国民の力を削ぐ方法を考えていると思います。

消費税を10%にした時もマスコミはあまり大げさに報道しませんでした、そのせいか今回の消費税アップは怖いくらい
すんなりいきました。過去の消費税アップ時は結構喧々囂々あったのですが。

軽減税率の対象にマスメディア関連も含まれたようです、その辺の駆け引きもあったのでしょう。
結局我々国民は、情報操作された報道のみを聞かされたということでしょう。

最近の国政選挙の投票率は50%前後をうろうろしています、40代以下の若年層が投票率平均を下げています。
特に未来の生活期間が長い20代は20%代です、未来の生活を良くするのも悪くするのも国民次第です。

例えば投票率50%として、30%が現政権を指示したとします。50%は棄権ですので白紙委任状と同等です。
結局80%の信任を得たことになりますので、現政権が天狗になるのも仕方ないです。

若年層もバラエティー番組のみに関心を持たないで、我々の生活に直結する政治に関心を持ちましょう。

2020-03-31

ノアの方舟

旧約聖書の有名な話。
神様がこの世に人間を誕生させた、当初はめでたいことだということで、
産めよ増やせを奨励していたが、そのうちに多くなりすぎて、人間が傍若無人
にふるまうようになり、それに怒った神様が人間を全滅させることにしたが、まじめで信心深い
ノアとその家族、一部の動物だけを生かせるために、ノアに船を造らせて、
それに乗せて救うことにした。乗船後に神様は、40日間連日連夜大洪水を起こさせて、
地上の動物や人間を消滅させ、ノア達だけが生き残ったというお話。

人間は歴史上いろんな悪さをして生命が生存できる奇跡の星地球を荒らしまくっています。
異常気象とか言うけれど、これも人間がしでかしたことです。
豊かさを求めて自然を壊し、破壊しています。

爆弾、ミサイルと地上めがけて打ち込んでいますので、大地もたまったものでは
ありませんね。

そればかりでなく、昨今は、生物学の領域にも破壊が進んで、遺伝子組み換え
やら、クローン技術やら、科学の力で神の領域まで荒らしています。

エボラ、サーズウィルス、そしてコロナウィルス、自然界から発生したものなのか、

それとも人間が意図的に作った人工ウィルスなのか、真相はわかりませんが、
中国武漢に端を発したウィルスは、当初市場のコウモリから広がった
という話だが、どうも怪しい、コウモリも人間に責任を押し付けられて
気の毒である。そもそも動物も人間にはめったに悪さをしないです。

いじめるのはいつも人間であり動物ではありません。

神様は本当に厄介な生き物を作ってしまったと思っているでしょう、あの時
絶滅させておけば地球の命はもっと永らえたのにと後悔していると思います。

事実、地球を破壊させる核兵器は存在します、水爆は広島に投下された原爆の
3千倍の威力あるといわれてます、それは水爆が作られた50年以上も前
の話です、その後改良されて威力は数倍も上がっているでしょう。
アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国が保有しています。
何発あるかわかりません、想像したくないですね。

そして、恐るべき静かなる殺人生物兵器。コロナウィルスで世界中がパニック
戦時状態です。空襲警報が鳴りっぱなしの状態です。

今や、医療先進地であるヨーロッパ、アメリカでさえ手を付けられない状態。
これが医療未開地に蔓延したら億単位の犠牲者が出るでしょう。
日本とて油断はできません。

東京都では酒場などに出かけるのは控えるようにとのおふれも出ました、
経済的ダメージも相当なものですね。

第二次世界大戦の犠牲者6千万人~8500万人と言われています
コロナウィルス細菌戦争も世界大戦と同様にならないことを祈ります。

なんの因果か知らないが、くしくも80年前1940年の東京オリンピックも大戦で
中止になりました。今回は中止でなく延期になりました、
何とか難局を乗り越えて来年は是非とも、平和の祭典を実現させたいですね。

嘗て、ヨーロッパは世界を席巻繁栄していました。ローマ帝国、無敵艦隊のスペイン、七つの海を
制した大英帝国、ナポレオンのフランス、そして、第二次世界大戦後のアメリカ。
大航海時代には、イタリアのコロンブス、ポルトガルのバスコダガマ、マゼランなどの探検家が、
アジア、アメリカ大陸に上陸し、列強の進出のきっかけを作りました。

それによって、傍若無人にふるまい植民地にして暴利をむさぼり大国になりました。
中国も列強の犠牲になりました、アヘン戦争やアロー号事件でイギリスにフルボッコにされて、
香港を租借されたりと、散々な目にあいました。世界の中心であるという中華思想も
ズタズタにされたでしょう。いつかはリベンジをと言う発想は中国人のDNAに刻まれていると思います。

偶然なのかどうかは知らないが、イタリア、スペイン、イギリス、フランス、アメリカでコロナウィルスが
猛威を振るっています。早くウィルスと戦うワクチンが完成するといいですね。

昔、ミクロ決死隊という漫画がありましたが、彼らに登場願いましょう、しかしコロナウィルスは
1/10ミクロンだそうです、なかなか手ごわい相手だ。
当分は自己防衛で頑張るしかないですね。





2020-01-22

令和2年

年が開けて早くも22日になりました、これから年度末にかけて、一番忙しい日々が続いていきます。
令和の元号も昨年の5月1日から始まり、あっという間に2年になりました。
やっと、元号も平成から令和へ頭の切り替えもできて来ました。
昨年の切り替え時後はしばらくは、提出書類に平成と記入して差し戻されたことが幾たびかありました。
もう大丈夫でしょう。
昨年後半には、首里城炎上という大変残念なことがありました。
そして、今年は初っ端から、中部地域で豚コレラが確認されるなど、残念なことが起きています。
玉城知事も就任間もない時期に良くないことが起きて、さぞや心労も絶えないでしょう、心中お察し申し上げます。

いずれの件も、大なり小なり初期対応の遅い感が否めません。
ウチナーンチュの県民性がそうさせるのかもしれませんが、今後その点は
反省して改める必要があるように思われます。

つい2週間前と1週間前くらいには、沖縄本島の恩納村脇の海底を震源地とする地震がありました。
2回とも静かな事務所で
仕事中だったのですぐ感じとりました。沖縄市で震度2~3。2回目も同様だったと思います。
ウチナーンチュにすれば結構大きく感じました。直感で震度3はあるなと思いました。

地震速報を見たら本島のすぐ近くだったのも驚きです。
これから先沖縄も地震については、対策等敏感になる必要があるなと思いました。
いつ起こるかもしれない災害に対して準備は怠らないようにするべきですね。

特に県や市町村等の行政機関は、今までのようにスローモーにならずに
早め早めの初期対応に努めていただきたいと思います。
そんなこんなで、何かとせわしい新年ですが、令和の今上天皇陛下は第126代目の
天皇即位になります。初代の神武天皇(紀元前611年即位)あれから2631年
もの長きに渡って日本の天皇制は続いているのですね。歴史を感じます。
ところで、古のころは天皇陛下といえども安泰ではなかったようです、
国という形態が安定していない頃は、豪族が強かったり、仏教等の宗教の宗呂達の
力が強くなりすぎたり、中世のころからは武士の力が台頭したりで、事あるごとに、平定に導く為に
大変な苦労をなさったようです。

鎌倉時代終期のころの後醍醐天皇は武家との確執が頂点に達し、ついには南朝、北朝に分かれて天皇が
2人存在するという、南北朝時代になりました。
その時代は、5代天皇まで続き、その時は計10人の天皇が居たことになります。
つまり、今上天皇は131人目ということになりますが、実際は35代目の皇極天皇と37代目の斉明天皇は同じ人物でありさらに
46代目孝謙天皇と48代目称徳天皇も同じ人物(両天皇とも女性天皇)なので129人目ということになります。

これから未来に向かって長い伝統のある日本の天皇制ですが、今現在の皇族方の後継ぎ問題も
まだ結論は先送りのようですが、あと数十年後には深刻な議論がお偉いさん方たちの間で
交わされそうです。
過去にも、天皇の在り方には色々あって紆余曲折を経て今現在があるわけですから
この先も必ずしも不変であるとは言えないのではないでしょうか。

いずれにしろ、小生の代では変わらないと思いますが、未来永劫スムーズで平和的な
継承が続くことを祈ります。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 56 | 57 | 58 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。