«Prev || 1 || Next»

2010-05-27



沖縄には坂がある

      
    平面の地図を眺めて 平坦な道程を思い描いて
    沖縄を歩き始めてみると
    道程のあちらこちらに 坂がある
    思いがけないところにも 坂がある

    上るだけなら まだがんばるが
    上って下って また上るなんて坂が
    坂の向こうで待っていたりもする

    歩いてみて初めて その土地を 地形を体に感じる

    頭を空っぽにして 歩いた方がよい時もあり
    その一歩一歩を体に刻み 意味を求めるのがよい時もある

    もちろん 
    ビーチの木陰や ウージ畑をわたる風が恋しくなることもあるし
    夜のビールを待ちかんてぃーしながら さんぴん茶をがぶ飲みすることもある
    夏の上り坂は体に堪える
    その感覚にも 意味を求めたりもするのだが

    坂を上ること それ自体が目的の道程もある


    たいてい
    すぐ横の道を 路線バスが走っていたりする
    坂の途中のバス停のおばぁと 目が合ったりする
    歩き人が物珍しいのではなくて 昔を思い出しておられるのかもしれない




null

一人で歩き また とぅじと歩いた坂

-2009/11/26 那覇市 首里金城町-




null

冒険をやめて バス通りへ向かうことにした坂

-2010/2/20 沖縄市 住吉-




null

どこまで下りられるのかと のぞきこんだ坂

-2009/2/22 浦添市 安波茶-




null

自転車をきしませながら 立ちこぎした坂

-2009/2/24 読谷村 波平-




null

ホワイトビーチ沿いの小路から集落に出て ほっとして眺めた坂

-2010/2/20 うるま市 平敷屋-




null

ゆいレールを降りて歩くまで 見過ごしていた坂

-2009/6/30 那覇市 小禄-




null

変わり行く泡瀬の海を眺めるために 登った坂

-2009/2/26 北中城村 渡口(県総合運動公園)-




null

一歩を踏み出すたびに 足下に眠る歴史を想った坂

-2009/3/1 南風原町 黄金森公園-



2009-12-30

ありがとう沖縄 2009 FINAL


null


   初めての出会いも うれしくて



   「また、会えたね」 「おっ!来たな!」 「本当に来ちゃいましたね~」

   そんな再会も うれしくて



   「また、お会いできそうな気がします」

   そんな見送りの言葉も うれしくて



   沖縄に着いたその日に いきなり

   「あなた、いつ帰る~?」

   なんて尋ねられたりするのも そのわけが
   手土産に サーターアンダギーを作ってくれるためだと分かった時も 
   とても とても うれしくて



   まだ ほかにも いろいろあったのですが


   
   今年の春
   糸満の「琉球ガラス村」で このガラスと出会うまでには

   一年前の春の 糸満のバスの中での出会いがあり
   一年前の春の 南風原での出会いがあり
   そんな出会いを 一本の糸に紡いでくださった方の 機微と笑顔があり       


   今年の春
   どこにも売っていない 手づくりのサーターアンダギーと出会うまでには

   一年前の春の 「那覇の我が家のおかあさん」との出会いがあり
   そのまた一年前の初夏の
   福岡で米軍基地を笑い飛ばした 沖縄の芸人さんたちとの出会いがあり
   そんな出会いの中にいつも 沖縄の想い 温かさがあり



   この写真を眺めているだけで
   いろいろな方のお顔や サーターアンダギーの香りが
   ほんわか ほんのりと 蘇えってくるのです




null

今年も一年間



null

ありがとうございました




-Special Thanks-
  那覇市のおかあさんの店(今年41周年!)
  琉球ガラス村(糸満市)
  演芸集団FECの皆さん
  丸三冷し物専門店(糸満市)
  ・・・・今年出会えた たくさんの皆さま


«Prev || 1 || Next»