«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

2014-02-24



一年前の写真から

   
null

ゆうすけが教えてくれた美作という地も、こんな眺めなのだろうか




  高江の集落をあとにして、小中学校の前の小道を、行き先も決めずに進む。

  2011年の秋、日暮れまでのひととき、一日3便の路線バスの終バスまでの時間、
  行けるところまで行こうと、あの日は歩いてみた、曲がりくねった下り坂。
  夕空に伸びる電線に、その先にもまだ暮らしの気配を感じた、その道。

  その先へ、行ってみようと思う。

  共同売店「山の駅」の周りの集落でもない、
  住民と施工業者が対峙する(いったい、だれのために?)ゲート付近でもない、
  また違った高江の暮らしを垣間見ることができるかもしれないと思いながら、
  ゆっくり、ゆっくり、今日はハンドルを握り、窓を開け放ち、
  歩くように車を走らせる。

   

  数軒の民家が点在するのを目にした後、森はどんどん深くなる。
  連続するカーブと、濡れた森を縫う隘路に方向感覚は麻痺する。
  ただ、このまま道なりに走れば国頭村との境界に出ることだけは間違いない。
  そして、やがて海が見えるかもしれないと、地図とカーナビを交互に見る。


  「やんばる海水揚水発電所」までは行ってみよう。
  そう思ったとき、ふいに視界が開ける。
  地図で見る限り、海岸線まではかなり距離があるように思えたのだが、
  遮るものもなにもない、海を見下ろせる丘。

  路肩に車を停めて、地図を手に、小雨交じりの丘へ出る。
  今いる場所と、これから向かう発電所の位置を確かめる。





null

  車から降りてすぐ、海手よりも山手側に目が向く。

  目に入った碑に刻まれた文字を、何度も読み返す。
  思いのほか新しい、その碑の質感を眺める。

   「ここに、この土地に、学校が?」

  かつて、やんばる船が行き交った歴史に想いを巡らす。
  津々浦々で営まれたであろう暮らし。

  それにしても、ここは海から遠すぎる。
  どれだけ坂を登ってくればいいのか。
  そして今、この地の周囲に暮らしの気配は、ない。

  ここに学校があった歴史。





null

  「高江校発祥之地」碑を背に、海の方を向く。
  そこには「東海陸守龍神」と刻まれた、小さな碑。
  手前にあるのは御香炉か。
  海に、陸に、想いとともに向き合う、拝所なのだろうか。
  かつての、あるいは、今もなお。




  帰宅して後、高江校のことを調べたが、
  1908年に川田尋常小学校の高江分校がこの地に開設されたこと、
  二度の移転を経て、1969年からは現在の集落内にあること、
  それくらいしか分からない。

  同校のウェブサイトによると、
  「昭和40年の頃は、児童生徒の在籍も100名余りも数えた」とある。

  どんな暮らしが、歴史が、あったのか。



  北部訓練場の一部が返還され、いまなお訓練場に囲まれている、
  海水揚水発電所以外に、この場所は荒涼として、今はなにもない。
   
  映画化もされたドキュメンタリー『標的の村』に出てきた、
  ベトナム戦争当時の高江の幻影を、
  この海や森の残像、そして、小学校の歴史に重ねる。
  そしてまた、高江の今を思う。


-2013/2/8 東村 高江-



2014-02-06

一年前の写真から

   
null

null

null

null


    車でぷらっとやってきただけで あのような奇跡に出会えるはずもなく

    それでも だれもいない砂浜と静かな波打ち際をそぞろ歩いては
    あの壮大な夕空と温かな薄明の名残りを探してみたりしました

    天気がよければ 日の沈む頃にまた訪れて
    日の暮れてから楚洲まで走ろうなんて 考えてもいたのですが
    やはりそれは ただ「見る」だけの旅路であって
    この土地を「感じる」ことは できなかったでしょう

    またいつの日かのための ロケハンにとどめて
    枯れ枝を揺らす二月の潮風は冷たく ダウンジャケットにくるまって
    西の空を覆う雲を見つめた 羽地内海


-2013/2/6 屋我地島(名護市)-



2013-09-29

夏に立ちどまり

   
null

null

    眼下にひろがる名護の街灯りの中のひとつ
    名護市民会館で あの夜たしかに
    『お笑い米軍基地9』を見たんだねぇ と思いながら
    ガラスにへばりついたまま 目を閉じました



    あれからもう 3ヶ月か


-2013/7/2 19:55 空の上-



2013-09-28

名前は出さないけれど、でーじかりゆし!

   
null

null

-2013/2/9 那覇市-


   旧正月のカウントダウンをした夜にも ふたりは一緒だったわけだ
   もちのように たっくゎいむっくわい してほしいな


   「もちいちろう」を名乗るおにいちゃんのために
   ありったけの「クニガミドーナツ」の中に
   「くんじゃんナントゥ」もいくつか シャレで入れて
   その前のライブに届けていたのだけど

   その前のライブを終えて駆けつけてくれた弟くんが
   「ナントゥ餅、おいしかったです!」って 言ってくれたんだっけ
 
   弟くんがブースから見つめる舞台には まなざしの先には
   いたんだよね 彼女も

   「ライブ終わりで手伝いにくるなんて仲間思いだなぁ」
   「お笑いの勉強かなぁ」
   なんて思ってましたよ あのときは



   ん?

   「もちいちろう」お兄ちゃんも めでたい話になっているって話
   そろそろ公式発表 あるのかな?



2010-06-02

お笑い米軍基地の稽古がでーじなってる!だはず


2010年 6月 2日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ

null



    5月29日(土)に、複雑な想いを抱きつつも、
    毎年の恒例行事と見越して先走って投稿したこのネタが、
    今朝、朝刊に掲載されました。

    6月1日(火)に実際のニュース映像を見て後に投稿した、
    こちらのネタの方が良かったかな、などと思いつつ、
    そして、今日が、どんな一日になるのかも知らずに、迎えた朝。


    ■ 『かりゆしウェア』
      利点―風通しがよい
      欠点―風当たりが強い
          ―――鳩山内閣




2010年 5月 9日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ

null


    1月24日を最後に、薄墨純一郎、ずいぶん長く沈黙いたしました。

    その間、2月末には9日間の沖縄旅行というインターバルもありました。
    とはいえ、それまでの旅と同じく、しっかり、投稿用の体裁を整えたハガキを持参し、
    あわよくば、沖縄で直に目撃する基地問題の現状などをネタに、
    特派員気取りで投稿をしようなどと意気込んでもおりました。


    ところが、旅から戻って、投稿がぱたりと止まります。
    正確に申さば、普天間を中心とする基地問題以外の世相は眼中になく、
    もう、どうでもよくなってしまったのです。
 
    伊江島、辺野古、ホワイトビーチを回り、歴史や現状を間近に見聞きする中で、
    頭のスイッチがどこかで切り替わったのでしょう。
    そして、基地問題に関する情報収集は、新聞紙面やテレビニュースの枠を超えていきます。
    次々と頭に入ってくる情報は、薄墨、そして、古波蔵の座右の銘である
    「諧謔精神」に転化されることもなく、風刺に昇華されることもなく、
    資料の積読と比例するかのように、重く蓄積されていきました。
    諧謔や風刺は言葉遊びに過ぎないとすら、感じるような心境にまで至ったのでした。

    
    そして、もうひとつ。

    基地問題と向き合えば向き合うほど、風刺の矛先をだれにも向けられなくなったのです。
    為政者を笑うのは簡単でしょう。
    迷走ぶりには腹も立ちます。
    揚げ足を取られて然るべき言葉の軽さは目に余りました。

    とはいえ、問題の根源は、やはり、米軍、米政府でしょう。
    だったら、米軍、米政府に矛先を向ければよいではないか。
    ジョージ・ブッシュ氏の頃はやりやすかったよな・・・、などと思いつつ、
    しかし、軍事知識をはじめとする博覧強記で、素人の頭は飽和状態でした。


    沖縄への想い、日本政府への失望、米軍、米政府の分からないことだらけ。


    頭に「遊び」がなければ、笑いも生まれませんでした。
    そして、刻一刻と、本当に笑えない状況が明らかになってきました。
    


    鳩山政権が、いよいよ、約束を反故にする姿勢を明らかにし、
    その限界を自ら露呈、告白、謝罪するに及んで、
    そして、沖縄のイエローカードがレッドカードへと変わるに及んで、
    薄墨純一郎、ようやく、鈍っていた諧謔のペンを握り、
    沈黙するよりは声を上げようと、鳩山首相へ矛先を向けることにしました。
    心のどこかに、「本当の矛先は米軍、米政府なんだよな」という想いを残しつつ。
    もっと深く、この問題の本質を突くような笑いを探求せねばと思いつつ。



    まだまだ、心から笑えない日々が続きそうです。
    だれが後継首相になっても。



    ■ 『退陣論』
      外堀を埋めるのは代表への冒涜だ
                ―――鳩山首相
                             (2010. 5.31)

    ■ 『本末転倒』
      滑走路案できて着地点なし
            ―――在沖米軍基地問題
                             (2010. 5.29)

    ■ 『支持率急降下』
      世界一危険な政権かも
              ―――普天間飛行場
      鳩山首相どの
                             (2010. 5.20)



    鳩山さんの、普天間問題を巡る一連の対応についての功罪の「功」の部分として、
    世論の中に多く見受けられる論調は、要約すればこんな感じでしょうか。

    沖縄、基地問題、日米安保や地位協定、そして、国際情勢について、
    日本全体があまりにも無知で、認識不足だった。
    鳩山さんが、その認識不足を自ら白日の下にさらすことで、
    結果として、国民の覚醒を促した。


    私もその一人ではあると自覚してます。


    鳩山さんは真摯に反省しているのならば、ご隠居してからなどと言わずに、
    すぐにでも、今日に至ったプロセスを検証し、詳らかにすべきでしょう。
    鳩山さん以上に、「トラスト・ミー」な感覚の方が、
    後々、首相の座に就くこともあるかもしれませんから。

    そして、同じく、真摯に反省している私は、一市民の立場で沖縄へおじゃまして、
    歴史に学び、現状を見聞し、そして、『お笑い米軍基地』やオリオンや泡盛で、
    混濁した頭をリフレッシュさせていただきます。

    
    途中から、「私」が薄墨なのか、古波蔵なのか、ごっちゃになってしまいましたが、
    以上、薄墨純一郎のどぅーちゅいむにーでございました。



2010年 1月24日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ

null


    「政治とカネ」も重要なテーマです。
    この頃は関心もありました。

    小沢さんは今後、どう動くのでしょうか・・・。


    そして、『お笑い米軍基地6』の初日、北谷公演まで、
    あと、18日・・・。



«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»