«Prev || 1 | 2 || Next»

2010-07-15



お誕生日

     
     
     null

あめあがりのあさ




     ワラバーの時分から、ずいぶん多くの公園で遊んできました。
     公園ではない場所でさえ、公園になりました。

     ある時はスタジアムになり、ある時は秘密基地になり、ある時は刑事事件の舞台になり、
     昆虫博物館、秘宝のオークション会場、土木工事の現場にもなりました。


     年を重ねるにつれて、いつの頃からか、公園は、
     ひとりで物思いに耽る場所へと変わり、
     ふたりで待ち合わせ、語らう場所へと変わり、
     大人数で酒を飲み、高歌放吟、徹夜談義をする場所へと変わり、
     そして、人生の節目節目で、公園はまた、
     ひとりで物思いに耽り、ひとときの憩いを求める場所になって、迎えてくれました。



     そんな縁を結んできたたくさんの公園の中で、
     誕生日を祝うことができる公園が、
     古今東西、ただひとつ、那覇市にあります。

     那覇西児童公園。
     昭和48(1973)年7月15日開園。

     「開園」という言葉さえ不似合いなような、慎ましやかな、静かな、小さな公園。



     そんな公園で、ここ数年、
     ひとり物思いに耽ったり、旅先のひとときの憩いを求めたりして、時間を過ごしています。
     あたかも、那覇でいつもお世話になっている宿の、中庭であるかのように。

     洗濯機が回り終わるのを待つ、ちょっとした空き時間。
     どうしようもなく朝早く目が覚めてしまって、何をするでもなく夜明けを待つ早暁。
     飲みに行く浮かれた近道、飲んで帰る千鳥足の帰り道。
     マヤーに遊ばれている朝。
     セミの幼虫と人生を語らう深夜。
     お昼寝中のおじさんをスーミーする昼下がり。


     私がこの公園で時間を過ごすのは、
     そんな風に、夕刻から深夜、または、深夜から早朝という時間帯が多いのですが、
     ごく稀に、まだ日の高い午後に、ガジュマルの木陰に近いベンチで、
     心地よい眠気に誘われながら、とぅるばっていることもあります。
     昼間のあまくま歩きに疲れ果て、でも、夜の部も存分に楽しみたいという日などに。

     そんな時は、お決まりの「さんぴん茶」ではなく、ちょっとおしゃれに、
     沖縄ボトラーズの「ピーチ・ウォーター」などを片手に。
     喉を潤おす前に、しばらく、よく冷えた缶をうなじに当てたりしつつ。



     もしも、真っ昼間に、チルダイ状態で突っ立っていたりするならば、
     それはきっと、チェック・アウト間近の、万感の想いのひととき。



     今の世、先延ばしにしたいのはフライトの時刻。

     37年前は、出港の時刻までのひとときを、
     那覇港に近いこの公園で過ごす人の姿などもあったのでしょうか。




     null

あさ



     null

かたぶい



     null

ぴーかん



     null

にーぶい







     null

雨もあがって 少しずつ



     null

夜が明ける 水がひく 酔いが醒める 腹がへる
 





           null

このガジュマルは



     null

公園とチルミーなのだろうか






     null

真夜中と朝とでは距離感を変えるだなんて 思わせぶりなやつだ






     null

この木のベンチが大好きなのだが 寝ることはない 目の前が宿なので





           null

旅立ちの朝 「まだ五時間もあるじゃないか」と強がってみる




-Special Thanks-
  民宿 グリーンハウス(那覇市西2丁目)



  (シーブン)

   「にーぶい」おじさんの写真に付した散文は、
   2009年 7月 5日の「午睡の達人」を、後日、推敲してみました。



2010-05-27

沖縄には坂がある

      
    平面の地図を眺めて 平坦な道程を思い描いて
    沖縄を歩き始めてみると
    道程のあちらこちらに 坂がある
    思いがけないところにも 坂がある

    上るだけなら まだがんばるが
    上って下って また上るなんて坂が
    坂の向こうで待っていたりもする

    歩いてみて初めて その土地を 地形を体に感じる

    頭を空っぽにして 歩いた方がよい時もあり
    その一歩一歩を体に刻み 意味を求めるのがよい時もある

    もちろん 
    ビーチの木陰や ウージ畑をわたる風が恋しくなることもあるし
    夜のビールを待ちかんてぃーしながら さんぴん茶をがぶ飲みすることもある
    夏の上り坂は体に堪える
    その感覚にも 意味を求めたりもするのだが

    坂を上ること それ自体が目的の道程もある


    たいてい
    すぐ横の道を 路線バスが走っていたりする
    坂の途中のバス停のおばぁと 目が合ったりする
    歩き人が物珍しいのではなくて 昔を思い出しておられるのかもしれない




null

一人で歩き また とぅじと歩いた坂

-2009/11/26 那覇市 首里金城町-




null

冒険をやめて バス通りへ向かうことにした坂

-2010/2/20 沖縄市 住吉-




null

どこまで下りられるのかと のぞきこんだ坂

-2009/2/22 浦添市 安波茶-




null

自転車をきしませながら 立ちこぎした坂

-2009/2/24 読谷村 波平-




null

ホワイトビーチ沿いの小路から集落に出て ほっとして眺めた坂

-2010/2/20 うるま市 平敷屋-




null

ゆいレールを降りて歩くまで 見過ごしていた坂

-2009/6/30 那覇市 小禄-




null

変わり行く泡瀬の海を眺めるために 登った坂

-2009/2/26 北中城村 渡口(県総合運動公園)-




null

一歩を踏み出すたびに 足下に眠る歴史を想った坂

-2009/3/1 南風原町 黄金森公園-



2010-03-30

すーみー目線

 
null

   人間の抜け道?ネコのメインストリート?
   「丸安そば」さんで、朝のいなむどぅちを食べて、与儀十字路へ向かう途中。

-2009/3/2 那覇市 樋川-




null

   祈りや拝みのすーみーは、よくないことかと思いつつ、
   その後姿に魅かれて。

-2009/3/1 久米至聖廟(那覇市)-




null

   もはや、すーみーしている場合ではいられなくなりました。

   ホワイトビーチを真正面から、
   ちゃーみー、または、がんちきーで見下ろしたこの日のことは、近いうちに書きます。
   ちゃーみー、がんちきー写真をアップすることのメリットとデメリットを、少々、考えつつ。
   (言葉だけで伝えた方が良い場合もあるかもしれません)

-2010/2/20 うるま市/勝連-




null

   ほんの一年前、中城グスクから遠望した、
   巨大な艦影に驚くまで、この海のことを何も知らなかったような、
   そんな私ではありますが。

-2009/3/2 中城城址(中城村)-



2010-02-08

旅立ち前の宿想い(前編)


  旅支度は楽しくもあり 慌しくもあり
  体も動かし 頭も動かし 心は踊り パニパニ♪

  これまでの旅路とつながっていたりもするので
  これまでの旅路を振り返ったりしているうちに 
  時間を超えて 時間を忘れて 思い出に浸ってしまったり


  しわだらけの地図に刻まれた記憶に 引き込まれたり

  地図帳はデイバッグに入れて その日に歩くページのコピーだけを
  ポケットに入れたり 手に持ったりして歩くのが 古波蔵流ウチナー歩きスタイル

  そんな地図のコピーには あれこれと書き込みがあって
  出発前に書き込んで行ったもの 道中で書き加えたもの
  いつ書いたか分からないもの 汗で滲んで読めないもの 


  次に訪ねる目的地への目印となる 「金城商店」の場所を記した地図は
  次に訪ねた時に大いに役に立ち その場所を教えてくださった方のことを思い出した

  南部戦跡を巡った時の大切な書き込みを残した地図は
  後日 自宅へ 糸満の居酒屋さんから郵便で届いた
  泥酔客の忘れ物 「まんた」さん お手数をおかけいたしました

  山城〇〇さん 忠孝好き 自宅で古酒作り 娘さんの結婚祝
  そんなメモの残る地図・・・・?
  思い出した!
  あの日 偶然にも一日に二回 乗り合わせたバスの運転手さんとの「ゆんたく要旨」!
  そこまでメモするか・・・・・・
  


  さてさて なかゆくいばかりの旅支度の そのまた なかゆっくい

  生きていくために必要な旅支度は 出発の前の晩になって
  きっと あわてぃーはーてぃー だはず

  今はまだ 頭の中で旅に遊び 旅に学ぶ時間
  町へ出る前の準備の時 書を捨てるにはまだ早い

  ケータイを持たない中年原始人は
  家から一歩外に出るとワラバー原始人
  予習 予習で 文明社会を歩いていく



  さてと

  これまでお世話になったり これからもお世話になる
  懐かしい宿の写真を眺めたりしつつ
  まずは 散らかった頭の中や 散らかった我が家を
  よんなーよんなー 片づけましょうねぇ  
    


null

沖縄で一番 「緑」が多い宿かも? 「緑」は今年で樹齢38年



null

目の前が元祖「沖縄の玄関口」 那覇港 今回はここから 憧れの船旅です 本部港までですが



null

一日の終わりにこの光を眺めて あとは飲みに行くだけ という至福の時間



null

梅雨時の雨の朝も 宿主さん心尽くしのこんな花が さわやかにお見送りしてくれます



null

長く滞在すると散らかります あらん 散らかします やしが 汚しません これ旅人の矜持


-Special Thanks-
 民宿 グリーンハウスさん(那覇市)


2009-12-01

ガシ゜ュマル


null


 4泊5日の沖縄の旅から、昨日、戻りました。

 今回はとぅじのナビをし、沖縄を満喫してもらうという重要なミッションと、
 次回以降、ふたたび、自由気ままな一人旅をするための布石として、
 とぅじの心証を良くするという最重要の裏ミッションがありました。
 
 ゆえに、いつものように、突然、好き勝手に立ち止まって、
 カタツムリに焦点を合わせて、呼吸を止めて、ほくそ笑みながらシャッターを押す、
 なんてことをしている場合ではなかったのですが・・・

 とぅじはとぅじで、私のそんな挙動不審人物ぶりを、
 夕陽に光る金城町の石畳をバックに、カメラに収めたりしていたのでした。


 数時間後、ほとんど、「ただいま~」に近い感覚で、
 「しろま食堂」(那覇西)の暖簾をくぐります。

 私が撮った料理の写真には、ことごとく、素早く動くとぅじの「うめーし」が写っています。
 とぅじが撮った料理の写真には、至福の表情の私の下あごと、太鼓腹が写っています。

 そんな旅路をまた、よんな~よんな~、綴ってまいります。


-2009.11.26-



 熊本、佐賀、沖縄・・・とつづいた旅の日々も、明日からの長崎で一段落です。


«Prev || 1 | 2 || Next»