«Prev || 1 || Next»

2010-05-27



沖縄には坂がある

      
    平面の地図を眺めて 平坦な道程を思い描いて
    沖縄を歩き始めてみると
    道程のあちらこちらに 坂がある
    思いがけないところにも 坂がある

    上るだけなら まだがんばるが
    上って下って また上るなんて坂が
    坂の向こうで待っていたりもする

    歩いてみて初めて その土地を 地形を体に感じる

    頭を空っぽにして 歩いた方がよい時もあり
    その一歩一歩を体に刻み 意味を求めるのがよい時もある

    もちろん 
    ビーチの木陰や ウージ畑をわたる風が恋しくなることもあるし
    夜のビールを待ちかんてぃーしながら さんぴん茶をがぶ飲みすることもある
    夏の上り坂は体に堪える
    その感覚にも 意味を求めたりもするのだが

    坂を上ること それ自体が目的の道程もある


    たいてい
    すぐ横の道を 路線バスが走っていたりする
    坂の途中のバス停のおばぁと 目が合ったりする
    歩き人が物珍しいのではなくて 昔を思い出しておられるのかもしれない




null

一人で歩き また とぅじと歩いた坂

-2009/11/26 那覇市 首里金城町-




null

冒険をやめて バス通りへ向かうことにした坂

-2010/2/20 沖縄市 住吉-




null

どこまで下りられるのかと のぞきこんだ坂

-2009/2/22 浦添市 安波茶-




null

自転車をきしませながら 立ちこぎした坂

-2009/2/24 読谷村 波平-




null

ホワイトビーチ沿いの小路から集落に出て ほっとして眺めた坂

-2010/2/20 うるま市 平敷屋-




null

ゆいレールを降りて歩くまで 見過ごしていた坂

-2009/6/30 那覇市 小禄-




null

変わり行く泡瀬の海を眺めるために 登った坂

-2009/2/26 北中城村 渡口(県総合運動公園)-




null

一歩を踏み出すたびに 足下に眠る歴史を想った坂

-2009/3/1 南風原町 黄金森公園-



2009-06-30

梅雨明けしたとは露知らず・・・

今回は、初めての 6月末の沖縄旅行

初日は、那覇空港への着陸寸前、海上の竜巻の出迎えを受けました

折り畳み傘がまったく役に立たない、土砂降りにも見舞われました

那覇の街のど真ん中で、アフリカマイマイ?と遭遇しました



これは・・・・、ずっと雨かねぇ~



しかし、翌日からは、天候が回復に向かったのをこれ幸いと

過去の、2月、3月の旅と同じように、あまくま、歩き始めました



・・・・あれ?



やはり、太陽がちょっと強烈か? 空の色が違うか? 雲がマギーに成長しすぎか?

汗の量が違う? 歩くペースがすぐに鈍る? 首筋がヒリヒリ~する?




もう、夏だった・・・・





気づいた頃には、はっさ!沖縄滞在最終日



イカスミ汁や、山羊刺や、ニガナの豆腐和えなど

命薬をばんない食べていたので

なんとか無事に、帰宅できました




























発売されたばかりの、そして、すぐにゲットすることができた

FEC、『お笑い米軍基地1・2』、『お笑い米軍基地4』のDVDを、今すぐに見たいけれど

やっと見つけた、「ハイタイカマド体操」や「阪神ドーイ」のCDも聴きたいけれど

もう、限界です


あ、やしが、KBCラジオ、『音の匠たち ~ 普天間かおりのぬちぐすいラジオ』

これだけは、今から聴きます

「しろま食堂」のみなさんを、思い出すかな・・・・

・・・・もうすぐ、始まりますね





では、おやすみなさい・・・・・





P.S.
出発前にアップした写真、さんぴん茶とうっちん茶という流れの文章だったのに
よく見ると・・・・、両方とも、うっちん茶でした

まあ、いろいろ、あります・・・・、飲んだり飲まれたり

«Prev || 1 || Next»