«Prev || 1 || Next»

2010-05-27



沖縄には坂がある

      
    平面の地図を眺めて 平坦な道程を思い描いて
    沖縄を歩き始めてみると
    道程のあちらこちらに 坂がある
    思いがけないところにも 坂がある

    上るだけなら まだがんばるが
    上って下って また上るなんて坂が
    坂の向こうで待っていたりもする

    歩いてみて初めて その土地を 地形を体に感じる

    頭を空っぽにして 歩いた方がよい時もあり
    その一歩一歩を体に刻み 意味を求めるのがよい時もある

    もちろん 
    ビーチの木陰や ウージ畑をわたる風が恋しくなることもあるし
    夜のビールを待ちかんてぃーしながら さんぴん茶をがぶ飲みすることもある
    夏の上り坂は体に堪える
    その感覚にも 意味を求めたりもするのだが

    坂を上ること それ自体が目的の道程もある


    たいてい
    すぐ横の道を 路線バスが走っていたりする
    坂の途中のバス停のおばぁと 目が合ったりする
    歩き人が物珍しいのではなくて 昔を思い出しておられるのかもしれない




null

一人で歩き また とぅじと歩いた坂

-2009/11/26 那覇市 首里金城町-




null

冒険をやめて バス通りへ向かうことにした坂

-2010/2/20 沖縄市 住吉-




null

どこまで下りられるのかと のぞきこんだ坂

-2009/2/22 浦添市 安波茶-




null

自転車をきしませながら 立ちこぎした坂

-2009/2/24 読谷村 波平-




null

ホワイトビーチ沿いの小路から集落に出て ほっとして眺めた坂

-2010/2/20 うるま市 平敷屋-




null

ゆいレールを降りて歩くまで 見過ごしていた坂

-2009/6/30 那覇市 小禄-




null

変わり行く泡瀬の海を眺めるために 登った坂

-2009/2/26 北中城村 渡口(県総合運動公園)-




null

一歩を踏み出すたびに 足下に眠る歴史を想った坂

-2009/3/1 南風原町 黄金森公園-



2009-08-12

ウチナーチュンチュン発見会話

  
null

 「おたく~、沖縄のスズメでしょ?」
 「ちがいますよ」
 「3時のおやつ、何にします?」
 「アチコーコーの天ぷら」

   ・・・・チュン チュン チュン チュン!



null

 「おたく~、沖縄のスズメでしょ?」
 「ちがいますよ」
 「定額給付金の振り込み、どちらの口座にされますか?」
 「りゅうぎん読谷支店でお願いします」

   ・・・・チュン チュン チュン チュン!



null

 「おたく~、沖縄のスズメでしょ?」
 「ちがいますって」
 「失礼ですけど、ご住所は?」
 「・・・沖縄市比屋根672番地」
 「おきなわし・・・ ひやね・・・?」
 「おきなわし!ひやごん!・・・県の総合運動公園!」

   ・・・・チュン チュン チュン チュン!

 「でも~・・・、そこ、本当に沖縄市ですか?」
 「沖縄市の・・・、すぐ隣の・・・、北中城村渡口!」

   ・・・・チュ チュ チュ チュ チュン チュ チュ チュン チュ チュ!


 ― Special Thanks ―
   ゆうりきや~ さん





 といいつつ、いや、やっぱり、ラストは沖縄市比屋根だったかな~?

 沖縄市と北中城村にまたがる沖縄県総合運動公園内の、
 北中城村に位置する「遠見台」からスタートして、「自然観察の森」を通って・・・
 そこから、どこをどう歩いて泡瀬に至ったのか、時間と記憶が定かではないのです。

 しかし、デジカメには撮影時刻も残ります。
 ちなみに、スズメが住まいにしているクジラの絵の側壁から、徒歩5分の後、
 私は次の光景をカメラに収めています。

null

 ここは間違いなく、沖縄市比屋根です。海が目の前です。
 泡瀬干潟干拓工事(沖縄市東部海浜開発)を南側から眺めた、
 2009年2月26日、午前8時の光景です。


 「干拓~、沖縄のためですか?」


«Prev || 1 || Next»