«Prev || 1 || Next»

2009-11-18



大人の間合い、大人の分別


  「なにをしているんだろう」

  桜の落葉の上を飛び回る二匹の蜂の姿を、子供のような好奇心で追いつづける。
  葉から葉へと飛び移る典雅なリズムに、目と心を奪われる。


null

  
  光の中で小さな影になり、影の中で小さく光る、琥珀色。
  
  やがて、その動きとひとつになる。
  そんな距離にまで近づく。



  大人の間合いを保ちつつ、大人の分別を持ちつつ。

  晩秋のこの低温の中、活動量は落ちている、はず。
  今は繁殖期でも、分巣の時期でもないから、攻撃的ではない、はず。
  フードつきの白いパーカーを着ているので、いざという時、体の黒い部位を隠すことができる、はず。
  だから、これくらいまで、刺激しないように、そっと近づいても、危険はない、はず。



  子供のような好奇心は、飽くことを知らない。

  「何かを食べている?」
  「葉についた、小さな虫?」
  「桜の葉って、もしかして、甘い露を?」
  「それとも、巣を冬仕様にするための素材集め?」



null

  
  セグロアシナガバチ、たぶん。

  どんな生態なのか、そして、晩秋の、桜の落葉の上で何をしていたのか。
  本格的に調べれば分かると思うけれど、
  こんなに近くで、こんなに長く観察するのは、たぶん、最初で最後。一期一会。

  今度会ったら、逃げるかも。




  そういえば・・・

  最初の沖縄旅行の時、大人の間合いを、ちょっと見誤ったことがあった。

  その日は那覇を出て、読谷村内を回り、北中城村屋宜原の「カナ」さんでイラブー汁をいただく、
  そんな行程だった。
  少しタイトなスケジュールだったので、どこかで時間の余裕を作りたいという思いがあった。

  そんな中、朝、読谷へと向かうバスの車中で地図を眺めながら、あることに気がついた。
  帰途、読谷から嘉手納ロータリーで乗り換えて、コザへと向かい、
  夕方のラッシュで混み合う R330を南下するという、当初のプランよりも、
  読谷からそのまま R58を南下し、北谷か謝苅でバスを降りて、
  県道130号を瑞慶覧へと抜ければ、屋宜原へは早く着けるのではないか。
  北谷から瑞慶覧交差点まで約2km、歩いて30分弱といったところか。

  (嘉手納基地と普天間基地の挟間で、R58から R330へ東西に横断するには、
   地図上では、この県道130号が最短距離のように見える)

  ただ、同じように東西を横断できる他のルートと違って、
  この県道130号にだけは、なぜか路線バスが走っていない。
  つまり、ここは基地関係者しか通行しないような地域なのか。
  幾ばくかの好奇心もあった。

  そういうことを話しながら、私は運転手さんに、こんな問いを発した。

   「県道130号を、歩いて、北谷から瑞慶覧まで抜けてみようと思うんですけど。
   でも、道の両側とも米軍キャンプの敷地みたいで、
   それにバスも走っていないみたいですし・・・、どんなもんでしょうか?」

  運転手さんは、しばしの沈黙の後、答えにくそうに答えてくれた。

   「う~ん・・・、おすすめします・・・とは、ちょっと、言いにくい・・・ですねぇ」

  私はその理由を尋ねることなく、この言葉に従うことにした。



  この時は、少し困らせてしまって申し訳なかった、というくらいの思いであった。
  しかし、後になって、よくよく考え直すに、私は、
  「先方が答えに困るような質問をすべきではない」という、
  自分に課した大人の分別に反することをしてしまったと気づいた。

  運転手さんとしては、たとえ1%の確率であっても、
  地域の事情や土地勘に疎い旅行者がトラブルに巻き込まれる可能性があるような行動には、
  賛意を示すことはできない、そういう深慮があったのだと思う。

   「やめておきましょうねぇ」

  かといって、そこまでの強い制止の意思を示すというのは、
  その地域に関する過度のマイナス・メッセージを発することにもなるし、
  乗客と運転手という関係の中で、一線を越えることにもなる。

  つまり、私は、非常に答えにくいと判断できる材料を自ら持ちながら、
  無遠慮に、その問いを発してしまった、そういうことになる。




  蜂は、その生態を理解し、こちらからその安全を脅かさない限り、
  滅多なことでは攻撃はしてこない。

  だが、「蜂」を「基地」と、安易に置き換えて、そのような認識に立つことは危険である。

  一介の旅行者が基地と対峙する時、
  そういう分別を持って、大人の間合いを保つことでしか安全を確保できない、
  今はまだ、そういう状況なのか。


2009-08-20

ねずみ男じらー ちゃん


レモングラスの新顔さんは、しにマギー。

null


お見かけしたところ、12~ 3cmはあろうかという長身。

やしが・・・

そのルックスの、第一印象は、「ねずみ男」なのです。
草色のメイクと衣装に身を包んでいても、スラリと伸びた手脚をしていても、
どうにもこうにも、「水木サン」こと、水木しげる先生の描くところの「ねずみ男」なのです。



  小泉八雲が『怪談』を書いた時代そのままの佇まいではないかと思わせる、
  山陰の静かな街、松江に住んでいた頃、
  「水木サン」の故郷、境港へ、よく足を運びました。
  「宍道湖」の隣の、あやうく淡水化を免れた汽水湖「中海」の湖畔や、
  牡丹や薬用人参が特産なのに「大根島」という名の小さな島を通って、
  あるいは、山陰本線に揺られ、乗り継ぎ駅の米子の街を散策したりしながら。

  その境港で、魚と並んで、「妖怪で町おこし」という、
  なんともファンタジックな取り組みが始まった頃でした。

  JR境線のディーゼル列車の側面には、おなじみの妖怪たちが跋扈しています。
  さらに、境港に着けば、「水木しげるロード」と名づけられた通りをはじめ、
  真っ昼間でも、至るところに妖怪の姿が.....



そんなご縁もあって、妖怪ワールドには親しみを感じています。

一反木綿に乗る鬼太郎と目玉おやじが表紙を飾り、「水木サン」のインタビューも掲載された
『THE BIG ISSUE 75号』(2007.7.1・15合併号)が、早々にSOLD OUT になったということは、
妖怪ワールド好きの私としては快哉でありました。

一方、ちょうど同じ頃にNHKで放送された、『鬼太郎が見た玉砕 ~水木しげるの戦争~』は、
その原作の『総員玉砕せよ』(講談社)とともに、
私の祖父の最期の地、ニューギニアの実情を垣間見せてくれるものでありました。
(それにしても、香川照之さんと塩見三省さんの演技は素晴らしかった!)



しかし・・・

我が昆虫ワールドの「ねずみ男」さん、どうやら、「男」と呼んでは失礼だったようです。
自然界には、レディ・・・メスの方が数段大きいという例が多々ありますが、
この、本名「ショウリョウバッタ」ちゃんも、その典型例であるようなのです。
身長からして、100%、レディと思われます。


実は、ツチイナゴくんともども、今年の3月に「越冬かりゆしどぅ!」の祝いをした、
やはり、かなりマギーな虫と見間違えて、あやうく、
「クビキリギス」という名前で発表するところだったのですが、
よく見ると、触覚の形がまったく違っていました。



null

さてさて、カメラの前でじっとしていてくれたので、じっくりと観察させてもらったけど、
おやおや、キミの陰に隠れるように佇む色白の、というか、透明に近い白の体の個体は・・・
彼氏かな?
今、流行りの草食系男子?



null

ばっぺーた。失礼しました。キミの分身か。
たった今、脱皮したばかりだったんだね。
最も無防備なところを、ジロジロ見てしまって、失礼しました。



null

「ショウリョウバッタ」の名前の由来は「精霊バッタ」とも。
旧盆のこの時期、お墓の周りの草むらで多く見られるからとか。
そういえば、この横向きの写真は、実は昨年の8月16日に撮ったものなのです。
たぶん、同じ「ショウリョウバッタ」の、別の個体。


ツチイナゴくんと出会って以来、ついつい、成虫で越冬するかどうかということを一番に考え、
そして、それを基準に、昆虫図鑑をめくります(ネットでですが)。


しかし、キミが越冬するとはどこにも書いていないね。
ということは、一年前のこの写真は、レモングラスの昆虫ワールドで生命を紡いだ、
キミのご先祖さまなのかな。
旧盆の頃にひょっこり顔を出すなんて、その名のとおり、キミもなかなか、律儀なやつだねぇ。


えっ?レモングラスの周りが草ぼうぼうだって・・・?

私は律儀じゃなくて、難儀ぃ~人間なので・・・ っていうか、
ここ、お墓じゃないやし!


それよりも・・・、ツチイナゴくんの消息、知らないかい?
その辺で、見かけなかった?

4月17日以来・・・ 会ってないんだよなぁ・・・

こんなやつなんだけど。


null

どこかで達者ならば それでいい・・・ か



«Prev || 1 || Next»