«Prev || 1 | 2 || Next»

2014-03-29



夜明け前

   
null

    二見はまだ眠る 辺野古崎も静寂の中
    キャンプ・シュワブは どうしているか


    二見 午前6時
    三線の音に乗る 防災無線

    キャンプ・シュワブ 午前8時
    辺野古漁港まで響く アメリカ国歌


    6時の天気予報を聴き終えて カーラジオのスイッチを切り
    窓を開け 潮騒と風を招き入れる

    オール島は 永遠の眠り
    

-2013/3/15 名護市 瀬嵩-



2013-12-24

メリー・クリスマス

   
null

      チキンと ホワイト・・・ ・・・ホワイト・ビーチ





null

      いなり寿司も でーじまーさん 海の見える丘
 
      特定秘密でも なんでもない 旅の途中のお昼ごはん



      戦場のない メリー・クリスマスを


-2013/10/20 うるま市 平敷屋-



2013-08-24

あの日、天願の空から、ひまわりの庭へ

   
null

-2010/10/11 米軍天願桟橋(うるま市 天願)-



   本日、映画『ひまわり ~沖縄は忘れない、あの日の空を~ 』観賞。

   先にこの映画を見た方から寄せられた、
   「泣けました」、「ハンカチの用意を」という声。
   にもかかわらず、目が乾ききるほどに、スクリーンに見入ってしまいました。

   涙腺が目詰まりするほどのムヌカンゲー。
   (映画を見ているときに限ったことではなく、常日ごろからの)

   複雑な立場、複雑な想いを声高にデフォルメしたセリフに、肝苦しく。
   (沖縄で出会う皆さんは、ここまではっきりとは口にされない)

   宮森小の事故への「追想」だけなら、情緒に任せて泣けたかもしれません。
   しかし、「追想」で終わらせることができない沖縄の「今」、
   あんな出来事があってもなお、変わらぬ「現実」が、
   ずっとずっと、覆いかぶさってきたのでした。



   苦しくて、苦しくて、答えがない。



   アダン葉の棘を削って、風車を作るような、
   一人ひとりのそんな静かな心持ちだけが、
   どうにもならない立場の違いや、想いのぶつかり合いをせめて、