«Prev || 1 | 2 || Next»

2014-03-29



夜明け前

   
null

    二見はまだ眠る 辺野古崎も静寂の中
    キャンプ・シュワブは どうしているか


    二見 午前6時
    三線の音に乗る 防災無線

    キャンプ・シュワブ 午前8時
    辺野古漁港まで響く アメリカ国歌


    6時の天気予報を聴き終えて カーラジオのスイッチを切り
    窓を開け 潮騒と風を招き入れる

    オール島は 永遠の眠り
    

-2013/3/15 名護市 瀬嵩-



2013-12-24

メリー・クリスマス

   
null

      チキンと ホワイト・・・ ・・・ホワイト・ビーチ





null

      いなり寿司も でーじまーさん 海の見える丘
 
      特定秘密でも なんでもない 旅の途中のお昼ごはん



      戦場のない メリー・クリスマスを


-2013/10/20 うるま市 平敷屋-



2013-08-24

あの日、天願の空から、ひまわりの庭へ

   
null

-2010/10/11 米軍天願桟橋(うるま市 天願)-



   本日、映画『ひまわり ~沖縄は忘れない、あの日の空を~ 』観賞。

   先にこの映画を見た方から寄せられた、
   「泣けました」、「ハンカチの用意を」という声。
   にもかかわらず、目が乾ききるほどに、スクリーンに見入ってしまいました。

   涙腺が目詰まりするほどのムヌカンゲー。
   (映画を見ているときに限ったことではなく、常日ごろからの)

   複雑な立場、複雑な想いを声高にデフォルメしたセリフに、肝苦しく。
   (沖縄で出会う皆さんは、ここまではっきりとは口にされない)

   宮森小の事故への「追想」だけなら、情緒に任せて泣けたかもしれません。
   しかし、「追想」で終わらせることができない沖縄の「今」、
   あんな出来事があってもなお、変わらぬ「現実」が、
   ずっとずっと、覆いかぶさってきたのでした。



   苦しくて、苦しくて、答えがない。



   アダン葉の棘を削って、風車を作るような、
   一人ひとりのそんな静かな心持ちだけが、
   どうにもならない立場の違いや、想いのぶつかり合いをせめて、
   やわらげて、ささやかなものにしてくれるのだろうかと、
   答えにならない、答え。
   


2010-09-10

漁港と高層住宅 ~ 歌者おそ松さんへの返歌

     
null

      嘉手納漁港と 急斜面の上に立つ高層住宅
      水釜バス停から比謝川河口を経て ここに至るまでに目にした
      庭付き平屋建ての 今は日本人も多く住むという 所謂「外人住宅」の残像と
      なかなかすぐには 記憶の中で交わらない光景
      



null

      高層住宅の前に よく見ると「氷」の文字
      北谷漁協では 一般のお客さん向けにも氷を販売しているとのこと
      釣りに レジャーに ビーチパーリーに
      「ICE SALE」の英語表記を見て
      アメリカーさんも 「チャービラサーイ」と訪れるのか




      嘉手納町 北谷町 地図を見る
      地図で振り返ってみても 歩いたのは海岸沿いばかり
      
      地図を俯瞰すれば 内陸部には広大な
      「自由を標榜する国がフェンスで囲った 自由に歩けない土地」が
      広がっていることが 一目瞭然



      嘉手納町 北谷町 本土から見る

      カデナ基地 安保の見える丘 騒音問題 防衛施設局 アメリカフェスト 
      キャンプ瑞慶覧 桑江 アメリカンビレッジ 砂辺海岸 跡地利用 再開発
      58号線 Yナンバー わナンバー
      「嘉手納以南返還」 

      ニュースやガイドブックの狭間で
      そこで 日々の暮らしを営んでいる人々の姿が
      その土地が 見えてこない
      
          

      嘉手納町 北谷町
      本土からは見えづらい もうひとつの縮図が
      確かに息づいていた

      漁港と高層住宅の intimateな関係という縮図を
      基地の存在と表裏一体であると 即座に判じていいものかどうか
      沖縄の「土地」を歩いた記憶とともに
      本土の2階建てアパートの1階で しばし考える






null

null

null

null


嘉手納基地 旧ロータリー周辺





null


出番を待つ栄口区青年会 アメリカンビレッジをバックに (北谷ニライハーリー表彰式)

     

-2010/6/27 嘉手納町 水釜・嘉手納/北谷町 港・美浜-


-Special Thanks-
   きっちゃきさん
  
  

2010-06-16

一言一句のヤナカジャー


   null


   初めて使うソフトだったので、コピー&ペーストのやり方が分からず、
   結局、外務省のウェブサイトをプリントアウトした紙を横目に、一言一句、打ち込んだ。

   そうやって、
   なにやら、英文を無理矢理に和訳したカジャー(臭い)、
   どうにでも解釈できてしまう余地がありありカジャー、
   出来て当たり前、出来なければ一大事のことを、
   紳士的かつ立派な振る舞いであるかのように居丈高に宣言するカジャー、
   要するに、なんか、そもそものところで間違っているカジャーのする日本語を、
   一言一句、打ち込んだ。


   たとえば、

   「人口密集地域や公共の安全に係る他の建造物(学校、病院等)に妥当な考慮を払う」

   なんていう部分などは、フォントを大きくして、色も変えて、目立つように強調して、
   なんだったら、沖縄国際大学の写真なども切り貼りして、
   思いっきりツッコミを入れてみたかったのだが、
   冒頭にも書いたとおり、初めて使うソフトだったので、勝手が分からない。



   「在日米軍は、日本国民の騒音に対する懸念に敏感であり」

   なんていう部分などは、主客逆転を含むとんでもない誤訳か、
   そうでなければ、頭が固いお利口さんの事務方が、アメリカン・ジョークを真に受けて、
   そのまま和訳してしまったのではないか、などと思う。
   正しくは、こうなのではないか。

   「日本国民は、在日米軍の騒音に対して敏感であり」

   いや、これはこれで論理矛盾か。
   あの騒音は、敏感か鈍感かのレベルではない。



   とにもかくにも、
   字面を目で追うだけでなく、受験生の書き取り勉強よろしく、一言一句と向き合うに、
   写経の悟りのような境地にまで至る。

   悟りはまた、雑念を生む。

   ヤンキーの落書きよろしく、すべての文言に覆いかぶさるような大きなフォントで、
   こんな言葉を殴り書きしてみたい、と。

   「かしまさよ!」

   これもまた、冒頭に書いたとおり、初めて使うソフトだったので、難しい。
   引き続き、継続的に、必要に応じ、努力することを確保したい。



   
     さて、何ゆえ、このような画像を作ったかと申しますと、
     自分の撮った写真を素材に、この夏用のオリジナルTシャツを作成中なのです。

     沖縄のくゎっちーをデザインしたカラフルな2枚は、すでに完成しました。
     もう1枚、生地をブラックに、沖縄らしいデザインを、と考えたのが、
     これです。

     今のところ、オーダーはしていません。
   
     着て歩くよりも、書いてあることを喋って歩くほうが、
     いいような気がします。



«Prev || 1 | 2 || Next»