«Prev || 1 || Next»

2009-11-18



大人の間合い、大人の分別


  「なにをしているんだろう」

  桜の落葉の上を飛び回る二匹の蜂の姿を、子供のような好奇心で追いつづける。
  葉から葉へと飛び移る典雅なリズムに、目と心を奪われる。


null

  
  光の中で小さな影になり、影の中で小さく光る、琥珀色。
  
  やがて、その動きとひとつになる。
  そんな距離にまで近づく。



  大人の間合いを保ちつつ、大人の分別を持ちつつ。

  晩秋のこの低温の中、活動量は落ちている、はず。
  今は繁殖期でも、分巣の時期でもないから、攻撃的ではない、はず。
  フードつきの白いパーカーを着ているので、いざという時、体の黒い部位を隠すことができる、はず。
  だから、これくらいまで、刺激しないように、そっと近づいても、危険はない、はず。



  子供のような好奇心は、飽くことを知らない。

  「何かを食べている?」
  「葉についた、小さな虫?」
  「桜の葉って、もしかして、甘い露を?」
  「それとも、巣を冬仕様にするための素材集め?」



null

  
  セグロアシナガバチ、たぶん。

  どんな生態なのか、そして、晩秋の、桜の落葉の上で何をしていたのか。
  本格的に調べれば分かると思うけれど、
  こんなに近くで、こんなに長く観察するのは、たぶん、最初で最後。一期一会。

  今度会ったら、逃げるかも。




  そういえば・・・

  最初の沖縄旅行の時、大人の間合いを、ちょっと見誤ったことがあった。

  その日は那覇を出て、読谷村内を回り、北中城村屋宜原の「カナ」さんでイラブー汁をいただく、
  そんな行程だった。
  少しタイトなスケジュールだったので、どこかで時間の余裕を作りたいという思いがあった。

  そんな中、朝、読谷へと向かうバスの車中で地図を眺めながら、あることに気がついた。
  帰途、読谷から嘉手納ロータリーで乗り換えて、コザへと向かい、
  夕方のラッシュで混み合う R330を南下するという、当初のプランよりも、
  読谷からそのまま R58を南下し、北谷か謝苅でバスを降りて、
  県道130号を瑞慶覧へと抜ければ、屋宜原へは早く着けるのではないか。
  北谷から瑞慶覧交差点まで約2km、歩いて30分弱といったところか。

  (嘉手納基地と普天間基地の挟間で、R58から R330へ東西に横断するには、
   地図上では、この県道130号が最短距離のように見える)

  ただ、同じように東西を横断できる他のルートと違って、
  この県道130号にだけは、なぜか路線バスが走っていない。
  つまり、ここは基地関係者しか通行しないような地域なのか。
  幾ばくかの好奇心もあった。

  そういうことを話しながら、私は運転手さんに、こんな問いを発した。

   「県道130号を、歩いて、北谷から瑞慶覧まで抜けてみようと思うんですけど。
   でも、道の両側とも米軍キャンプの敷地みたいで、
   それにバスも走っていないみたいですし・・・、どんなもんでしょうか?」

  運転手さんは、しばしの沈黙の後、答えにくそうに答えてくれた。

   「う~ん・・・、おすすめします・・・とは、ちょっと、言いにくい・・・ですねぇ」

  私はその理由を尋ねることなく、この言葉に従うことにした。



  この時は、少し困らせてしまって申し訳なかった、というくらいの思いであった。
  しかし、後になって、よくよく考え直すに、私は、
  「先方が答えに困るような質問をすべきではない」という、
  自分に課した大人の分別に反することをしてしまったと気づいた。

  運転手さんとしては、たとえ1%の確率であっても、
  地域の事情や土地勘に疎い旅行者がトラブルに巻き込まれる可能性があるような行動には、
  賛意を示すことはできない、そういう深慮があったのだと思う。

   「やめておきましょうねぇ」

  かといって、そこまでの強い制止の意思を示すというのは、
  その地域に関する過度のマイナス・メッセージを発することにもなるし、
  乗客と運転手という関係の中で、一線を越えることにもなる。

  つまり、私は、非常に答えにくいと判断できる材料を自ら持ちながら、
  無遠慮に、その問いを発してしまった、そういうことになる。




  蜂は、その生態を理解し、こちらからその安全を脅かさない限り、
  滅多なことでは攻撃はしてこない。

  だが、「蜂」を「基地」と、安易に置き換えて、そのような認識に立つことは危険である。

  一介の旅行者が基地と対峙する時、
  そういう分別を持って、大人の間合いを保つことでしか安全を確保できない、
  今はまだ、そういう状況なのか。


2009-11-14

傾きと復元力


null

バス停が傾いているのか



null

街が傾いているのか



いや 両方とも傾いているのか



   座喜味は 護佐丸さんの環境共生思想の設計?

   大謝名は 平坦な土地がフェンスの中にあるから?



   バス停に顔を近づけて 時刻を眺めるとき 

   足の裏は 街の傾斜に従い 首から上は バス停の傾斜に寄り添い

   つまり ベクトルがバラバラ 軸がふらふらであるのに

   股関節あたりで 地球の重力とのバランスを取っていた んだはず

   倒れそうで倒れない 平衡感覚と 復元力


   
   ・・・・・・オリオン 泡盛 飲みすぎると 時々 倒れます

   ・・・・・・平衡感覚 復元力 失くします





null

那覇港の夜を照らすフェリーの灯


   横風・・・ 三角波・・・ 荷崩れ・・・ 横転・・・

   ともあれ 乗客・乗員の皆さんがご無事で何よりでした

   しかし 流出した油の除去 漁業被害の補償 船体の撤去?修復? 経営への影響・・・
   これからがたいへんであるところ
   実務的に 現実的に解決せねばならない話とは別次元の
   浮世離れした話で すみません



   那覇港に 夜通し停泊している 
   鹿児島航路のフェリーの灯りが 近くの定宿からよく見えて
   真夜中のその光景が好きで

   乗ったことはないのに
   本部 与論島 沖永良部島 徳之島 名瀬
   寄港地の時刻を調べてみたり 地図を眺めたり


    「あいっ?いつ来たの?」

    「たった今、徳之島から着いたよ」

    「だからよぉ!「行くよ」って、ハガキくれるのはうれしいけど、いつ来るのか、書いてないさぁ」


   本土復帰前からの沖縄の玄関口 那覇港の周りでは
   本土復帰前から沖縄に通っている旅人を温かく迎える
   こんな会話を耳にすることもあります


   海の安全を祈ります   


«Prev || 1 || Next»