2017-03-14

それでも、海と

   
null

  「還流」ということばを知り
  「還流」ということばに助けられ


  耳を澄ますこと 祈ること 見つづけること
  痛みは癒されることがないことを受け容れ だからこそ 寄り添うこと
  信じるに足る人の生き方や紡ぐ物語を 受けとめつづけること
  空疎な嘘や欲望を見抜き 怒りつづけること  

  それ以外に なにもできなった日々の中で
  それでも いつしか蓄えてきたものが
  ある日 別の場所で 生かせることもあるのか

  東北の地へ何もできず 抱きつづけた無力感
  無力感とともに 行き場もなく蓄えてきたものを
  九州の地へわずかばかりでも 「還流」できたのか

  土の重さを知り 心からの言葉を知り 壊されても壊れないものを
  知りながら いや 教えられながら
  

 
  この島で
  「玉砕場」や「白玉之塔」の傷を知る人と触れ合うことはなかったが
  この地を訪れ 知って 感じたことを いつの日か
  またある日 別の場所で 生かすこと

  それもまた 「還流」
  

-2016/2/28 渡嘉敷島(渡嘉敷村)-


 
category2016 沖縄旅日記① 春  time23:53  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)