2016-12-27

花 ~ うまんちゅぬ肝心に花を 清らの辺に咲く

   
null

   清らかな水を求めて
   肝清らさん(ちむぢゅら・さん)が集い
   いつも清らに 清めた樋川(ひーじゃー)で
   心も体も 清めていたのだと思う


   水が届かない被災地に入る あるいは
   どれだけ水を飲んでも汗になる 熱中症と隣り合わせの酷暑
   そんな体験をした 今年 熊本  

   
   沖縄の真昼間(まふっくゎ)を あまくま歩くのとは
   また 違ったかたちで知った
   水の重さ 水のありがたさ


   そしてまた 帰ってきた沖縄
   ともに分かち合う暮らしの中で育まれる
   そんな清らに 想いを寄せました

   清らの水辺に 咲く花と
    


-2016/11/9 仲村渠樋川(南城市 玉城仲村渠)-



   5年半ぶりの再訪でした

   5年半前 水と向き合った記憶がどうしても湧いてこない
   それもそのはず
   あの春の日は 蜜の味 出会いの妙
   刈ったばかりのウージをかじらせていただいて
   渇きを潤したのでした

   ■ 2011‐04‐24 サトウキビの日に

  
 
category2016 沖縄旅日記③ 秋  time23:51  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)