2014-10-19

旗揚げ21周年の夜に

   
null

-2013/6/27 糸満市-



   去年の10月。
   旗揚げ20周年の記念すべき公演を前に、
   手土産に添えたメッセージ。

   プリントして持参したこの写真に、例のごとく、いつものように、
   沖縄に着いてから、旅のさなかに、どたばた、サーラナイ、
   でも、心を込めて、心に浮かぶままに、熱い心をそのままに、
   こんなふうに、したためました。
   

   
    “ 20周年 とりあえず おめでとうございます!

     20年たっても タンカーユーエー。
     いつまでも 道はつづきます。
     その先に 笑いと 素晴らしい未来(おバカ)と
     さらに遠く果てしない 道がつづきますように。
 
             ~FEC福岡県人会 古波蔵恵里夫~ ”


    
   あれから、一年。
   今年は21周年、おめでとうございます。
   そして、これからも。

   今年は、福岡から、変わらぬ愛を。



  P.S.

   ここも、この道も、『ハルサーエイカー』のロケ地だはずね。
   アイ、カマー、リョウのバトル、そして、通じ合えた語らいのシーン。

 
 
   
categoryFEC福岡県人会  time23:51  authorKohagura Erio 

Comments

みやぎ wrote:

 ちゅひさ ちゅひさ(ひとあし)
歩いた 歩いた 歩いた

 ないるうっぴ ないるうっさ
 でいいでしょう。
2014-10-27 time14:05

みやぎ wrote:

pps
今「おきなわ土の宿物語」木村浩子を
パラパラ…絶句しています。 
2014-10-27 time18:08

Kohagura Erio wrote:

みやぎさま
ごぶさたいたしました

「ないるうっぴ ないるうっさ・・・」
「レット・イット・ビー」のような感じでよろしいでしょうか。

伊江島のことを思い出してみました。
何度も通った島のことを。
そこにはいつも、浩子さんがおられました。

次の旅を思うとき、いつも伊江島行きのことが頭にあります。
那覇港を朝7時に出る鹿児島航路に乗って、
いつものように、本部港で朝ごはん・トランジットをして、
そしてまた、懐かしいあの島へ、行きたい、行きたいと。

「土の宿」
もう、囲炉裏に火が灯る季節です。
静かな語らいに更けゆく夕べ。
ぜひ一度、いめんしょり。
2014-11-02 time00:18

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)