2014-06-30

宮森を歩く

   
null

      ブロック塀を越えて飛び出してきたボールを
      ブロック塀を乗り越えて拾いにきたウーマクーが
      またブロック塀を乗り越えて校庭へ戻っていきました

      そんな様子を 50mくらい離れた校門の前で
      微笑みながら見守りました

    


   放課後の時間だったので、校内におじゃまをして、
   「仲よし地蔵」に手を合わせようかとも思ったのですが、
   この日は、学校の周囲を歩かせていただくことにしました。


   校内で、「あの事故」に想いを致すことよりも、
   宮森小学校を見守る街や小路を歩きながら、
   「あの日」に想いを巡らすことにしました。


   「あの事故」、「あの日」がなければ、齢六十を越えていたであろう、
   そんな面影に出会えるかもしれないと思いました。

      



null

null

null

null

null

null

null

null


   「あの事故」が起きた「あの日」。
   児童が、住民が、校舎が、家が、炎に包まれた「あの日」。
   この街や小路がどんな空気に包まれたのだろうと、
   それを想いながら歩き、今の暮らしに目を向けること。

   それは、ウージの野を歩きながら戦世を想うこととはまた違う、
   難しさと、辛さを伴うものでした。

   
   校門のそばで目が合った老婦人の眼は、
   カメラを持つ来訪者を拒むような厳しさを宿していました。
 
   フクギ並木の話をさせていただいたご老人の言葉は、
   日々積み重ねてきた暮らしへの慈愛に満ちていました。





null

   人の暮らしも、過ぎた時間も、そして、基地と隣り合う日常も、
   すぐ近くにありました。



-2013/11/6 うるま市 石川-


  宮森小学校米軍ジェット機墜落事故
  (沖縄県公文書館 web site)
  http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2009/06/post-218.html


   
category2013 沖縄旅日記④ 十月夏小  time23:56  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)