2013-08-25

塩屋湾のウンガミ

   
null

null

null

    静かな秋の陽射しを浴びながら
    蝶を追ったり 猫と遊んだり あまはいくまはい
    静かな日常の中にある その土地を歩いただけで 満足したのですが

    やっぱり一度は見てみたいと思う
    旧盆明け初亥の今日はこの湾で ウンガミだったはず


-2011/10/16 大宜味村 塩屋~田港-






null

   先代のウフバーリー(塩屋区)とフギバン(田港区)はこんなところで
   西からのやわらかな光を浴びています


-九州国立博物館(福岡県 太宰府市)-


 
category2011 沖縄旅日記③ 秋  time22:21  authorKohagura Erio 

Comments

みやぎ wrote:

あらら うちなー風景があるし

田港のお神酒は おいしいと評判なり

安田の「シヌグ」では 数十年ぶりに
村で育てた米でミキをこさえたらしい

さぞや 幸せな酔い心地だったろう。 
2013-08-26 time19:57

Kohagura Erio wrote:

みやぎさま

ゆっくり育てて、ゆっくり作り、ゆっくり味わう。
ちょいと手間ひま、たくさんの智慧。
そんな営みには、自然と神が宿るように思います。

石牟礼道子さんの本を読んでいて、そんなことを思いました。
2013-08-27 time22:34

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)