2013-06-11

それでも、海と-2013

    
null

    軍の長が 最期に見たであろう 見たかったであろう 海

    その眼下の波打ち際や 岩塊の谷間や 海へと至る森に
    民がひしめいていることは おそらく わかっていたであろう

    ひとりの人間の魂へと 静かに問いかける
    軍の呪縛から解き放たれた 人間としての言葉を聞きたい  
    
    「ひとりの人間として どうすればよかったと思いますか?」


-2012/6/29 糸満市 摩文仁-

 
category2012 沖縄旅日記② 夏  time23:57  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)