2013-04-14

流転

   
null

-2013/2/11-


    2年前に大度海岸を訪れたときにも
    この場所に立っていた この穴に目をとめていた

    トーチカ? 秘匿壕? ガマ?
    そんなことを思っても不思議ではない海岸

    手元の資料をめくり ネット検索で
    この土地の名や 戦のことばを辿る
    
    戦が図面の上のものであった跡は 具志頭より東に多く
    戦が身の上のものになった跡は 摩文仁より西に多く
    そんな地図を思い浮かべながら




    この日にふたたび目にするまで そして今も
    自然の造形なのか 人の手によるものなのか
    どんな風に人とかかわってきたのか ただそこにあるだけなのか
    わからないまま



    それでも この土地の名や 戦のことばを辿る中で
    海岸にほど近い 断崖や森や洞穴を訪ね歩いた人たちの 足跡に出会う
    足跡を通して 風化していない歴史の現場を辿る





null

-2011/3/5-


    2年前の写真の中に 漆喰と煉瓦の流転をさがす

    石 草 砂 波 時の流れ  


-大度海岸(糸満市 大度)-


 
category沖縄旅まんちゃー  time20:57  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)