2013-02-03

あっちゃ~あっちゃ~外伝 『ぐるくんずのお笑い公民館』 2012.11.9 ビジュアル版(6)

    
『面影は湯けむりの中に』



null

これくらいまでは しむさ(No Problem)かな?



   じゅぴのり少年が昔、迷路のようなすーじぐゎーを抜けて、
   那覇高校から国際通りへと繰り出していたという回想の中で、
   そんな界隈に、ゆーふるやーがあったという話になった。


    「今も、ありますよね。城岳のほうに」

   なかば強引に、自らの「ゆーふるやー愛」の披歴へと話を引っ張ってしまう。

   今現在、那覇市内で営業している、唯一のゆーふるやー。
   うちなー銭湯、「日の出湯」さん。
   那覇市泉崎。城岳の麓。
   バス通りに並行するすーじぐゎーに、湯けむり。

   その「湯池」に何度か、わたぶー腹を沈め、
   喧騒からはずれた静けさに、旅の火照りを鎮めている。

   定宿のある那覇西町から那覇高校前まで、
   那覇バスの市内線で乗りつけるという知恵がついてからは、
   夕暮れ時から宵の口のちょっとした空き時間にも、心と体が誘われる。
   市外線であっても、開南経由のバスに乗って旭橋へと戻るとき、
   ふと、途中下車をしたくなる。

   今の那覇高校、昔の沖縄県立第二中学校があったこの界隈に、
   こんな憩いの場が残ってる経緯や歴史を興味深く思う、というよりも
   ただただ理屈抜きにうれしく、裸の社交場の永久なることを切に願う。     





null

   この期に及んでマルバイ紳士、火照りから醒めて、ふと思い至る。

    「那覇高校から国際通りへ向かったということは、
     あげっ?城岳とは反対方向ではないか」


   初めての沖縄ひとり旅のときから、思うところあって、
   ゆーふるやーのことをリサーチしていたマルバイ紳士、
   当時の資料をひっくり返す。
   当時でさえ、現役のゆーふるやーは4~5軒であったはずだが。

   「二中前湯」。
   那覇市松尾。

   じゅぴのり少年の目に触れたのは、
   このゆーふるやーだったのではないだろうか。     
    
   幸いにして今でも、「二中前湯」について書かれた1997年の記事を、
   琉球新報のウェブ版で見ることができる。
    県内の銭湯わずか17軒 1997年06月05日

   当時は17軒もあったのか。
   いや、すでに、17軒にまで、減ってしまっていたのか。

   今、「日の出湯」さんとともに、うちなー銭湯の歴史を紡いでいるのは、
   沖縄市安慶田の「中乃湯」さんだけである。





null

   ふたたび、「日の出湯」。

   10年くらい前の国仲さんの目線にへんなーしながら、
   それでもマルバイ紳士、誇り高く、包み隠すことなく、マルバイになる。
   番台の横の、暖簾の向こうで。





null

   ある夏の日には、酷暑の中、識名園を歩き、
   城岳からの夕景を楽しんだのち、汗を流そうと訪れたのだが、
   あいにくの定休日だった。
   (日曜・木曜が定休日。2011年時点)



   城岳では、「二中健児の塔」とも向き合った。

   旧制中学の名は、ゆーふるやーの屋号にもなるほどに、その街の誇りであり、
   また、悲しい歴史をも記憶に刻む。


-1~3枚目:2011/10/14 4枚目:2011/6/16 日の出湯(那覇市 泉崎)-



   ゆーふるやー愛、愛の長編。
   ■2012-03-07 『琉湯人ゆ~フルヤー』 &メイキング』

 
category沖縄旅まんちゃー  time23:56  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)