2012-10-15

うちなーバス旅情 手紙 ~ 新たな旅へ

    
           null

-2010/10/13 那覇バスターミナルから夕陽を望む-

     
     つい先日、こんな写真をポストカード用紙にプリントして、
     用件の最後に、感謝や敬慕の想いを、さりげなく、ひっそりと書き添えて、
     いや、書き添える代わりに、この写真に込めて、
     返信用の240円分の切手を同封して、那覇へと送りました。

     すぐにお返事が届きました。
     さりげなく、ひっそりとお伝えした想いを、
     しっかりと受けとめていただけたことが伝わってくる、
     温かいお言葉が綴られていました。

     『バス運行時刻表』(平成24年3月現在)

     社団法人沖縄県バス協会さんから送っていただきました。
     これが2代目になります。



     自他共に認めるバス旅行(沖縄限定)愛好家。
     系統番号で、だいたいの行き先が分かり、
     初めて乗る路線に心ときめかすバスマニア。

     とはいうものの、最初の頃はやはり、複雑な路線を乗りこなすのに苦労をしていました。
     さらに、一歩家を出ると、移動通信手段や携帯端末を持ち歩かないという原始人。
     大好きなバスに乗るために、その旅で利用しそうな路線のダイヤを、
     旅立ち前にパソコンからプリントアウトし、ときにはエクセルで加工までして、
     道中、後生大事に持ち歩くなんてことをしていました。
     
     そんなスタイルが変わったのが、昨年の夏。
     那覇空港に着いてすぐ、沖縄観光コンベンションビューローの窓口を訪ねたときのこと。
     「バスマップ」の最新版が発行されていませんかと、ほぼ毎回、おじゃまする場所。

     「そんなにバスがお好きならば」と、
     このとき差し出していただいたのが、『バス運行時刻表』(平成23年3月現在)でした。

     そのときの喜びといったら、沖縄旅行初日にして早くも、
     その旅の最高のお土産を手にしたような心持ちでした。
     旅をしながら、柔軟に、果敢に、でーげーに、旅をアレンジできる。
     そんな宝物を手にしたような気分でした。



     その後の旅では、深夜や早朝の宿で、公園のベンチで、はたまたバスの車中で、
     まるでシナプスが結合するように、次々と、旅のプランができあがっていきました。
     アクロバティックな乗り継ぎの成功に、「したいひゃ~」を叫んだり。
     日没の時間とバスの時刻とを両睨みで、ぎりぎりまで、いちゃんだビーチでとぅるばったり。

     そしてそして、どこへでも携行できるこの時刻表、
     活躍するのは旅の途中にとどまりません。
     仕事の休憩時間にも、次なる旅のプランを、
     空想ではなく具体的に、考えたりすることもできます。
     さらに、知人から沖縄バス旅行のアドバイスを受けようものなら、
     嬉々として、綿密にプランニングして謹呈します。



       新原ビーチから、玉泉洞に行きたい?
       百名までは、けっこう登り坂だけど、歩いていい?

       だったら、百名のバスターミナルから・・・、
       そうそう、百名っていうバス停の前を通ると思うけど、
       ここからは別の系統のバスしか出てないから気をつけてね。
       広いバス駐車場があるところが百名バスターミナルだからね。

       ここから、50番系統の那覇行きのバスに乗って、
       長毛(ながもう)っていうバス停で降りてね。
       車内アナウンスをしっかり聞いて、堀川っていうところを過ぎたら、すぐだから。

       そして、長毛で降りたら道路を渡って、反対側のバス停に行って、
       そこで、82番か、83番の玉泉洞行きに乗れば、あとはもう、終点までだから。

       まあ、長毛でうっかり降りそこなっても、港川とか、具志頭まで行っちゃっても、
       82番、83番に乗れるから・・・って、
       いや、まあ、乗る前に運転手さんに、「玉泉洞行きに乗り換えます」って言っておけば、
       やさしく教えてくれるから、大丈夫、大丈夫。

       あっ、でも、ひとつだけ。
       五千円とか一万円とか両替できないから、千円札と小銭をしっかり持って行ってね。

       ところで、玉泉洞から、そのまま那覇まで帰るの?
       糸満とか南風原とか、寄っていかない?



     こんな感じやいびん。
  

  
     さて、この時刻表を開いて、また、次の旅の準備を始めましょうか。

     最近は、年のせいか、いや、やりたいことが多すぎて時間が足りないせいか、
     西町の民宿から那覇の街に出るときにも、
     那覇港前バス停から、市内バスのお世話になることが増えました。

     さてさて、西町から上之屋に行くには、3番系統で泊高橋まで行けばいい、と。
     で、帰りはけっこう遅くなるけど、上之屋発23時07分の23番系統で、
     バスターミナルまで戻ればいいか。

     などなど。





    null

-2012/3/24 ベンチにて行程手直し中 (いこいの市民パーク・宜野湾市)-

     こんな場面も、また、増えるんだはず。



    (追伸)

     台風被害があった地域の路線、通常運行に戻れているのでしょうか。


-Special Thanks-
  社団法人 沖縄県バス協会さま

 
category沖縄旅まんちゃー  time23:59  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)