2011-11-13

秋の踊り

    
          null
    null
    null
    null
    null
    null
          null
    null
    null
    null
    null
    null



    現代版組踊『肝高の阿麻和利』を、昨春の福岡公演、
    そして、昨秋、念願叶って、かっちん城(勝連城跡)公演で見ることができた。

    クライマックス、カーテンコールとともに、もう一ヶ所、
    涙腺までは行かずとも、温かい何かがこみ上げてくる場面がある。
    それが、平敷屋エイサーの登場する場面。
    もちろん、踊るのは、うるま市の肝高の子たち。

    2010年1月の福岡公演を見たときには、
    まだ、平敷屋エイサー自体を知らなかったような気がする。
    というのも、その直後の2月に、初めて勝連城跡を訪れた際、
    与勝中学校の壁に描かれた絵を見て、「ああ、これだ」と思ったくらいだから。

    なので、「温かい何か」がなんなのかは、今もって分からない。

   
    勝連城跡で壮大な朝を堪能した後、与勝半島を一路南東へ、平敷屋まで歩いた。
    途中、「きむたかホール」を過ぎてからは、ちょっと、海やフェンスへ近づきすぎたが。

    西に中城湾、東に金武湾を望む緩やかな坂の印象とともに、
    短い時間ではあったが、平敷屋の空気を肌で感じた。  

    そして、その後、時が経つにつれ、
    平敷屋エイサーをこの目で見たいという想いが日に日に強くなった。




    『琉球と袋中上人展 - エイサーの起源をたどる』
    毎日でも通いたいようなトピック展示が、この秋、九州国立博物館で行われている。
     (年間パスポートを持っているので、なんだったら、本当に日参することもできる)

    そして、そのポスターを初めて見たとき、
    「したいひゃー!」と叫んだか、カチャーシーを踊ったか、はたまた、島酒で祝杯をあげたか。

    「袋中上人とエイサー・檀王法林寺」と題された講演会に併せて、
    「うるま市無形民俗文化財「平敷屋エイサー」公演」、とあるではないか。

    勝手知ったるホームグラウンドで、数日前から、
    円いものはすべてパーランクーに見える日々を過ごす。
    左右の脚の上げ方がそれっぽくなる。
    その場で回ってみたくなる。



    晩秋とは思えない陽気が続く福岡、
    今日もTシャツに薄手の長袖シャツでちょうどよい日曜日だった。 
    青年会ではなく保存会の「二才達」をお迎えするのにはちょうどよい。
    しかし、エントランスホールの石の床は、裸足には少々、冷たいだろう。
    日の当たる外のベンチで、島サバでくつろぐ保存会の「二才達」に、
    一方的な目礼と、敬慕の眼差しを送る。




    自然光を採り込む構造の館内の、ほどよい明るさの中、
    午前と午後、二回の演舞。
    飾られている博多祇園山笠の飾り山とのコラボレーション。 

    高い天井に、地謡の三線、そして、パーランクーが、二重三重に反響して、空気を震わす。
    視線はパーランクーや、少し反った形のバチの動きから、やがて足元へ。
    その場で足踏みしながら回っているだけかと思ったら、
    その足の運びの優美かつしなやか、そして、強靭なことに驚く。

    お一人お一人の表情に、平敷屋の風景を重ねる。
    海の空気、畑の空気、西の空気、東の空気、そして、肝高の子たち。




    演舞の前後に、という書き方は失礼なのだが、
    このような講演も聴くことができた(敬称略)。


     講師:信ケ原雅文(檀王法林寺住職)
     演題:檀王法林寺-京都と沖縄の架け橋になって-

     講師:石川登志雄(伝統文化財保存研究所代表)
     演題:袋中上人と檀王法林寺の宝物

     講師:園原謙(沖縄県立博物館・美術館主幹)
     演題:エイサーの過去・現在・未来

  
    檀王法林寺ご住職のお話の冒頭に、同寺の所在地について、
    「鴨川があって・・・、三条通の・・・、三条大橋を・・・」とのご説明があった時、
    久茂地川と、国際通りと、蔡温橋・・・、などという雑念が去来した以外は、
    非常に濃密で貴重なお話を拝聴できた。

    じつは、袋中上人が琉球を発って以降のことにはあまり関心が向いていなかったのだが、
    伏見で尚寧王に会っていたという話から、がぜん興味が沸いてきた。


    そして、エイサーの歴史についての園原謙主幹のお話は、
    平敷屋エイサーを目の前で見た感動に比肩する、深い印象とともに心に残った。

    1956年の「米琉親善全島エイサーコンクール大会」と、
    その後のエイサーの隆盛をどう見るかは各自の嗜好や価値観に拠るべきものだろう。

    しかし、その間の空白と、それ以前のエイサーとの断絶の歴史については、
    エイサーを愛し、沖縄に想いを寄せる者ならば、必須のこととして知っておかねばならないと、
    今日初めて知ったような者ではあるが、声を大にして訴えたい。

   ※ これに先立ち、1953年、初の全島エイサーコンクールが行われたとのこと。
     (出典:平敷屋公民館 web site)



   
    あまりに濃密な一日に、いつにも増して、とりとめもなくなった。


    使い込んだパーランクーは、どれも美しく、象牙色から黒褐色に光っていた。
    裏面に油性ペンで、「平保」と書かれているのが目に付く。
    門中か、屋号か、はたまた、より小さな集落単位の名前か、などと思案した後、
    「ああ、平敷屋保存会の略か」と気づき、得心苦笑する。


    またどこかで、できれば平敷屋で、お会いしましょう。
    来週には、新しい阿麻和利さま(6代目でしたか?)も誕生するそうですね。

   



    null

外に出て我に返ると、少しずつ透明感を増す秋の夕暮れだった。



-2011.11.13 九州国立博物館 (太宰府市)-


-Special Thanks & にふぇーでびたん-
  平敷屋エイサー保存会の皆さま


          
category片想いの軌跡  time23:54  authorKohagura Erio 

Comments

南禅寺の湯豆腐 wrote:

 なんと平敷屋のエーサーじゃないですか。見たかったな、わざわざ勝連まで行って見たことがあります。コザ辺りの凡百・・といったら怒られるかもしれないが・・のエーサーと異なり、力が内向し凝縮していてたまりません。
 13日だったのか、陶芸の窯開けの日だったので、どちみち無理だったかな。
2011-11-17 time21:09

Kohagura Erio wrote:

南禅寺の湯豆腐さま

やはり心惹かれる何かがあるのでしょうね、平敷屋エイサー。
宵闇の中に浮かび上がる舞を、私も一度、見てみたいものです。

もしや、当時、勝連でお会いになった青年会の方が、
今回、保存会としていらしていたかもしれませんね。
・・・というほど、遠い昔の話ではないかもしれませんが(苦笑)

「力が内向し凝縮」。
その真髄のひとつを、足の運びに見たように思います。
(5枚目の写真、手前の方の足先の、柔にして剛なこと!)
2011-11-18 time22:21

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)