2011-02-22

そしてどこまで行こう

   
     null

     雨上がりの太陽を 
     ガジュマルの向こう 雲の向こうから 不意に差してきた太陽を
     富盛の石彫獅子と二人きりで見た朝が
     今日に至る沖縄の旅の 始まりだったように思います

     その前に
     白梅学徒看護隊之壕や 八重瀬グスクを訪れたときは
     まだ 自分の足で立っていなかったような
     まだ こわばった呼吸をしていたような
     まだ 生命の気配さえも静寂と感じていたような
     そんな朝でした

     雨上がりの落ち葉の上を這い回る
     カタツムリたちを踏まないようにと
     それくらいの正気を恢復して
     濡れた土の上を歩き出した
     一日の始まりでした


     今 そんな朝を思い出す 旅の支度の中にいます


 

        何も見ない 何も知らなかった
        あなたにここで出会うまでは
        そしてどこまで行こう

                     『アジアの花』/ザバダック
                       作詞:新居昭乃
                       作曲:上野洋子


-2008/3/18 八重瀬町 富盛-


 
category2008 沖縄旅日記  time23:25  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)