2010-12-18

うちなーバス旅情 番外編 「拝啓 菅直人様」

  
null

-2010/2/19 名護市 辺野古-


    この寒い中、暖かい沖縄への旅、お疲れさまでした。

    空からの視察はいかがでしたか。
    住民の熱い声も聞こえず、寒々とした味気ない視察だったことと拝察いたします。



    僭越ながら、次回はぜひ、県民の足、路線バスをご利用ください。

    辺野古の浜へお越しの際は、「辺野古」バス停が最寄です。
    那覇市からでしたら77番系統、うるま市や名護市からでしたら22番系統も出ています。
    
    バス停から浜まで歩かれる途中で、推進派の方の声に耳を傾けるのもよろしいでしょう。
    民主主義国家ですから。憲法上は。
    鳩山政権下で一度下ろした看板を、また掲げてあるそうなので。
    賛成の声の中に、反対の本質が垣間見えることもあるかもしれないので。

    辺野古からキャンプ・シュワブまで足を延ばすのあれば、同じく77番か22番で、
    名護市役所へ向かって二つ目の停留所が「第一ゲート」、三つ目が「第二ゲート」です。
    集落から本当に近いです。
    目と鼻の先の距離です。

    ただ、キャンプ・シュワブそのものは相当に広いので、
    歩いて見て回るのはナンギかもしれません。

    ちなみに、海上からのご視察でしたら、
    「作業船」よりも、カヌーの方をお勧めします。
    「作業船」は神出鬼没で、なかなかチャーターできないと思います。

    日によっては辺野古の浜からも、鉄線越しに、
    水陸両用者などが走り回る様子も、間近にご覧になれると思います。
    その向こうの、基地敷地内に見える真新しい建造物については、
    防衛省や財務省、外務省を所掌する補佐官、もしくは所管大臣からのご説明、
    あるいは、アメリカ合衆国大統領からの感謝の意などで、よくご存知のことと思います。



    それから、普天間にも、これから足繁く通われることでしょう。
    いつか、「普天間」バス停から77番に乗られて、辺野古までの道中、
    キャンプ瑞慶覧や、キャンプ・マクトリアスや、キャンプ・ハンセンや、北部の演習場などを、
    車窓からでも、ご覧になるのもいいかもしれません。



    あ、しかし、菅さんのご趣味はお遍路だったような。

    ご多忙中かとは存じますが、ぜひとも、センチメンタル・ジャーニーではなく、ご在任中に、
    ご自身の脚で、沖縄を歩いてご覧になってみてください。

    クバ笠、お似合いになると思います。
    まだ、今なら、たぶん、ギリギリ。



    以上、いかなる政治的意図もないグヮーシーした、
    沖縄のバス旅行を愛する旅人からの、
    のんびり、ゆったり、気ままなドゥーカッティー流「おきなわベタープラン」のご紹介でした。




    追伸
    バス車内では二千円札以上の両替はできません。


 
category2010 沖縄旅日記① 春  time23:55  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)