2010-08-05

目からよだれ 耳から83.2MHz

   
null

     今年の夏が ピークの力を誇示している
     福岡県は筑紫平野の 今日この頃

     沖縄の炎天下を歩き回るのとは違い 照りつける太陽はないものの
     沖縄の夜を満喫した翌日とは違い 二日酔いはないものの

     なかなかに堪える 肉体的疲労の日々
     冷えたうっちん茶は 汗の後でもでーじまーさん
      


     ひとときの クールダウンの夜
     今週「ちゅらじお」で パソコンに録り貯めておいた
     FMとよみの番組を ビール片手に聴いています



     ボギーさん

     そのままの調子で、愛されるキャラで、
     番組を心地よい変拍子のリズム(?)に乗せてがんばってください。
     夏休みの宿題は、『八重山手帳』を二ヵ月分くらい先まで予習しておくこと、かな?
     さっき、ニーブイしかかりながら、
     「オリオン・スペシャル・エックス」24缶箱をネットで注文しました。
     ヨイショー!

     恒慈郎さん 大輔さん
     古典の醍醐味を満喫しました。
     男三人の声のハーモニー、ジャズ的に言うと、
     テナーとバリトンだけのサックス・アンサンブルのようで、
     なかなか妙なるものがありました。

     余談ですが、唄者、ミュージシャンの皆さんは、
     夜がたいへんで、ゆえに、朝はもっとたいへんであることは、
     『URUKAの島めぐり時間』を聴いている中で実践で学びました。

     みかさんも当然、入っているさいが。



     パーランクーサーランクーさん・・・じゃなかった、
     アゲナさん しょうこさん

     長崎・熊本あたりの面白い方言エピソードをお届けします。
     月曜日の生放送中はしばらく無理なので、日曜日にでもメールにて。
     津堅島にも行きたくなりました。
     今春、平敷屋までは足を延ばしたのですが、
     ホワイトビーチをスーミーするというテーマに時間を要しすぎました。

     なお、明太子入りニンジンシリシリー(特許申請中)は、
     以前お世話になった、職場の独身寮の寮母さんからアイデアをいただきました。
     冷めても美味しいというのはまったくそのとおりで、
     よく、お弁当にも入っていました。
     ただ、寮母さんは生粋の博多っ子で、その当時、シリシリーとも呼んでいなかったので、
     伝来ルートは謎のままです。   

 

     ともじさん ひとささん

     「照屋家の群像」というテーマで、「うちゃぬく歳々的お話」ができそうですね。
     そして、「それぞれの首里城ツアー」、ロケ地や沖縄側の登場人物が目に浮かぶだけに、
     その情景までも想像でき、パソコンの前でも笑いのリアクションでした。
     琉球創世記(?)も、壮大なスペクタクル、はたまた、荘厳なる神話というよりも、
     まるでマンガを読んでいるように楽しめました。
     ちなみに、あの言葉、
     貴人がお出ましになる際の、「何某さまのおな~り~」という口上もありますし、
     何よりも謂れのはっきりしている歴史ある言葉なので、
     必要以上に連呼さえしなければいいのではないでしょうか・・・?

     なお、本日、文化事業部あてにお便りを出しました。
     立秋を過ぎてから、暑中見舞いが届くかもしれません。
     若干、ウケ狙いです。




     ありゃ?
     それで 写真とタイトルと今日のお題は どういう脈絡で
     いったい何だったっけ・・・?


     山羊汁食べたい・・・ でした


     さきほど 耕作放棄地に山羊を放して除草するという
     福岡発のローカルニュースを見ていて つい・・・


     刺身も・・・ 食べたい・・・


     食べに行く日まで・・・ アララガマ!


-2009/6/29 那覇市 真地-


-Special Thanks-
  FMとよみ(沖縄県豊見城市 83.2MHz)
  ちゅらじお(沖縄発インターネットラジオ http://www.churadio.com)
  パーソナリティ&ゲストのみなさま

 
category2009 沖縄旅日記② 夏  time23:58  authorKohagura Erio 

Comments

たかだしょうこ♪ wrote:

毎度「FMとよみ」ご贔屓に、にふぇ~で~びる。

にんじんシリシリー、勝手に我が物顔で紹介いたしましたが、ちゃ~んとうちなーむんとして定着するよう、頑張りま~す。

コンブのように「明太子消費日本一」の県を目指しますっ!!
2010-08-06 time08:46

Kohagura Erio wrote:

しょうこ♪さん

ようこそ!よう来んしゃった!!
福岡発どぅーちゅいむにーを見つけていただき、ありがとうございます。

「コンブのように」とは、さすが、琉球的発想ですね!
うちなーむんの仲間入りが実現した暁には、
沖縄の食堂で、シーブンに「明太子シリシリー」の小鉢がついてくるような、
そんな時代が訪れるかもしれませんね。

ちなみに、原料のスケソウダラ(すけこ)は、コンブの北海道よりもさらに北、
ベーリング海あたりで獲れるロシア産が主力だそうです。
海を渡って、電波に乗って(?)、南と北の味覚の出会い。
島のニンジンと明太子の消費拡大につながればうれしい限りです。
・・・というか、この料理法、どれだけでも食べられてしまいますよね。

それでは、私の方は「美らキャロット」産地のどぅし小と組んで、
「明太子シリシリー・トッピング・タコライス」の商品化を、
よんな~よんな~目指します!

しょうこ♪さんも博多まで、ぜひぜひお越しください。
上等サバニに明太子を満載して、沖縄へ届けてください!?☆

P.S.

今朝の沖縄の空模様や、中空を彷徨うサザエ!の民話等々を、
時間差で聴かせていただきました。
そして、もしや・・・
「ボロジノ号」がはるか昔に、大東島へ「ロシア名物塩蔵たらこ」を伝えていたりして???
2010-08-07 time00:30

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)