2010-06-06

オキナワ狂想譚 ~ ふたつのシナリオ

  
    null

    null

    null

    null




 《シナリオ1》

  ゆきお 「くぬひゃー・・・」
  なおと 「・・・?」

  ゆきお 「わったーシマに入らんけー!」
  なおと 「はっさ!でーじわじわじーしてから」

  ゆきお 「たっくるさりんどー!」
  なおと 「でーじなってる!?」

  ゆきお 「・・・ちょっと、浦添まで行ってきましょうねぇ。『お笑い米軍基地』、あるやっさ』
  なおと 「あいえな~!・・・まだ、朝やし!」

                                                     (完)




 《シナリオ2》

  ゆきお 「おきなわの負担軽減、対等な日米関係」
  なおと 「お、やる気ですな。
       ・・・とりあえず私は、国家戦略なんとかかんとかの方を」

  ゆきお 「ふてんまの移設先は国外、最低でも県外」 
  なおと 「大丈夫ですか。まあ、選挙の時に言ってましたよね。
       ・・・え?・・・財務省も私がやるんですか?」

  ゆきお 「へのこの海を埋め立てることは、自然への冒涜」
  なおと 「いや、しかしですね、おかだくんも、きたざわくんも、まえはらくんも、ひらのくんも、
       心配してますし、正直、どうしたらいいか分からないって。
       ふくしまさんも、なかいまさんも、いはさんも、いなみねさんも、約束は守ろうねって。
       そういえば、おばまさんにも、なんか、約束してましたよね。
       ・・・いや、まあ、私は副総理として、内閣を支えますけど」

  ゆきお 「やっぱ、辞める。やーめた。みんなが聞く耳を持たなくなったもん」
  なおと 「えっ!ちょっと、突然すぎませんか。はぁ、おざわさんも一緒に、って。
       ・・・あ、だから、そんな、『日米、日中、日韓のことをしっかり』ってねぇ。
       そんな、メモ一枚で済む話じゃないでしょ!」

                                                     (菅)




   そんな、メモ程度で、中途半端な引き継ぎで、既定路線を踏襲させられるくらいなら、
   いっそのこと白紙で丸投げしてもらった方がましだったのでは、などと思うのですが。
   あ、いや、それは、昨今、現実に政治の世界で起こっている話であって、
   本編のマヤーの物語とは一切関係ございません。

   ついでに、《シナリオ2》末尾の「完」が「菅」となっているのは誤植ではございません。



-2009/6/27 那覇市 ~「お笑い米軍基地5」浦添公演の日の朝-

  
    
category2009 沖縄旅日記② 夏  time23:57  authorKohagura Erio 

Comments

マル金 wrote:

Kohaguraさま
目線がないちゃ~ですよ。

頭だけすげかえて・・・
収束に走る。現政権、菅さんは仲間だと思っていますが・・・、「鳩山」を継承するならば、
今の沖縄は「怒」です。

そして、これは僕の推察ですが
いつのまにか、その「怒」が萎えていく・・・

頼りは、Kohaguraさんをはじめとする
沖縄の行く末を憂れいている皆さんです。

こっちもがんばるので、よろしくございます。
2010-06-07 time01:14

Kohagura Erio wrote:

マル金さま

「日米合意」がスタートラインという動きですね。
そして、世論もマスコミも移り気で、
瞬時にして、参院選だ、ワールドカップだ、となるのでしょうか。
新内閣も顔ぶれも、外務、防衛、沖縄担当・・・鳩山内閣と変わり映えもせず。

個人的に、これまでの菅さんの歩みは好感してきました。
しかし、すでにオバマさんとの電話会談で、
「トラスト・ミー」に限りなく近い言葉を発したとか。

もはや、アメリカと対等に、かつ、戦略的に渡り合える、
そして、歴史に学ぶ政治家はいないのかと、不安を通り越して悲観的にもなります。

鳩山内閣の面々が引き続き政権の中枢に残る以上、
今年の5月までの経緯について、民主党内からの客観的な総括は期待できないでしょう。

願わくは、鳩山さん、もしくは、平野さんが個人として、
暴露話なんていう下世話なレベルではなく、
どこでボタンを掛け違えたのか、何について認識が甘かったのか、
アメリカから何を言われたのか、何が言えなかったのか、
洗いざらい、真実を明らかにしてもらいたいものです。

いや、しかし、本文にも書いたとおり、あんなメモ切れ一枚で、
これまでのことを既定方針にしてしまう姿勢、
そして、「日米合意」という既成事実を作ってから、
後継の手足を縛ってから辞めてしまうというやり方には、
やはり「怒」が沸いてきます。

菅さんには一縷の望みを託して見守ります。
菅さんもダメだったら・・・、正直、望みを託せる方が思い浮かびません。

寝る前にしては、ちょっと熱くなってしまいました。

唐突ですが・・・
南風原の上空を、陸上自衛隊のヘリが飛んだりするようなことはありますか?
米軍のヘリが飛ぶことはないだろう・・・というのが、ないちゃ~目線なのですが。
2010-06-08 time01:11

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)