2010-03-31

Tomorrow

   昨日・・・
   正確には日付変わって、今日のAM 0時から30分間、
   いつもと同じように、ラジオから届く声に耳を傾けた。


null

福岡空港の影長く



   このところの沖縄旅行は、いつも火曜日に完結する。
   いや、させている。


   理由のひとつは、
   沖縄最後の夜を必ず過ごしたいお店が、日曜定休だから。
   (しっかり休むのも、間もなく42周年を迎えるという長続きの秘訣)

   というわけで、月曜日の夜は必ず、那覇西で飲んでいる。


   もうひとつの理由が、
   福岡の自宅で、火曜日の深夜に、
   『音の匠たち 普天間かおりのぬちぐすいラジオ』
   を聴きたいから。

   疲れ果てて、眠い目を擦りながらという日もあったけれど、
   かおりさんの声を聴くと、疲れが吹っ飛んだ。
   旅の終わりに訪れてもおかしくない、三日間くらいのチルダイ状態を、
   たぶん、未然に防いでくれた。




null

最寄の高速バス停。自宅まで、荷物の重さが堪えます



   そんなこんなで、沖縄旅行は、
   『ぬちラジ』(みんな略して、そう呼んでいた)とセットになっていた。
   ラジオの前で完結していた。

   無事に、穏やかに、雲の上にソフト・ランディング。
   
   沖縄の旅の記憶はすべて、かおりさんの歌、笑い声、
   そして、番組の最後に流れる「Tomorrow」とオーバー・ラップする。

   声の、メロディの、プルースト効果。
   (サーターアンダギーや、島らっきょうや、「ぎぼまんじゅう」の香りも、少し混じる)




null

那覇西の夜明け




   初めての沖縄旅行での、
   普天間かおりさんとの運命的出会い。
   (それが、たとえポスターであっても、運命は運命)

   それから、ちょうど2年。

   博多駅のホームで終電を待ちながら、
   刻々と進む九州新幹線駅の工事を見上げながら聴いたこともあった。

   終電にさえ乗り遅れそうで、ビル街を走りながら、
   それでも、電波を拾うためにビルの谷間で立ち止まって聴いたこともあった。

   枕元のノートに速記でメモを取りながら聴いて、
   翌日、那覇西のおかあさんに報告したこともあった。
   (翌週以降、チューナーとともにMDレコーダーも稼働するようになった)

   その間に、福岡で、ライブやイベントでの幾度かの出会い。
   つい先日、那覇で、半径3km圏内での、「あきさみよ~」のすれ違い。


   そんな、たくさんの思い出に浸りながら。

   『ぬちラジ』は、ひとまずの区切り。



   いつもと同じ、明るいエンディング。
   アルバム『Precious』の中から、「Tomorrow」を聴きながら。

   「みんなにいいことがありますように」というメッセージ。   

   最後のひとことが、
   いつもと、少しだけ、違っていたかな。


   「いつか どこかで 必ず お耳にかかりましょう!」


-Special Thanks-
  普天間かおりさん
  しろまのおかあさん
  KBCラジオさん

 
category音楽  time23:59  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)