2010-03-22

うちなーバス旅情 98番

 
null

   きっと
   『独裁者』のいた時代を生きて
   『モダンタイムス』のように働いて
   『ライムライト』のような恋をして
   『霊泉』顔負けのお酒も飲んだかもしれない
   チャップリンのような立ち姿のおじさんが
   R331の「我那覇」バス停で ダンディーにバスを待っていた



   「とみぐすく南」へと向かう私は
   伊良波で買った 田芋や芋餅のパイが入ったホカホカの袋を手に
   チャップリンおじさんの横を通り過ぎて
   名嘉地インターを見上げながら 県道68号線の「我那覇」バス停へ

   11時を過ぎて ヘッドホンから聞こえてくるのは
   パーラナイサーラナイのお二人の声



null

夕暮れ時 この日二度目の 98番乗車


   豊見城めぐりは 肝どんどんの『島めぐり』
   忘れ物して また 豊見城めぐり

   心は83.2MHz
   「沖縄手帳」はテーブルの上

   昼前にも立っていた 「我那覇」バス停から
   もう一度 同じ98番に乗ったり




null

去年の夏 この坂を歩いて 「FMとよみ」へ さらに 瀬長島まで行くつもりだった 無謀だった


   小禄の坂を 奥武山へと歩いて下っている頃には
   すっかり日も暮れて

   たくさんの土産話を持って
   いつもと同じ 沖縄最後の夜 しろま食堂の夜
   沖縄最初の夜と同じ しろま食堂の夜




null

一週間は短かったです さて 何からお話ししましょうか

 

-2010/2/22 豊見城市-


-Special Thanks-
 「FMとよみ」さん
 URUKA(砂川美香さん&宜保和也さん)

 
category2010 沖縄旅日記① 春  time23:59  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)