2010-02-05

宜野湾の朝青龍

 
null

南方の樹が 北風と太陽の中で踊る 台風と違い 乾いた青空の下で 真冬の福岡


 
  太陽のような男が 北風のように去っていった
  太陽のような温かい赦しを受けられず 北風が吹きつけるような厳しい裁きを受けた
  太陽が北風に勝った あの童話とは逆に



 21インチのブラウン管テレビで見る、土俵の上の朝青龍が好きだった。
 豪放な格闘家として好きだった。奔放な人間として好きだった。
 華麗にして力強い、闘争心溢れる勝負が、ただただ、爽快だった。
 型にはまらない感情表現が、痛快だった

 正と邪、善と悪、美と醜、ましてや、相撲道や「品格」を論ずるつもりはないし、
 その資格もないと自覚している。
 それらは、有識者や、評論家や、好事家や、道徳家や、マスコミに任せておく。

 巷間漏れ聞こえてくる、土俵外の朝青龍には興味はなかった。
 それらは、ワイドショーや、週刊誌や、スポーツ新聞に任せておいた。

 という、好き勝手な言い分である。
 こういう相撲ファンや取り巻きこそが、彼を「増長」させてしまった、
 そんな論調が多数を占め、歴史の評価として定まっていくのだろうか。

 だが、ひとつだけ。
 もし、最後の暴力事件が「事実」であるならば、
 朝青龍を愛する私としても、ここに至った結末に異論はない。
 それなりの地位にある社会人であれば、だれでも同じ顛末となって然る事案と考える。
 私なりの正と邪、善と悪、美と醜の感覚に当てはめてみても。

 ただ、それはあくまでも、「もし」の話であって、
 「真実」が何であったのかは、土俵外の朝青龍に興味のなかった私には、
 やはり、わからない。

  「本場所中に、それも未明まで、人目に付くところで飲んでちゃだめだろう」

 私の中の、そして、私が横綱に求める「品格」とは、その程度のものだ。
 これまでの「不祥事」とされてきた数々のお騒がせは、他者を傷つけなかったという限りにおいて、
 私の中では豪放磊落、自由奔放の枠内に収まる話として記憶される。

 そして、
 
  「人間らしい、たくさんの無様な姿も見せてくれて、ありがとう」



 日本の国技。
 その頂点を極めた者に求められる「品格」。


 日本の国技である大相撲が、今の日本の写し鏡だとするならば、
 数々の不祥事や、旧態然としたしがらみが白日の下に出てきている昨今の相撲界は、
 まことにもって同時代性を帯びた、ありのままをあからさまに見せてくれる世界だと思う。

 一方で、横綱審議委員会が錦の御旗とする「品格」なるものは、
 偶像化された横綱にとどまらず、相撲界で続発する不祥事や、時代遅れとなった慣習に対して、
 現実的な「規範」として機能してこそ、その存在意義があると思う。いや、機能せねばならない。
 理念だけを声高に叫んで、現実から遊離している観念では意味がない。
 正と邪、善と悪、美と醜を包含する現実を直視して。
 現実とがっぷり四つに組んで。

 相撲界は今回、より深い懐を持ち、生身の人間をありのままを直視した、
 そんな「品格」像を描いていく試金石となりうる、
 多面性を発露しつづけた稀有な原石を失ったように思う。




null

 朝青龍の写真が、たった一枚だけ、手元にある。
 宜野湾市の佐真下公園で、偶然に撮影した。
 三場所ぶりに出場した初場所で復活優勝し、物議を醸した、例のガッツポーズのシーン。

 撮影したのは昨年の2月の終わりのことだった。
 場所も、時間も、まったく見当違いな場面に突如、朝青龍が現れたことに、
 唖然とし、やがて、失笑したことをはっきりと覚えている。

 だからこそ、
 沖縄国際大学の米軍ヘリ墜落現場と、嘉数高台との間を歩いた道程の記録の中に、
 こんな写真が一枚、紛れ込んでいる。

 繰り返しになるが、ここは、宜野湾市の佐真下公園の、少し高台になった展望台である。
 地図の上では、普天間飛行場に隣接しているように見える。
 しかし、展望台とは名ばかりで、繁茂した木々の葉に隠れて、
 基地の中は何も見えず、ただ、静まり返ったゲートが見下ろせるだけ。

 そんな場所に、スポーツ新聞の一面をコピーしたらしき、大仰な活字に覆われた朝青龍と、
 何が書いてあったか記憶に残っていない大学ノートのコピーが、無造作に放り出されている。
 初場所の千秋楽から、一ヶ月以上が過ぎた日に。

  誰が、何の意図をもって?
  単なる忘れ物?
  心ないゴミ?



null

 今になって、こんなことを考える。


 相撲界の、国技の、錦の御旗である「品格」は、
 結局、朝青龍という「現実」を制御できなかった。


 
  日本の国是である平和憲法は、この目の前の、
  基地という「現実」とどう向き合えばいいのか。

  さらに、基地問題の向こうには、いや、もっと身近に、
  正と邪、善と悪、美と醜を包含する「現実」と対峙していない、
  ゆえに、「現実」への感度が鈍ってしまった理念だけの平和、観念だけの平和が、
  実体のない「平和国家」の危うさが見えるような気がする。

  もっと明快に、自分の言葉で、その意図するところを述べられるようにならねばならないのだが。


 もちろん・・・
 暴力による解決という立場に対しては、私は、朝青龍の結末に向き合ったのと同じ態度で臨む。

  (朝青龍がもしも、本当に手を出したのであれば、であるが・・・)

  (本当はこの写真、晴れやかな引退の時に使いたかった・・・)

-2009/2/28 宜野湾市-

 
category2009 沖縄旅日記① 春  time23:54  authorKohagura Erio 

Comments

マル金 wrote:

Kohagura Erio さま

「朝青龍」の突然の引退、びっくりしました。
でも、突然じゃなくて必然です。と思いました。
強い朝青龍の強すぎる朝青龍が、好きじゃなっかたです。

でも、「引退」の報道を聞いたときに、「まさか?」と思いました。
にわかに、「やっぱり」とも思いました。「日本人」じゃないからと言う訳ではないですよ。

「朝青龍」は「うちなーんちゅ」にたとえれば、「うーまくー」です。
でもその「うーまくー」が頑張ったんですよねー日本の国技の「大相撲」を盛り上げるために。

ところで、「朝青龍」、「貴乃花」、「千代の富士」、「北の湖」、「大鵬」、「輪島」誰が強かったのでしょうか?。ついでに「曙」、現実に対戦することは出来ないけれども興味があります・・・、今ならコンピュータを使って、シュミレーション出来るかも・・・
2010-02-07 time01:36

Kohagura Erio wrote:

マル金さま

この件に関しては、私の発言は支離滅裂、あるいは皮相的になってしまいます。

おそらく、彼を愛する私と彼とは、どぅしぐゎーにはなれないと思います。
ただ、私が彼に対して抱く感情の中には、
「自分が持っていないものを持っている者への憧れ」があるように思います。

私は彼のように奔放に振る舞うことはできず、強くもなく、戦うこともできません。
社会生活における多くの場面で私は、
たとえ本意ではないことでも、物事を穏便に済ませてしまう性格です。
対立や軋轢を恐れずに、自らの意思や価値観を貫くべき場面においてさえも。

 どぅーちゅいむにーを続けます。

後段の部分は、とりわけ、唐突に「平和」という言葉まで持ち出しておきながら、
うまく論旨がまとまらず、消化不良でした。

述べたかったことは、
きれいごと、「絶対善」がまかり通る、あるいは、「臭いものには蓋」的な、
今の日本の世相へのアンチテーゼです。
やっていいことと悪いこと、それも、TPOによって様々であるのに、
最初から「絶対善」「絶対悪」がマニュアルのように用意されている。
しかも、その「絶対善」が「現実」を踏まえているのか大いに疑問で、時に詭弁が潜んでいる。

・横綱の品格 ― 朝青龍、
・平和憲法 ― 清濁併せ持つ人間のありのままの姿

この二つを対置してみたつもりでしたが、
う~ん・・・やはり、言葉足らずというか、上滑りになってしまいました。

その結果、一部の方には、
「現実=世界情勢と向き合う、すなわち、平和憲法を変える」
そういう論旨と受け取られたかもしれませんが、そうではありません。

平和憲法を堅持するためには、平和に真剣に向き合うには、
 「テロリストがなぜテロに走るのか、そして、その思想背景は?」
 「独裁者は何を考えているのか、独裁国家の人民は何を考えているのか」
 「年間3万人が自殺する現代日本、
  旧日本軍的な組織原理や行動様式が息を吹き返してはいないか」
そういう「現実」の実相を見つめて、考えなければならないと思うのです。

そんなこんなで、私の沖縄旅行は、
美しい自然、肝清らさんとの楽しい出会いと同等か、それ以上に、
そして、とぅじの理解を超えてしまうほどに、
戦世の跡や、基地を歩いて回るということに重きを置いてしまうのであります。

 あいえな~!
 ブログ本文の一回分くらい、語ってしまいました。

最後に。
間もなくお目にかかるであろう、伊江島の木村浩子さんの著書から、
一節を引用させていただきます。

 「人間本来の姿は、素朴で優しく、白を白と言えるものであると思う。
  それは、土に近く住む人に、より多く感じられるのではなかろうか。」
                       『おきなわ土の宿物語』(小学館)

 朝青龍は・・・
 モンゴルでは草に近く住み、
 日本では土俵の土に近く住み、
 やがて、土から離れていってしまった(負けないし、稽古しないし)。
 その歳月の中で、本来の素朴な優しさを忘れ、
 黒いものも白と言わせる人間へと変わってしまった・・・。

少し、頭の整理がついたような気がします。
最初からこう書けばよかったかな・・・?

とぅるばりつつ、体が冷え切ってしまいつつ・・・
ひ~さむ! おやすみなさいませ。
2010-02-07 time03:09

マル金 wrote:

Kohagura Erio さま

世の中に悪い人はいない・・・
イヤ、悪い人になるために生まれてきた人はいない・・・いわゆる「性善説」です。

自説ですが、南風原文化センターはその「性善説」で動いています。
イヤイヤ、このような話は職場(南風原文化センター)内で一度も議論したことはないのですが・・・。

そう思いながら、働いている文化センターに何の違和感もありません。どきどき、わくわく、しめしめ、楽しんで仕事をしています。

さて、「性善説」の対抗として「性悪説」があります。一部の人たちは何故、「悪」になるのでしょうか?はなはだの疑問です。その人が置かれている環境でしょうか?それとも、人間のなせる技の故でしょうか?

なんとも、難しい命題です。1+1=2です。1-1=0です。
考え方の問題です。最近の沖縄の大きな問題は、普天間と辺野古です。1+1=2になっては困ります。1-1=0、沖縄には基地は要りません。

僕の住んでいる、南風原が基地の恩恵を受けずにどんどん発展しています。(発展しすぎるのもどうなのかな?)

兎に角(兎に角という言葉はあまり好きじゃないけれども・・・)平和が第一です。平和無くしての前進はあり得ません。

「ゐーっちゃー」が書いているので、むしろ僕の方が支離滅裂です。
ごめんなさい。そして、お休みなさい。
2010-02-08 time02:56

Kohagura Erio wrote:

マル金さま

「ゐーっちゃー飲めば兄弟」という言葉があります。
すみません、ゆくしです。今、考えました。

中高生の頃の読書感想文に、なぜか私は、
B級、C級戦犯の本の感想を書いた記憶があります。
その時は、性善説、性悪説には思いが至らず、
ただ、組織が暴走することの怖さを感じました。
特に、命令が絶対の組織の末端にいる人間の葛藤を思いました。

成年して、今度は、組織が誤った情報(多くの場合、恣意的な)で動く怖さを知りました。
即物的に申さば、下は上に対して、都合の悪い情報は上げない、
そんな情報に基づいて、もしかすると気づいていても、上は誤った判断をする・・・。

60余年前に終わった話ではないような気がします。
なかなか、短い字数では考えがまとまらないのですが。

辺野古は、伊江島からコザへ向かう途中、バスを途中下車して、
短い時間ですが見てこようと思っています。
2010-02-09 time00:27

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)