2009-06-12

うさぎむん?

 



よく見ると・・・


足元に・・・



 


パン・・・??



学校給食ふーじーのパン・・・



私の実家の近くにある、神社の狛犬です。

すぐ隣にある小学校の児童の仕業・・・、いや、信仰心なのでしょうか?
『汚れなき悪戯』なら、セットメニューは葡萄酒というところですが、あれは神さまが違いましたか。
・・・というか、給食にワインは出ません。



ちなみに、その小学校区には、・・・・約30年前の話ですが、
キングスとネイチャーズという、二つの少年野球団があり、
双方ともに、私の所属した団地の野球団のライバルチームでした。

・・・いや、ライバルといっても、滅多に勝てませんでしたが。

悔しかったので、試合中、

「ハゲ、ハゲ、ハーゲー、つるっぱげ!ハゲのアート・ネイチャーズ!」

などと、他愛のないヤジを飛ばしておりました。

あ、監督は本当にハゲでしたね。
やしが、いくら監督をわじわじーさせても、選手を動揺させなければ意味はありません。

というわけで、心理戦も稚拙であった私の野球団は、永遠のライバルに永遠に負け続けたのでした。



閑話休題。



沖縄のシーサーと神社の狛犬、どことなく姿形や佇まいは似ているように思いますが、
その謂れ、歴史、生い立ちや、「期待される役割」などは大いに異なるようですね。
まだまだ、勉強中です。


沖縄を歩いていると、頻繁にシーサーにお目にかかるわけですが、
うさぎむん、お供え物をされている姿を目にしたことは一度もありません。


まあ・・・、狛犬にお供え物、というのも、そうそう目にする光景ではありませんが。






よく見ると・・・


手に・・・


おにぎり・・・   しかも、Vサインのシーサー。


特注品?

 
category片想いの軌跡  time23:59  authorKohagura Erio 

Comments

kittyaki wrote:

こんもりとした峠の茶屋に
キジムナーシーシー?…いいねー
2009-10-23 time09:28

Kohagura Erio wrote:

あいっ?ずいぶん昔のお話に。

この直後、「沖縄ちゃ~びらさ~い」した時に、
とみしろシーサーとの出会いがあって、
琉球石灰岩の塊がひとつ、欲しくなりました。

美術◎ 工作△ 技術×・・・やしが、
石彫りシーシー、作れるかねぇ~。
2009-10-25 time02:45

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)