2008-12-02

月桃(サンニン)の香り、まんじゅうの思い出

 あぎじゃび!昨日はツチイナゴくんが、私に代わって書き込みをしていったようです。脚が6本あるだけに、私よりキータッチが速かったようで、あっという間の仕業でした。あいっ?人間は指が10本あるばぁーって?それは・・・、ブラインドタッチができれば、の話ですね。しかしまあ、さすがは昆虫、複眼的(?)に私のことをよく観察しているようでした。

 ひげ?
 突然ですが、さて、これは一体何でしょう?

 忘年会の余興で使う"つけヒゲ"、ではありません。ホコリがよく取れるお掃除グッズ、でもありません。

 実はこれ、サンニンの葉っぱです。それも、那覇は儀保の名物、「の」まんじゅうを包んでいた葉っぱの、紆余曲折を経た姿なのです。そして、今もなお、私の胸元から沖縄の香りを発しつづけています。
 私はこれを、3月の沖縄旅行から戻って以来、いつも胸ポケットに入れて持ち歩いていました。ポケットチーフふーじーに、どんな場所でも。すると、ポケットから出ているモジャモジャの物体を見て、多くの方から「それは何ぞや?」と尋ねられました。
 「何かのおまじない?」 「ポプリの一種?」 「怪しい草・・・?」。
 私は問いには答えず、「とりあえず匂ってみて」とそれを相手の鼻先に差し出すと、おもむろに薀蓄を語り始めるのでした。
 たぶん・・・、いや、間違いなく、変な奴だと思われたでしょう(三板もポケットに入っているし)。自分でも変だと思います。でも、沖縄愛を、迸る愛を、へんな~に表現しつづけます!十九の春から想いつづけてきたように。

 さて、何ゆえにこのようなものが出来上がったかと申しますと、実は最初は、「サン」を作ろうとしたのです。沖縄で出会った方から、「サンニンでもサンはつくれるさぁ」とお聞きしていたことを思い出したのです。捨てるに捨てられずにいた「の」まんじゅうの葉っぱ、部屋の中で吊るして乾燥させていました。そして、一ヶ月を過ぎてもなお、鼻腔を通って記憶中枢にまで届く香り。私のプルースト効果はマドレーヌあらん「ぎぼまんじゅう」!
 「サン」作りは難航しました。複雑に入り組んだ葉脈に沿って・・・とかいう以前に、私がしに不器用で、サンニンの葉っぱは、そばのだしをとる削り節のような細切れになってしまったのでした。しかし、途方に暮れつつ、何の気なしにその細切れを束ねて中心を軸で結んでみると・・・なんか、面白いものができました。全然、予定と違うけど。やしが、「サン」よりコンパクトだから持ち歩くには上等どぅ!
 かくして、エコロジカルなアロマテラピー・グッズが結果オーライで完成したのでした。

 サンはレモングラスで作りました。

 結局、「サン」を作るのに用いたのは庭に繁っているレモングラスになりました。香りもいいし。そうです、ツチイナゴくんたちの「世果報の家」です。ちゃーびらさぁーい、少しだけ頂戴しましょうねぇ・・・・って、私が大家さんなんだけど・・・・。ところが。
 あげっ!どれもこれもギサギザあんに!無傷のきれいな葉っぱ、じぇんじぇんない!
 まあ、見事になことに、どの葉っぱにもかじった跡が。イナゴはかじる。私はわじる。マラソン金メダルはワンジル・・・。
 期せずしてニンゲンとイナゴとの恩讐の歴史を追体験しつつ、草むらの中、忘我の境地で無傷の葉っぱを探しているうちに、私は別の昆虫の存在と身体のむず痒さに気づき、さらにわじわじー!

 沖縄のことについてひとつ、勉強になりました。「サン」はがじゃん除けにはならないさぁ・・・。

 最後に。ツチイナゴくんに暴露されたことについて。サンニン茶は、福岡にもある「わしたショップ」で買い求めているのですが、たしかに、彼が言うとおり、飲んだ後の茶かすは生ゴミにせず、庭に撒いています。なんか、それが土に還り、やがて沖縄のような豊穣な土壌に変わるんじゃないか、はたまた、庭から沖縄の香りを含んだ風が吹いてくるのではないか、などという、根拠も可能性もまったくない夢を見つつ。これもまた、へんな~沖縄愛やっさ!
 
:**:今日の一枚:**:
 「THE ONE/土岐英史」
 11月の新譜。久しぶりのワンホーン、カルテット、そして、色気と渋さとテンションに満ちたストレートなジャズ作品。最近の作品では、本作にも参加しているベースの坂井紅介さんのソロ作とほぼ同じメンバー(同作は峰厚介さんとの2ホーンだったですが)です。その前となると、90年代初頭のファンハウスのバラード集連作かな。いずれも、ドラムはトコさん(故・日野元彦さん)でしたが、この作品では進境著しい江藤良人さんがその席に座りました。また、ピアノには大石学さんに加え、椎名豊さんが参加しているのも興味深いところです。椎名さん、そろそろ新譜を期待したいところです。
 さて、土岐さんの音色とお名前を初めて耳にしたのは、高中正義さんのライブだったか、それとも、松岡直也さんのバンドだったか。いずれにしてもラジカセの、モノラル電波のFM放送からでした。1980年代初頭、ジャズ、フュージョン、ロック、ラテンなどが文字どおり「フュージョン」していた時代のことです。
 40歳になった今でも、80年代当時(中学生でした)のサウンドに心躍る一方、やはり、本作の♪When I Fall In Love のような曲に心がとろけるようになりました。    飲みたい。
    
category日記  time01:57  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)