2008-11-27

片想いの軌跡(1) 琴椿

 昨日の相撲の話で書き忘れたのですが、20年近く前に応援していた、今でも忘れられない関取がいます。
 
 1990年の九州場所、私は幼い頃からの夢を叶えました。それは、「じいちゃんと一緒に升席で酒を酌み交わしながら相撲を観ること」。
 初めての土俵下。しかし、館内は閑散。観客よりも協会関係者の姿の方が多いのではないかと思われる静けさ。それもそのはず、まだ序の口の取組が淡々と行われている時間。そんなお昼頃から早々と出かけたのでした。
 持ち込んだ1升のお酒を、祖父はいつになくハイペースで空けていきます。
  「じいちゃん、そんなに早く飲んでたら、途中で足りなくなるよ」
 祖父 「何を言っとる。今のうちに飲んでおかんと、十両の相撲が始まったら飲んどる暇などないぞ」
 そんな調子だったので、三段目あたりに入った頃にはすっかり上機嫌。偶然、私と同姓の、まだ四股名もなく本名で土俵に上がっている力士が登場した時には、仕切り中に大声で、「○○!」と名前を連呼する始末。すると、興に乗った他のお客さんまでもが呼応して「○○!がんばれ!」と、時ならぬ○○関ブーム。土俵下の勝負審判からは冷たい視線が・・・。
 
 と、本題を前に長々と脱線してしまいました。こんな調子でお酒が入っていたこともあり、当時、どんな関取衆がいたのか、まったく思い出せません。その日、土俵に上がった横綱や大関さえも (まあ、ネットで調べれば何でも分かるご時勢ですが)。ただ、肉体と肉体がぶつかり合う音、いや、衝撃波の迫力だけは強烈な印象として残っています。

 そして、ようやく、冒頭に書いた忘れられない関取。この関取だけははっきりと覚えているのです。それだけでなく、上述の○○関以上に、大歓声で応援したことも。
 琴椿関。沖縄県出身。玉城満さんのようなウチナージラー(もちろん髭は無し)だったような。元プロレスラーの寺西勇にも似ていたような。そして、土俵入りで、他の力士と比べて際立った浅黒い肉体。決して大きくはないけど、元横綱・北勝海のような、筋肉質で丸っこい体型でした。

 しかし、なにゆえに琴椿関を応援し、また、今日まで心に残っているのか。沖縄への「片想いの軌跡」のヒントにならないだろうか・・・。
 この話は19歳の初冬の思い出です。前に書いた「残波大獅子太鼓」との出会いが同年の10月。ほぼ同じ時期です。やはりこの頃に「恋」をしたのか。それとも、もっと以前に・・・?
 
 折に触れ、この「片想いの軌跡」を辿ってみたいと思います。「十九の春」より前の「何か」が、ある日、思い出せるかもしれません。
   
category片想いの軌跡  time01:32  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)