«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»

2016-06-06



戦世を訪ねて 2008~2015

  
null

  ワカレジー(ハナレジー) 為朝岩 ニードルロック
  
  いくつかの名で呼ばれて
  それぞれの時代に それぞれの視座から それぞれの名で

  遠く嘉数高台からもその姿をみとめる
  今も屹立するが

  岩盤の自然劣化に おそらくは この高地での激闘の傷跡もあったのか
 

   



null

前田高地の北側斜面から 宜野湾方面を望む



  「ここは戦前から、お墓だったのですか?」
 
  霊園の管理人さんに そう尋ねることはできなかった

  「浦添ようどれ」の周囲には この丘には そして眼下には
  かつて どんな風景が広がっていたのだろうか


-2013/10/22 浦添市 前田~浦添市 仲間-



2014-11-25

ドゥーチュイ浜千鳥

      
null

台風が来るかもしれないよ

                        ※ ずいぶん前の話です



    雨降れば 雨降る思いに
    風吹けば 風吹く思いに
    そぞろこの世の はかなさを知る

    ・・・・だったっけか

                   『五高寮歌 裏巻頭言』
 
 
 
 
 
null

今日の船は出ても 帰りは知らないよ

 
 

    渡海や 隔みてぃん 照る月や一ち
    あまん眺みゆら 今宵ぬ空や

    ・・・・だったっけか

                    『浜千鳥』 





null

まあ まずは進みなさい ♪チュイチュイナ




    雨が降ろうと 風が吹こうと
    その中を 自分のペースで歩きましょうねぇ

    備えはすれども 準備はほどほどに
    旅も 人生も

    虚往実帰 やさ


-2013/10/20 うるま市 与那城饒辺から平敷屋港へ向かいつつ-

  
  

2014-11-18

おはようのみち

   
null

    朝の5時から 十六夜月を眺めていたよ
    宿の窓から 港の防波堤から

    白み始めた西の空の中
    沖縄本島の向こうに沈んでいく 十六夜月を

    それから 畑の中の道を 駆けて 駆けて
    東の浜で 上がい太陽を見たんだ

    そして これから 朝ごはん
    集落の中の路を ちょっと早歩き





null

    おはよう
    朝の お散歩かい?

    いや 失礼
    朝の巡回ですか? ごくろうさまです





null

    朝ごはんは8時から お願いしています

    よんな~ 宿に戻ります
    5分か10分くらいの ウチナータイムで

    もうしばらく 島におじゃましてます
  
  

-2013/10/21 津堅島(うるま市)-



2014-11-15

ファンファーレ

   
null

    あの島の 夕陽への
    あの島の 夕陽のあとの
    晩ごはんへの


    ファンファーレ


    歩き足りなかった道への
    懐かしい宿への
    一年前の約束への

   http://blog.okinawabbtv.com/kohaguraerio/index.php?itemid=47201   
    
   

    『夕陽へのファンファーレ/HEATWAVE』を手にした夜
    たくさんのメッセージを受けとめた夜
    いろんな想いに背中を押されて
    いろんな迷いはひとまず擱いて
    歩き出すことにしました



    「心の底から温かいものがこみあげて
     温かいものが体中を駆けめぐる」

    自分が書いたこともからも 背中後押し
    ちょっとだけ。。。手前味噌ながら。。。へんな~やしが
  

-2013/10/20 津堅島(うるま市)-



2014-10-25

秋思

  
null

    砂にしみ入る 波の音
    夕陽は いつまでも 好きなだけ 好きにしろと
    ただそれだけで 歩いた 歩いた 歩いた 


-2013/10/17 浜比嘉島(うるま市)-



«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»