«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»

2017-01-27



沖縄冬景色

   
null

null

null

null

null

日の照らぬ冬寒の 朝の散歩は 時間を忘れて

  

-2013/2/13 龍淵橋~円鑑池周辺(那覇市 首里当蔵町)-

  
 

2016-07-21

祈り ~ 怒りを抑え、押し止め、包み込むための

   
null

null

null

null

  
  
  
  
null

   遠く離れて ただ できること
   祈るだけ 想うだけ 目を耳を向けづけることだけ



   悲しい顔をしている人 疲れ果てている人
   夥しい昨日を犠牲にしてきたのは
   ただ静かな 何気ない明日をこれからも この地で紡いでいきたい
   ただそれだけのため

  
   だれのためなのか 何ためなのか なぜここにいなければならないのか
   わからずに立ち尽くす人 向き合う人と目を合わすことができない人
   それは人の心の欠片 人としての苦悶
   せめてそれだけでも



   肝苦さ 肝苦さ
   同じ人間として

   憎むべきものはどこにいるのか
   そいつらもまた人間 おそれるものさえ見えなくなった 見ることをやめた

   動物や植物たちの心は わからない
   人間は 思いあがってはいけない


-2013/2/8 東村 高江-



2016-02-20

沖縄冬景色

  
null

クシ(背中)には 乗っていませんよ





null

チブル(頭)にも 乗っていませんよ





null

トゥルバルときは 乗るのがいいはず





null

あいっ 乗ってる人も いるかねぇ








null

    自然のきまりに従って 自然のままに生きるから
    みんな揃って同じ向き
    同じ向きには理由があって 自然にみんな同じ向き
    そんな姿は チビラーサン(素晴らしい)





null

    頭だけで考えて 時には言葉に乗せられて
    自然を忘れて不自然に 理由はあとから追いかける
    そんなことをいくたびか くりかえしてきたニンゲンは
    あんまり同じほうを 向かないほうがいいのかな





null

♪浜うてぃ チュイチュイナ~



-2013/2/11 糸満市 大度-

  
   

2016-02-08

ある年越し

     
null

2:16am 夜ふけのビーフスープを食す





null

2:18am お食事処三笠は 24時間眠らない(那覇市 松山)





null

6:41am 旭橋バス停にて 糸満行き89番始発を待つ(那覇市 旭町)





null

10:36am 糸満中央市場にて さしみ盛り合わせを食す(糸満市 糸満)




  とぅしぬゆる~(旧暦の大晦日)から そのまま迎えた
  2013年の旧正月
  三笠からまっすぐ宿まで帰って すぐに寝たとしても
  明日の朝の出発まで 睡眠時間は3時間といったところか

  しかし 本当は そのあと

  三笠から泉崎 西消防署通りに入って
  ある場所の前でふと 立ちどまったとき
  前夜からの思い出が詰まったもののうちの そのひとつを
  途中で失くしてしまったことに気づく

  さがすために きびすを返す
  歩いてきた道を引き返し 歩いて 歩いて 歩きつづける
  地面だけを見ながら 自分が歩いた跡を 辿りつづける
  絶対に見つけるのだと

  やがて 風

  風が舞っていることに 気づく
  風の舞う街に時が流れ ざわめいていることに 気づく
  気づいて 立ちどまる

  すべては時の流れの中にあって 立ちどまらない

  そう きっと風に乗って そう この街のどこかへ
  いや 海の方まで いや きっと空へ
  そう 飛びつづけるために そう 空高く飛んで行ったのだと
  自分に言いきかせる

 
  水色の風船

  彼女から受け取ったいくつもの思い出の中の 最後のひとつ
  いっしょにペンを走らせて バンシルー・ジラーにして
  涙のあとに笑い合った 水色の風船
  
  それだけをさがしつづけた 夜の街
  いくつもの風が舞い ゆっくりと時が流れる

  立ちつくす背中を押して 朝が近づく







null

19:02 常宿の屋上から 那覇港を望む(那覇市 西)



  ほぼ定刻に 鹿児島航路が港へ入る
  宿の屋上で 缶ビールと じーまーみー豆腐

  豊見城の夜を華やかしてきた彼女の声の 最後のOAを
  夜空へと向けたラジオで 受けとめる
  
  
-2013/2/10-





null

子犬は一緒に 福岡まで

  
  

2014-02-27

旧正来光

  
null

    こうやって糸満や南部の稜線を見つめるとき
    いろんな想いを抱くのです

    平和を願いながらも 丸腰ではいられない今日
    あの犠牲を経てもなお そんな現実が目の前のある今日  


    旧正月の朝おだやかに まちぐわーへ向かう前のひととき
    光の中に 心の中に 影が差して

    与座岳のレーダーのシルエットから 目の前の家並みに視線を移したとき
    阿波根昌鴻さんの写真記録の名が 心に浮かびました

    「人間の住んでいる島」


-2013/2/10 山巓毛(糸満市)-



«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»