«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2013-08-25



塩屋湾のウンガミ

   
null

null

null

    静かな秋の陽射しを浴びながら
    蝶を追ったり 猫と遊んだり あまはいくまはい
    静かな日常の中にある その土地を歩いただけで 満足したのですが

    やっぱり一度は見てみたいと思う
    旧盆明け初亥の今日はこの湾で ウンガミだったはず


-2011/10/16 大宜味村 塩屋~田港-






null

   先代のウフバーリー(塩屋区)とフギバン(田港区)はこんなところで
   西からのやわらかな光を浴びています


-九州国立博物館(福岡県 太宰府市)-



2013-08-20

ナカヌヒー 迎え火と送り火の間

   
null

たそがれ浪漫はやがて 心細さに変わり





null

なにも悪いことしてないのに 「ごめんなさい」な気分になり








null

    いきなり灯った電照に 声なき「あぎじゃび」どぅまんぎて

    落としかけたマブイが 鼻唄をうたえるようになってから
    小走りにまた 歩き始めたのでした



    空から見る電照菊畑は
    迎え火や送り火のよう なのでしょうか



-2012/10/18 国頭村 奥間-



2013-04-20

またいめんしょり

     
null

とぅるばって





null

とぅるばって





null

ちょっと はしゃいで





null

また とぅるばって




    また来たら いいさぁねぇ
    「行ってらっしゃい」って 見送ってもらったはずねぇ

    ん?・・・まだ小学生?・・・修学旅行あらん?・・・日帰りの遠足?
    「民泊ってぬーやが」って?


    だからよぉ 大きくなってから
    また来たら いいさぁねぇ

    大きくなったら 見えるものを探しに
    大きくなったら 感じるものと出会いに


-2011/10/19 伊江港~伊江村営フェリー「いえしま」船上-



2013-04-19

再会の旅 団結道場前

    
null

また 吠えられた




null

前に来たときよりも 盛大に 吠えられた




null

     いや ちょっと違うな

     前に来たときは この道の向こう側から
     訓練場のフェンスがある方から
     お前たちの家の前を通りかかって そこで吠えられて 
     すごすごと でも 振りかえり振り返りしながら
     ここまで歩いてきたんだったっけ




null

     今回は 車で乗りつけて いきなり目が合ったものだから
     また 違った意味で 騒がせてしまったか
     
     見知らぬ匂いが 島の外の知らん人(ちゅ)の匂いが
     この前は ゆっくりと近づいてきて
     今回は だしぬけに現れて

     でも 前にも言ったとおり
     訓練場ではなくて 団結道場に近い匂いを
     かもしているつもりなのだが

     でも 島をゆっくり歩き回ったこれまでの旅と違って
     半日足らずの滞在で 車に乗って駆け足で島を巡っていては
     そんな匂いも 渡る風に吹き飛ぶか




null

     お前は この前
     最後まで追いかけてきた お前か?


-2011/10/19 伊江島-

  ■ 2010-12-22 ついておいで



2013-01-20

北部の地図を俯瞰する日々

   
null

     辺土名スーパーで買い求めたビールを
     辺土名漁港で飲むというのは
     「FEC福岡県人会」 北限の夢でありました

     初めてのやんばるの日々の 歩き疲れた果ての
     穏やかなる豊穣のひとこま





null

     そんな夢を叶えてから一年余
     夕陽を眺めながら飲む というさらなる夢を
     
     ビールがさらに 格別にうまくなるであろう
     場合によっては 飲まずにはいられなくなることもあるだろう
     新たな旅路が 点から線へ 夢から形に 


-2011/10/17 辺土名漁港(国頭村 辺土名)-



«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»