«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

2017-06-02



戦世を訪ねて 2008~2016

   
null

 知花グスクの麓。
 グスクの前に鳥居が立てられているのは戦前の歴史の名残りだろう。




null

 鳥居をくぐってすぐの場所に「鎮魂・平和祈願の碑(いしぶみ)」がある。
 2004年3月28日完成、除幕。

 「沖縄市遺族会美里支部創立五十周年にあたり・・・(中略)・・・知花慰霊塔敷地内のゆかりの地に沖縄県の「平和の礎」の資料を基に軍人・軍属・一般住民二千七百余名の戦没者刻銘板を建設」(刻銘板本文より)

 「旧美里村出身者二千七百二十一人の名前が刻印されている」(広報おきなわ(№359)平成16年5月号より)




null

 慰霊塔。
 この形は戦前の忠魂碑を改修したものだろうか(来歴については未確認)。




null

 オオシマゼミが鳥居の脚にとまって鳴いていた。

 この前日、キャンプコートニーから昆布の米軍貯油施設の脇の小径を歩いていた時、繁みの中から「警戒音のような、電子音のような、不思議な音」が聞こえてきた。断続的に、はっきりと主張するように、そうかと思うと存在を隠すように、聞こえたり、途切れたり、してきた。
 足が止まる。こちらも警戒する。あたりを見渡し、自分のいる場所を地図で確かめる。繁みの中に目を凝らし、監視カメラや赤外線の探知機を探す。
 また「音」がする。立ちどまる。
 「音」はどこから?やがて、速足になる。

 期せずしてまた、その「音」を聞く。そして、その「声」の正体と間近に向き合う。

 オオシマゼミやクロイワツクが鳴き交わす、秋の沖縄をゆっくり歩いたのは、この年が初めてだった。



 セミの声も、歴史も今も、見るもの聞くもの、まだまだ知らないことばかりであった日々。
 

-2010/10/12 沖縄市 知花-



2014-11-01

伊江島 とっておき

  
null

   はじかさ~ へんな~
 
   短い島での滞在 民泊の日々の中で
   そんな うちなースタイルを 身につけて
   演じることが できるようになったのか

   甲板に立つ にーせーたー あんぐゎーたーの
   波止場を見つめる 静かな後ろすがた
   えもいわれぬ 不器用な 万感の想いをひめた
   はじかさ~ へんな~ 



   やがて 出港のときがくる 風がふく
   島からの風 海からの風 エンジンの音
   人々のざわめきが 風が さまざまに うごく
   船が 時が うごきだす  



   いってらっしゃい

   波止場の家族が 民泊先の家族が うごきだす
   横断幕を掲げ ポンポンを振る かろやかに
   さよなら なんて いわないよと
   
   エンジンの音 さらに高く
   やがて 海からの風は 島からの風を
   遠くに すこしずつ 遠くに



   ひとり また ひとり

   甲板の にーせーたー あんぐゎーたー
   おずおずと手をあげて やがて おおきく手をふって
   声をあげて 声をからして 声をふるわせて

   海からの風が 島からの風を 遠ざけはじめるのに
   あらがうように まけないように
 
   はじかさ~も へんな~も うちすてて
   もっと深く もっと熱い 肝(ちむ)ふるわす
   想い ふとぅふとぅ あるがままに

   その声は 風にのって 風をこえて
   波止場へ 島へ 家族のもとへ




   そんな船出を とぅるばり見つめる
   おい 背中のわらばーよ
  
   島の子か? ひとり旅か?

   くりかえされる そして かけがえのない
   こんな船出に なにを想うか?


-2010/10/16 伊江港(伊江島)-





  伊江島の写真を見返していて
  とっておきのこの写真をまだ アップしていなかったのに気がつきました
  2010年秋のひとこま

  それから 三年ほどののち 

  「ごつごつしてた画がすきだな~~~」
  
  そんなご感想をいただいたこともあり
                   (2013年7月8日)

  望遠レンズを使い始めてから
  こんなふうに 人の心に寄り添うことから
  ちょっと離れておるのかも・・・と 
  初心に帰ろうかと思っておる 古波蔵でした



2014-04-21

伊江島 平和祈願祭の日

   
null

null



-2010/10/16 伊江島-



2013-10-10

あなたに会えた幸せ感じて 風車に会いたい

   
null

    この秋は 旧暦9月7日のカジマヤーの頃に沖縄にいたので
    どこかで パレードや祝福の宴を拝見したいと思っていたのですが

    この秋は 旅の最後に見かけた こんな手拭に微笑んだ思い出だけ
    「一枚でも買えるのだろうか」と 店に入りかけ

    いつか かんなじ カジマヤー


-2010/10/19 平和通り(那覇市)-



2013-04-04

赤い丘~木の上の軍隊

   


    記憶が薄れることはないのですが
    それでも 2年半の月日が流れており
    しばらく目を閉じて 島の空気 匂いも思い出しながら 振り返りたく

    今宵 NHK「ニュースウォッチ9」で紹介された
    井上ひさしさんの未完の作品 『木の上の軍隊』
    想いを受け継ぐ人々の想いによって 舞台化されるとのこと
    
    いつも 沖縄を向き 沖縄を通して 世界を見ているようなこの数年
    (アメリカ発の情報ばかりで世界を見るよりは バランスは取れていると思う)
    この作品のことも 今宵まで知らず

    ニーバンガズィーマール そして 二人の日本兵のことを知ったのも
    初めての伊江島から那覇に戻って手にした
    『赤い丘』という舞台のフライヤーを通してでした

    仲座健太さんが主演したこの舞台を見たいと 心から思いました
    山城達雄さんの原作を読んでみたいと 心から思いつづけています

    そんな想いを経て 伊江島の歴史と向き合いました


-2010/10/16 伊江島-


 ■ 2010-02-26 命の樹 ガジュマル 


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»