«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

2017-04-28



Decade

   
null

-2007/4/28 福岡市-


 10年前に見たこの舞台が、沖縄との向き合い方を変えてくれました。
 それはまた、歴史と今と、世界と我が身と、深く向き合う契機でもあり。
  
  
   
  
null

-2008/3/22 那覇市-


 それから一年後、沖縄の旅が始まりました。
 那覇でふたたび「お笑い米軍基地」を見て、FECの皆さんと間近に接することに歓喜したこの日だけでも、今につづく、いくつもの出会いがありました。

 基地のことについては、ワジワジーも、チルダイも、チムグリサもつづいています。
 笑えない現実を前にして、笑いを許さぬ力に抗って、それでも、これからも、わったーの笑いを。
 怒りを胸に、しなやかに。
  

  
  

2016-08-18

1年前の夏に書いた、8年前の春の日記と、それからと

  
null

null

-2008/3/26 那覇市-



 2015/8/18 11:09
 件名 : FMとよみ 「FECやいびんど~」 ハンサムさま



 古波蔵恵里夫です。
 帰省先で聴いています。

 さっそく、メールテーマ
 「くじんぐゎ~(小銭)!」

 7年前の春。
 場所は、那覇の農連市場。
 わらばーたーが、自動販売機で、遊んでいました。

  「平成8ね~ん」
  「平成13ね~ん」

 くじんぐゎ〜(小銭)を入れては、返却レバーを回して、また、入れて。
 出てくるたびに、違う年号の小銭が出てくるのを楽しむだけの、
 他愛のない遊びに、夢中になっていました。

  「平成15ね~ん」
  「平成62ね~ん」

 ん・・・?
 思わず、チェックを入れる、私。

  「あいっ!わらばーたー! 今年は、平成、何年か?」
  「平成・・・20年」

  「平成20年に、なんで、平成62年のお金が、あるかぁ?」
  「・・・ああっ! ・・・このお金、ニセモノ!?」

 ああ、昭和は遠くなりにけり。
 (写真も添付しましょうねぇ)

(メールは 後半へつづく) 







null

-2015/7/2 那覇市-


    また ここに立つ こうして また
    こうやって 何度目だろうか

    手には島野菜 朝ごはんはアヒラー汁
    「丸安そば」にしようかと迷ったけれど
    
    市場にレンズを向けて歩いた
    ため息と余白と 止まりゆく時間と静寂と
   




null

null

-2016/3/1 那覇市-


    そして また
    変わりゆく風景の中に また 立つために
    変わりゆく風景の中に 過ぎし日を探し歩くために
    変わってしまった風景さえも 記憶にとどめるために

    手には島野菜と おそらくあの春の日以来の再会のカマボコと
    今日も朝ごはんはアヒラー汁
    「丸安そば」のあった場所は・・・ 鉄骨とシートに囲われて
 
    市場にレンズを向けつづけた
    ため息深く 余白だらけの 感傷と追憶と

    立ちつくすフレームの前を時おり
    なにか思い出したかのようにゆっくりと 人が通り過ぎて
    歳月はなにかを失いながら 足早に
  
  
    
    元気にしてるか あの日のわらばーたー
    覚えているか ここで遊んだことを





null

-2008/3/26 那覇市-



 (メール つづき)

 遠くになりにけりと言えば・・・。
 そうそう、この同じ日に、農連市場の近くで、
 初めて、「FECやいびんど~」を聴きました。

 パーソナリティーは、ハンサム。
 2008年3月26日、水曜日。
 この頃、ハンサムは、水曜日の担当でした。
 まだ、放送開始後、3回目とか、4回目だったのかなぁ?

 ラジオの電波の入る場所を探して、見ず知らずのスージグヮーを駆け回り、
 見ず知らずの月極駐車場(那覇市樋川2丁目付近)で聴いたことを、
 今でも思い出します。

 それでは。

  
  
-Special Thanks-
 FMとよみ 83.2MHz 「FECやいびんど~」

  ハンサム 金城さん、仲座さん
  一年前の今日のメールをそのまんま、転載させていただきました。
   
    


2014-10-19

旗揚げ21周年の夜に

   
null

-2013/6/27 糸満市-



   去年の10月。
   旗揚げ20周年の記念すべき公演を前に、
   手土産に添えたメッセージ。

   プリントして持参したこの写真に、例のごとく、いつものように、
   沖縄に着いてから、旅のさなかに、どたばた、サーラナイ、
   でも、心を込めて、心に浮かぶままに、熱い心をそのままに、
   こんなふうに、したためました。
   

   
    “ 20周年 とりあえず おめでとうございます!

     20年たっても タンカーユーエー。
     いつまでも 道はつづきます。
     その先に 笑いと 素晴らしい未来(おバカ)と
     さらに遠く果てしない 道がつづきますように。
 
             ~FEC福岡県人会 古波蔵恵里夫~ ”


    
   あれから、一年。
   今年は21周年、おめでとうございます。
   そして、これからも。

   今年は、福岡から、変わらぬ愛を。



  P.S.

   ここも、この道も、『ハルサーエイカー』のロケ地だはずね。
   アイ、カマー、リョウのバトル、そして、通じ合えた語らいのシーン。

 
 
 

2013-09-28

名前は出さないけれど、でーじかりゆし!

   
null

null

-2013/2/9 那覇市-


   旧正月のカウントダウンをした夜にも ふたりは一緒だったわけだ
   もちのように たっくゎいむっくわい してほしいな


   「もちいちろう」を名乗るおにいちゃんのために
   ありったけの「クニガミドーナツ」の中に
   「くんじゃんナントゥ」もいくつか シャレで入れて
   その前のライブに届けていたのだけど

   その前のライブを終えて駆けつけてくれた弟くんが
   「ナントゥ餅、おいしかったです!」って 言ってくれたんだっけ
 
   弟くんがブースから見つめる舞台には まなざしの先には
   いたんだよね 彼女も

   「ライブ終わりで手伝いにくるなんて仲間思いだなぁ」
   「お笑いの勉強かなぁ」
   なんて思ってましたよ あのときは



   ん?

   「もちいちろう」お兄ちゃんも めでたい話になっているって話
   そろそろ公式発表 あるのかな?



2012-09-16

祝!200km完走! 祝!200回は通過点!

   
    null

     言葉が出てこない・・・。言葉も用意していなかった・・・。歓喜のともだおれだよ(笑) 
     2012年9月15日 - 16:40 #FEC駅伝



     5時間ほどの後、博多の街で、
     「雨の後、路は輝く」という歌に痺れた数百人の中でひとり、
     台風を目の前にして、雨の路を走り続けたお笑い芸人さんたちの姿を思い出した、
     そんなひとり、だった、はず。





    余談

    null
    null

-稲嶺十字路 南城市大里稲嶺 2011/3/5-


     じつは、稲嶺十字路の横断幕、見ていません。
     いや、目に入っていなかっただけか。
     いや、あまりにも自然すぎて、スルーしてしまったのか。
     生コン屋さんの棒術の絵には、思わず見入ったのですか。

     「稲嶺十字路=横断幕」って、チブル誠仁が教えてくれた、はず。




«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»