«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2008-11-30



ハイサイ、ツチイナゴやいびんどー!

 ぐすーよー ちゅーうがなびら ちゃーがんじゅーやみせーみ?
 寒くなっやしが わったーは がんじゅーやいびーん!

(皆さま こんにちは ごきげんいかがですか。寒くなったけど ボクたちは元気ですよー!)
 
 どうも。手乗りくんです。 

 あぬひゃーや ウフソームンやくとぅ わったーぬ命どぅ いんちゃさん
   勘ちげーそーんようやいびん。

 (あいつさぁ、そそっかしいうっかり者だから、ボクたちの命はもう先が短いと勘違いしてんだよね・・・)
 
 はぁ 難儀ぃ・・・ ウチナーグチ やっぱむちかさんどぅ (難しい)


 どうも~、失礼しました。アイツの真似をして、沖縄の言葉で書いてみようと思ったんだけど、やっぱ無理だわ。だいたい、人間の言葉を使うこと自体、初めてなんで。でも、アイツだってウチナーンチュじゃないんでしょ? 沖縄の音楽を聴いたり、沖縄のお笑い芸人さん(FEC)のブログを読んだり、あと、沖縄言葉関連のサイトを片っ端から「お気に入り」に追加したり、「好きこそものの上手なれ」と、精進はしているみたいだけどね。なんか、話す時のイントネーションも不自然に変だよ。なんでもかんでも「~さぁ」とか言って、奥さんに怒られてる。昔、『ちゅらさん』に「ジョージ我那覇」って、出てきたよね。鮎川誠さんが演じたライブハウスのマスター。あんな感じかな。・・・・いや、あんなにカッコよくない。

 アイツ・・・、あ、申し遅れました。このブログ書いてる人ね。最近、へんな機械を持って、ボクたちの住んでる草むらにいっつも顔を突っ込んできて、なんか、その機械をいじりながらニヤニヤしてる人間なんだけど、まあ、悪いやつじゃないよ。やってることは住居侵入と覗き行為―許容範囲かな―だけど。でも、農薬とか除草剤を撒いたりしないし、カマキリは何度も追い払ってくれたし(でも、アイツ、カマキリも嫌いじゃないみたい。そっと掴んで、遠くの繁みに放り投げた後も、無事に着地できたか、申し訳なさそうに見届けていたよ)、何よりも、アイツがボクたちに住まいと食料を提供してくれているんだからね。

 でも、本当はアイツも、ボクたちの食べているこの同じ草を食べたいらしいんだよね。変なやつ。これ、レモングラスっていう草なの? イネよりはちょっと酸味があると思ってたけど。アイツはなんか、ハーブティーだの、トムヤンクンだの、言ってたな。ボクたちは生食が一番美味いと思うんだけどね。とりあえず、アイツが何も言ってこないから、好き勝手に食べさせてもらってたけど。
 
 そうそう、それで、最近の顛末はアイツが書いてたとおりなんだけど、ここんとこ、お互いにずっとすれ違いだったんだな。というか、今日、最初にボクがウチナーグチでわじった理由はね、アイツ、ボクたちはもう短い生涯を終えて、とっくにグソーへ旅立ってしまったと思い込んでいたらしいんだな。ちょっと前の写真を眺めながら、懐かしい面影だとか、過ぎ去りし秋の追憶だとか、あろうことか「遺影」だとか、勝手なこと言って感傷に浸ってたんだよ。冗談じゃないぜ!

 はっきり宣言します。ボクたちはそう簡単にグソーには行きませんっ!今もクヌユーにいます!
 ボクたちの正式名称はね、「ツチイナゴ」。眼の下のラインが目印にしてチャームポイント。そして! そして、ここからが大事よ。ボクたちは「成虫のまま越冬することができる種」なんです!・・・・って、昆虫図鑑に書いてた。・・・・ってことを、アイツ、今頃になって知って、びっくりしてたよ。・・・・でも、アイツ、嬉しそうだったな。ボクたちの草むらに顔を突っ込んだまま、ずいぶん長い時間、幸せそうな顔してた。しばらく見つめ合ってたら、アイツ、突然、指に乗れって言ってきた。ちょっとつき合ってやったけど、あれ、実は結構気持ちよかったよ。岩盤浴みたいにポカポカしてんだ、アイツの指。だから、降りろって言われても粘ってしがみついてた。しばらく遊んでやっていたら、「バッテリーが切れた!」とかブツブツ言いながら帰っていったっけ。

 そういうわけで、ボクたちとアイツは、今しばらく、仲良く共存共栄することになると思います。
 アイツね、最近、ハーブティーよりも、「さんぴん茶」とか「グァバ茶」とか「くみすくちん茶」とかに凝ってるみたい。「収穫」っていうの、今年はやらないそうだ。よかったぁ。


 ツチイナゴの幼生
 これは、ボクたちとアイツが初めて出会った日。9月10日です。これくらいの年頃は「幼生」って呼ばれるらしいんだけど、あんまり覚えていないな。あ、そもそも、これ、ボクかどうかも分からないよ。だって、この頃は仲間がたくさんいたから。・・・・・でも、ふつうさぁ、この時点で、ボクたちが「ツチイナゴ」ってこと、調べない?

 
 右脚上げて 左脚上げて
 11月26日。アイツの指の上で運動しているボクです。右脚上げて、左脚上げて、四股踏んでるみたい? 長い冬を乗り切るための下半身強化のトレーニング。・・・・な~んて風に、アイツ、勝手にニンゲン目線の話を創るんだろうな。まあ、別にいいけど。揚げ足とるようなことを書かなければね。

 
 やしが・・・・ ひーさぬ! 寒っ! 枯れ草の下にでも潜り込むか。
 ん? なんだ、この葉の匂いは? 月桃? あ、アイツ、また、庭に「サンニン茶」の茶かすを捨てたな!


:**:今日の一枚:**:
 「WINTER SONG/Paul Winter」
 これからの季節にぴったりの一枚です。
 この上なく美しいソプラノサックスを吹くポールさん、クジラとセッションしたり、野生動物の声をSEで入れたり、グランドキャニオンの一日を描く壮大な交響詩的組曲を作ったり。最近再発された音源で、昔はバリバリのジャズメンだったというお顔も知りましたが、LIVING MUSIC レーベルを立ち上げてからは、もっぱら自然との共生をテーマにした作品を発表しています。
 もちろん、それらの作品群はすばらしく、私もほとんど持ってます。しかし、時としてそれらのメッセージが、音楽それ自体を楽しむ喜び以上に、心に強い残像を残してしまうことがあるのも事実です。あと、私、クジラが好きなので複雑です・・・。特にベーコンが・・・。
 そういう意味では、北欧のトラディショナルなどを取り上げたこの作品は、純粋に音楽の楽しさ、美しさを満喫できる一枚です。ジャケットがすべてを物語っています。最後に収録されている「JOY」、J.S.バッハもきっと、踊り出すでしょう。

2008-11-28

再会。レモングラスは世果報の家。

えぇっ!おまえたち、まだ生きていたのか!こんなに寒くなったのに。

冷え込んだ後の雨上がりに  手前が「手乗りくん」。奥が「ヒゲじぃ」。

 「手乗りくん」に・・・、あっ、「ヒゲじぃ」まで!
 
 11月1日を最後に、その姿を見ることがなかったイナゴくんたち。庭に植えて・・・いや、自生しているレモングラスの繁みに、世果報の家を見つけた小さな命たち。アブシバレーはしないと約束した私との、晩秋のひとときの幸福な交歓。そんな日々も、ここ数日の冷え込みで儚く終わったものだとばかり思っていました。
 「虫たちにもニライカナイはあるのかな」。数々の写真を眺めては彼らの面影を偲びつつ、最後に撮った写真を見ては「かわいい遺影だな」などとシニカルなことを言ったりしていました。 ところが・・・。

 手乗りくん。もしかして、私の体温が気持ちいい?
 11月26日撮影。たぶん、「手乗りくん」だよね。差し出した指におずおずと乗ってくる仕草、そして、何よりもアップで見る顔。私は昆虫の個体識別ができるほどの専門家でも、天才でも、ふらーでもあらんですが、でも、きっとそうだよ。
 
 10月24日の写真と見比べてみようねぇ。おおっ!この一ヶ月の間に立派な羽が生えて。この頃はまだ、小春日和の陽射しだったね。
 左手に芙蓉の花。右手に彼らの桃源郷、レモングラス。

 ちなみに「ヒゲじぃ」は、他の個体がまだ幼生の面影を残している頃から老成した面構えをしており、口の周りに立派なヒゲ(体毛?)を生やし、カメラを向けると威嚇のポーズをとるようなやつです。・・・・あ、個体識別してるあんに。やっぱり、ふらーか?
 やしが、10月24日に見かけたのも2匹だけだったので、たぶん、間違いないでしょう。

 毎年、この時期には、レモングラスは刈り込んで、干してハーブティーや料理の材料にするのですが、今年はこのまま、イナゴくんたちの世果報の家を残してやろうと思います。
 
:**:今日の一枚:**:
 「Precious/普天間かおり」
 今年3月の沖縄旅行で運命的な出会い。といっても、食堂に貼ってあったポスターと目が合ったのですが。マブイに響くものがありました。今や私の音楽生活に欠かせない、大好きなアーティストです。
 福岡には頻繁に来てくださるので、これまでに4回、生の歌を聴くことができました。そして、12月21日(日)、福岡市大名「ROOMS」でのライブが待ち遠しいです。心の深奥に届く歌詞と歌声と、飾り気のない笑顔に溢れたお人柄とのギャップという魅力が、ライブでたっぷり楽しめそうです。

2008-11-18

すまんが、ペットは飼えないアパートなのだ。

 突然の寒波到来ですね。

 わが「猫の額の庭」の小さな生命も、春、夏、秋、そして、晩秋の残り少ない日々を生きています。
 
 さて、毎年のことなのですが、この季節、外に干していた洗濯物や布団を取り込もうとする時に、くっついてきて、一緒に家の中に入ろうとする生き物がおります。
哀願の眼差し
 何かを訴えかけるような眼、必死に網戸にしがみつく脚。黄昏時の秋冷にいささかの憐憫の情も芽生えます。でもね・・・。やっぱり、自然の中で、自然のままに、自然に抱かれて眠る方がいいと思うよ。人間の世界でも最近、自然葬を望む人が増えてきているみたいだし。
 じゃあ・・・、さようなら・・・。

 

強行突入でちゃーびらさぁーい!

 強行突入!
 

 あいえなー!困るばーて!だから、ダメだって! 
 一瞬、目を離した隙にこの体勢。眼がマジ。

 さて、毎年のことなのですが、この季節・・・・・(以下、同文)の当事者が妻だった場合、それはもう、けたたましい絶叫が響き渡ることになります。トゥビーラー登場並みの大騒ぎになるのです。
 というわけで・・・。自然に帰ろうねぇ。BACK TO THE NATURE!

 ちなみにこの写真、後日、PCのデスクトップ画像にしておきました。・・・・妻、でーじしかみました。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»