«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2014-10-15



まどろみて猫肥ゆる秋

   
null

     のたりのたりとやってきて 何ごとですかと思いきや
     泰平の夢への いざないですか





null

null

null

たまには森など 歩きませんか





null

ちぃぱっぱに ジャノメチョウ





null

声は知れども 名を知らず





null

     台風一過の森では ところにより一時 ドングリが降りました


     紅葉にはまだ早く 
     年々歳々 季節の移ろいも早く感じられたり



-2014/10/15 ご近所 (福岡県)-



2012-01-13

まや~ぐゎ~Θ沖縄ネコ館Θ 開館のおしらせ

   
    null

-2010/10/13 那覇市 西-
    


     ヒゲ振り合うも多生の縁

     旅の行く先々で
     縁を結んだり 遊び相手になってもらったり お休みのところを失礼したり 
     こっそりカメラを向けさせてもらったり 勝手な物語を投影させてもらったりした
     沖縄のまや~ぐゎ~

     このブログにご登場いただいた御万猫(うまんちゅ)を
     アルバムにまとめてみました

     2008年の春の旅から 時系列に並んでもらっております
     今後も新たな旅の都度 はたまた 昔の旅から記憶の中によみがえった都度
     よんな~ 加わってもらいましょうねぇ


     ページ右側のリンク ◆写真館◆より いつでも ずっと
     よろしくゴザイマス







     末筆ではございますが、
     当写真館設立に、いつの間にやら、多大なるお力添え、後押しをいただきました、
     南禅寺の湯豆腐さまへ、厚く御礼を申し上げます。

     なお、平素より温かいご感想を賜っております御万犬(うまんちゅ)の写真は、
     併設の「いんぐゎ~Θ沖縄イヌ館Θ」(近日開館)にて、おって公開いたします。



2011-11-18

冬支度

   
    null
    null

    どこから来たのか いつから居たのか どうやって見つけたのか
    大好物のイネ科の植物 レモングラスが 今年はまだ青々としているこの庭を

    まあ 驚きはしないのだが
    ここ数年 同じように どこからか現れて 中には冬を越したちゅーばーもいたからね

    刈った草は いや ほとんど刈ってもいないのだが
    庭の隅に小積んでいるので ベッドにでも お好きなように使ってください




          null

    晩秋のセンチな気分なんて感じさせない 生きる気まんまん 前途洋洋
    というか 無心に無垢に 自分の世界を見つめている

    正面からやってくる見慣れない生き物や物体には 案外動じない
    背後からの接近には 敏感なんだけど 

    そういうところも やっぱりツチイナゴ的だ




    昨日はこんな陽気だったのに 今日はひどい雨だった
    こうやって いつしか あっという間に 冬へ向かっていく
    
    油断しるな 冬支度

    そうそう 無事に春を迎えたら 当面のライバルは わらばーカマキリだ
    レモングラスの根元に大きな卵

    そうそう のんきに冬支度をしている人間の家には
    カマキリがよく 洗濯物にまぎれたりして 冬籠りを望んで押しかけてくるのだが

    先週末 とぅじにオーラセーを挑んで ガーエーだけで勝利したカマキリは
    どうやら ずいぶんと前から いつの間にか仮住まいをしていたようで
    なんと レースカーテンの内側に見事な卵まで産んでいた

    昆虫界の法理では もう地上権が発生しているかもしれないし 
    人道的見地からも できるだけ傷つけないように穏便に 屋外退去を願おうと思っている

    というわけで ライバルのわらばーカマキリは
    卵ふたつ分 産まれてくるだろうということを 承知しておいてほしい

 
    雨が上がったら また 顔を見せてくれるかな?


    

2011-07-17

曝涼の友

    
    null

     「曝涼」とは 虫干しのことなのだそうな
     夏または秋の 天気のよい乾燥した日がよろしいそうな

     天気はよいのだが 汗のにじむこんな夏の日は
     すべてが色あせ 日干しになり 下手すると汗じみなんぞ作りかねないので

     空調の利いた博物館の中で
     曝涼をはじめとする 保存や修復の叡智で守られてきた
     文化財に接したり 先人の営為を学んだりするのだが

     百年千年の宝の時から一歩外へ出ると
     一年足らずの時を生きる虫たちと親しみたくなる
 
     太陽の下 干されるどころか元気いっぱい
     曝涼の友と 汗にまみれる
     止まった時が動き出す身体感覚         



 

    null

隠れるつもりはないらしい彩色





    null
    null

案外 近くにいる





    null
    null

ここにも・・・ イナバウりひゃあ~





    null

ハーリー福岡支部 (本籍:大宜味村)



-2011. 7.16 九州国立博物館(太宰府市)-


2011-02-05

Edible Flower ~ 花を食べる

   
          null

梅の名所 太宰府天