«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

2009-05-19



確信犯たち?

2009年5月10日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ


 昨今の新型インフルエンザやら、民主党代表選やらの騒ぎで、麻生さんお得意の過剰サービス、品位欠落、おやおや、ポロッと発言などは、すぐに忘れ去られてしまいます。まあ、小さな囲み記事の範囲で前後の文脈も含めて伝わってくる限り、それほど事を荒立てるような趣旨でもなかったようですし、言葉狩りに興じているほどお暇な政治状況でもありません。
 確信犯かどうかは分かりませんが。

 しかし、世間が、メディアが、同じ話題へ一斉に目を向けている時というのは、薄墨の如き風刺の輩は、往々にしてネタ不足の危機に瀕することになります。
 
 というわけで、この麻生さんのポロッと発言という淡白な素材を有難く使わせてもらい、一升瓶で3年間寝かせた・・・、というか、忘れて放っておいた特製コーレーグースを振りかけまして、ピリッと辛いような、でも、気が抜けたような、ありあわせ料理を作ってみました。

【おことわり】
 このコーレーグース、決して沖縄県産品ではございません。83本の「不揃いな唐辛子たち」は、一時的に人々の舌を刺客・・・あらん、刺激して麻痺させるため、全国各地から取り急ぎかき集めた代物のため、未成熟な実も含まれています。また、酒は、永田町産の「茶番長老」「夢崩壊」「小池百合」などを混ぜた合成酒で、北谷町や豊見城市や石垣市産の泡盛は使用しておりません。



 「小泉チルドレン」、「83会」、こんな言葉が世間を賑わわせたのは、もう3年以上前のこと。
 解散如何に関わらず、年内には間違いなく総選挙が行われるという今年。
 3歳児となった「チルドレン」たちを取り巻く環境が激変してしているのは衆目の一致するところ。

 そんな中、事実上の生みの親である小泉純一郎氏、次男坊を後継に立てて、早々に隠居を宣言。・・・少々、解散時期を読み誤ったフライングだった感もありますが。
 いずれにしても、我が子以外のことは「しらんぱー」を決め込むのでしょうか。

 そして、3年前の刺客擁立劇、「チルドレン」たちの行く末がこうなると分かっていての、確信犯だったのでしょうか。


2005年9月27日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ


 その「チルドレン」たちが当選した、前回の衆議院議員選挙直後の作品です。
 はい、薄墨純一郎、当時は濃墨純一郎でした。以前にも書きましたが、別に、本家・小泉純一郎氏が好きだったというわけではありません。

 1行目は不揃いな唐辛子たち・・・、失礼、当選したばかりの「チルドレン」を自民党が本部に集め、議員のイロハについて研修会を行ったという記事。ちなみに薄墨は、サークルの合同説明会ふーじーに、「うちに入れよ!」「歓迎コンパ楽しいよ~」といった感じで、各派閥からの勧誘もあったと勝手に想像しているのですが・・・。

 3行目は、ひときわ言動が目立った北海道産唐辛子(比例南関東ブロック選出)、たいぞうくんが、当選直後に一気にブレイクする契機となった、「早く料亭に行きたい」という主旨の発言。この発言を、世間の大勢はバッシングと失笑を以って迎えたのですが、薄墨は、無垢な新人議員が先輩議員へ向けて放った、政界の本質を衝いた風刺であると喝采を送ったものでした。
 まあ、ご本人にどこまでの深慮があったのか、確信犯だったのかは判じかねますが・・・。

 そして、2行目。当時も今も変わらない、民主党でも変えられるかどうか分からない、官僚政治の
実情・・・、失礼、イメージ。

 「ご説明に参上つかまつります」。平身低頭、入れ代わり立ち代わり、議員会館に現れる「霞が関家庭教師派遣センター」。
 全員(ほとんど)が東大卒のエリート集団。財政、外交、農政、建設、文教から国防まで、目指す進路に合わせて、また、あなたの理解度・習熟度に合わせて、懇切・丁寧なご指導をいたします。試験直前には実戦に備えた想定問題で対策は完璧。さらに、与党コース在籍の方には24時間対応で、答案作成のサポートもいたします。家庭教師は、実績と伝統のプロ集団にお任せ!

 ・・・・以上、2行目はすべて、ノンフィクション風のフィクションです。

 紙面を賑わわせたニュース・ソースの谷間に、2行目 ―薄墨が平素より最も風刺したかったこと― をさり気なく紛れ込ませたこと、・・・これ、確信犯です。

2009-05-08

同行二人、されどトロイカ


2009年4月23日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ


 あれ?いつだったか・・・と思ったら、2週間前の掲載でした。すみません。
 そして、菅さんがお遍路したのって、いつだったか・・・。調べもせずに投稿しました。すみません。

 たしか、世相は「小泉劇場」真っ只中。そんな中、菅さんが民主党代表を辞して、四国八十八箇所を巡ったのはいつのことだったか。そもそも何ゆえ、そのような境地に至ったのか。

 ネットに溢れる有象無象の情報、そして、菅さんご自身の「オフィシャル・ウェブサイト」のバックナンバーによると、2004年の夏、秋、冬、三回に分けて四国入りしておられます。そして、ネット上の活字を眼で追っているうちに・・・。
 「未納三兄弟ですよ!総理!」という、予算委員会だったかどこだったかにおける、菅さんの舌鋒鋭い質問の声が耳の奥に蘇ってきました。
 例の年金未納問題当時、民主党の代表だったですね。「人生いろいろ」総理の開き直りの前に、あろうことか、自らの足元が・・・。

 ネタにさせていただいた礼節として、遅ればせながら、菅さんのサイトの中の「今日の一言」をその頃にまで遡り、当時の足跡や、日々の心境の吐露などを拝読しました。

 私の拙文とは異なり、至ってシンプルな日記。

 2004年7月28日付け、「体感」と題された、夏のお遍路から戻った直後の「今日の一日」を読むと、11日間で約240キロを踏破されたと記されています。真夏の四国路を一日平均20キロ以上の歩行というのは、なかなかのもの。
 ・・・といっても、私はお遍路の経験はないのですが。ただ、今年の2月末、季節外れの夏日を記録した沖縄を歩きながら、暑さに朦朧とし、オリオンビールの幻影を見ていた私よりも、屈強な体力、精神力で歩かれた様子は伺えます。

 しかし・・・。道中、何を見て、何を感じられたのか。
 政治家としてよりも、一個人として。
 歩き旅を愛する者として、非常に興味深いところではあります。
 
 風になり、無となり、同行二人の思索の旅路だったのか・・・。

 はたまた・・・  支援者、後援者(団体)への挨拶回りの行脚だったのか・・・。あ、それだと、小沢さんの地方行脚と変わらんか・・・。




 突然ですが。二大政党について、私はここで論じるだけの知見も、確たる立ち位置も持ち合わせてはいないのですが・・・。

 民主党、いや、民主党に集う政治家の皆さんが、とにもかくにも空中分解しないこと、なんとか寄り合い所帯を維持すること、それだけに汲々としている、無理に無理を重ねて、妥協と、打算と、腹芸の上に、小沢さんを担いでいる、という印象を否めない昨今です。
 小沢さんの説明責任がどうこうとか、辞める辞めないという以上に、政党、あるいは集団として、とても無理をしているな、硬直化しているな~と感じます。

 再び、菅直人さん。このお遍路の後、まだ、「消えた年金」や「後期高齢者」といった問題が世相を騒がせるかなり前に、「団塊党」という構想を表明したことがあったように記憶しております。メディアも当時は少しは取り上げたのですが、今日に至るまで大きなムーブメントにはなっていないように思います。

 日本が現在の形の二大政党にほぼ、収斂していく現代政治史の中で、比例代表制の下、多様な政策課題を掲げた小政党が声を上げた時代がありました。環境、女性、スポーツ、年金、宗教・・・等々の政策をピンポイントに訴えた小政党が ――実際に議席を獲得したかどうかは別として―― 多数の候補者を立て、その拠って立つ政見を披瀝するという、いい意味でのカオス状態。NHKの政見放送で、一瞬、耳を疑うような発言もオンエアされたり。
 ・・・その中に、犯罪者集団の一群も含まれていたわけですが、それは選挙制度の問題とはまた別の次元で総括せねばならない問題でしょう。
 
 マニフェストは戦わせるものの、実際は「党首力」、ぶっちゃけた話、その人気が世論の形成に大きな影響を及ぼすのが現状の、今の日本の二大政党制。小選挙区制の下、有権者が身近に感じている多様な政策課題が、選挙の「争点」とはなかなか符合しないもどかしさ。

 実は私、もう一度、小政党が多数、敢えてこの言葉を使えば・・・「乱立」する、比例代表制をやってみてもいいのではないかと思ったりしています。
 
 またまた、菅さん。比例代表制下の選挙で、団塊の世代が一丸となって、菅さんの「団塊党」を支援・支持して一大勢力となる、そんな政治状況も悪くはないと思うのですが。そして、私は今、それが実現可能な時代ではないかと思っています。

 しかし、そうなると、今、所謂「後期高齢者」と呼ばれている皆さんも「負けちゃいられない」ということになる。すると、若者だって立ち上がる・・・。

 なんだか世代対立を煽るような話になってしまいましたが、それが民意の反映であるならば、その選挙結果に基づき、徹底的に、オープンに、かつ腹を割って話し合いを行い、妥協点を見つけ、連立政権を樹立すればいいのではないでしょうか。

 さらに、環境、平和、教育、年金、労働・雇用、貧困対策・・・。既存政党に飽き足らない有権者が、様々な政策課題を掲げた小政党を支持し、国政に送り出す。あるいは、市民運動自体が政党としての力を持つ。

 ・・・思えば菅さんも、元来、そういう出自の政治家だったと思います。

 現在の小沢民主党のような、妥協の積み重ねによる、とにかく大所帯でいるために、寄らば大樹の陰といった感の閉塞状態とはまったく異なる、・・・まあ、自民党も似たり寄ったりですが・・・、風通しのいい、活力ある合従連衡。成熟した民主主義。

 ・・・渦中の小沢さん自身も、もう少し、小さな政党を率いていた時の方が生き生きしていたように思います。そして、小沢さん、小政党分立の下、連立工作のフィクサーとして腕を振るい、官房長官あたりに納まるのが適任かとも思うのですが。そして、豪腕を振るうのは、官僚に睨みを効かせる時に。



 管さんのお遍路から、なんか、取りとめのない話に広がってしまいました。ちょっと、言葉が上滑りした感も・・・。

 それでも、細川連立政権の成り立ちと崩壊、その後の政治史を見てきてもなお、こんなことを考えております。幻想でしょうか・・・。


2009.5.5 博多どんたくの喧騒が去った福岡市天神の街で

 このような動きが小政党の萌芽となる、そんな社会がいいと思いつつ、連休の街をお遍路。

 

 さて、末尾になって恐縮です。
 沖縄のコント作家、爪楊枝さん、今回はトップページのメニューの中から、「爪楊枝・沖縄電鉄の新投稿亭日乗」を拝見してみましょうねぇ。
 薄墨は、2009.04.17付けのネタ、「無糖派の襲撃」に抱腹絶倒しました。今年2月末に嘉数高台から浦添方面を眺めた時、地図と見比べながら、「なんで、こんな場所に総領事館があるかねぇ?」と、視力2.0で遠望したことを思い出します。
 その数日後、・・・局地的にコーヒーの雨が降ったそうですね。

 爪楊枝のゆんた句のページ―新聞コント投稿の世界

  爪楊枝・沖縄電鉄の新投稿亭日乗


2009-04-05

ブラック、微糖

2009年4月3日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ

3月末の紙面改編に伴って、レイアウトが変わりました。

 う~ん、今回はちょっと、ブラックの一線を超えちゃったかな、とも。

 この百年に一度の不景気の折から、生活の困窮、爪に火を点す節約、金欠に懐寒し・・・といった、
われわれ庶民が悲しくも共有できる自虐ネタはこれまでも頻繁に投稿していたのですが。
 しかし、夜逃げ・・・、にまで至ると、やんごとない、のっぴきならない、笑い事では済まされない状況・・・、をも思い浮かべてしまいます。いや、投稿する時点でそこまで思いが至ればよかったのですが。

 まあ、家族や知人も、そこまで考えなくてもいいのでは、と言ってくれますし、こうやって掲載をしていただいておいて、投稿者自らが「やっぱりまずかったです」と自己批判するのもいかがなものかと。編集部の方々にも申し訳ないですし・・・。

 「ブラックの一線」、と冒頭に書きましたが、それはもう、価値観や感じ方によって、千差万別、百人百様。
 実は薄墨、以前に、ある大事故を題材にした「かたえくぼ」の内容が「一線を超えている!不謹慎極まりない!良識を疑う!」とひとり激昂し、抗議の手紙をしたためたりしたこともありました。
 しかし、そのことを契機に、こうも自省しました。

 「ブラックの一線を超える、とは何か。つまり、私自身の中にその一線、超えてはならない一線の
"基準"がある。ということは、ここまでは大丈夫、ここまでだったら一線を超えてはいない、と自ら許容する範囲のブラックを、自身の中に内包していることでもある。ところが、私が許容する範囲のブラックが、別の方の"基準"に照らしてみると、実は一線を超えたブラックになっていることもあるのではないか」。
 なんだか禅問答のようですが。

 この「かたえくぼ」への投稿を勧めてくれた妻の最初の一言が、「あなたの、その害にしかならない毒舌、皮肉を、世のため、人のために役立てられないかなぁ」というものでした。・・・いや、決して世のため、人のためになっているなどと思い上がってはおりませんが・・・。そして、実はその妻から、私が妻へ向ける毒舌、皮肉が、かなりの頻度で、妻にとってのブラックの一線を超えていると、日々、非難、叱責されているのです。
 家庭の恥を曝してしまいましたが、そんなわけで、私にとってのブラックの一線やその"基準"というのも、甚だ心許ないものであることを申し述べたかった次第。



 さて、先般から紹介させてもらっている『THE BIG ISSUE』。3月15日発売の115号に、9ページにわたて、「生きのびる」という特集が組まれています。NPO法人ライフリンク代表の清水康之さんと、文化人類学者の上田紀行さんとの対談。この特集、さらに、4月1日発売の116号へと続きます。

 その中に「生きる支援の総合検索サイト ライフリンクDB」が紹介されています。
 「支援策に関する情報が得られないためがために苦しみ続けている人、生きる道を断念せざるを得ない人たちを、一人でも減らしていきたい」と清水さん。
 そして、上田さんは、「サイトをまず見ての感想を言うと、自分がそうなった時にこのサイトに到達するのもいいけど、そうなる前にクリックしとくべき、それがものすごく重要。緊急避難的にクリックするケースではなく、そこまで追いつめられてない時からたくさんクリックしておくのが重要なのではないかなと思ったんですね」

 その「ライフリンクDB」のURLを記載しておきます。
 http://lifelink-db.org/

 なお、以上、『THE BIG ISSUE』誌に関する内容はすべて、上記115号より引用させていただきました。また、現在のところ、同データベースに登録されている相談窓口は東京・大阪・名古屋から先行してスタートしていますが、順次、エリアを拡大されていくとのこと。



 夜逃げを思い立つような境遇の方が、その前に、このようなセーフティーネットと出会うことができれば。


 ・・・今宵、ブラックに少しだけ、砂糖とミルクを。




冷たい雨 散る桜 散ってなお 道を照らす



風に舞い 水面に浮き 水を求める人の 渇いた心もうるおすかもしれない


2009-03-20

かぶりびと

2009年3月19日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ


 薄墨純一郎、古波蔵恵里夫・・・。世を忍ぶ、これら私の仮の名と、同じ名前を名乗っておられる酔狂な方は、今のところいらっしゃらないようです。

 薄墨純一郎の由来につきましては、2008年12月4日の薄墨のデビュー、「風刺ふーじー、してます」に述べさせていただきました。

 古波蔵恵里夫は・・・、実は沖縄滞在中に、ウチナーンチュの皆さまから、「へぇ~、そうだったの」、
「あぁ、なるほどね」という、私としては予想外の反応が多かったため、改めてここに高らかに宣言させていただきます!
 このブログのタイトル、そのまんまなのですが、自称・古波蔵恵里の夫、なのであります。古波蔵恵里は言うまでもなく、名作『ちゅらさん』のヒロイン、えりぃであり、そして、沖縄が生んだ世界の至宝、美ら島の天使、国仲涼子さん。私は臆面もなく、その古波蔵恵里の夫――劇中の夫である文也くんを差し置いて――えりぃの夫を名乗っているのです。国仲のお義父様にご挨拶に伺ってもいないのに、勝手に国仲家・・・あらん、古波蔵家に婿入りしたことになっているのです。
 『ちゅらさん』が放送された2001年以来、ずっと一途に、浮気もせずに。妻からどんなに白眼視され、不実を罵られようとも。妻とは結婚をしたのであり、国仲涼子さんとは心の中でニービチをしたのだと公言し続けております。
 「古波蔵恵里夫」を、おそらく、この世で最初に名乗ったふら~、「トップふら~」としての誇りを胸に抱いて!不惑を越えての幾ばくかの気恥ずかしさを胸に秘めて・・・。

 これ以上書くと、さすがに気分を害される国仲さんファンの方もいらっしゃるかと思いますので、このへんにしておきましょねぇ。

 どうでもいいことを高らかに宣言したところで・・・、今日のお題です。
 「解散先おくりびと」。これ、薄墨より先に思いついた方、実は数多くおられたのではないでしょうか。それを何らかの形で世に出したかどうかは別として。

 大辞泉で「かぶる」という言葉を引くと、「一方の発言と、もう一方の発言が重なる」「同じようなものがそろう。重複する」等々。

 薄墨も、さすがに新聞紙上や各種メディアなどで既に流布したネタであれば、「投稿者の矜持」として、投稿を見合わせるところですが、結論として、そこまでは手垢がついていないと判断をしました。
 同じタイミングで、同じようなことを考える人、思いつく人は、きっと世の中にばんないいると思います。それはそれで面白いことだと、お互いに偶然の一致を笑い合うことができれば楽しいことだと思います。
 かぶってしまった者同士で。
 ・・・・・「かぶりびと」。


 さて、前回に引き続き、沖縄ご在住の「同好の士」、爪楊枝さんのホームページのご紹介です。
 爪楊枝のゆんた句のページ―新聞コント投稿の世界
 先般、沖縄でお目にかかった折にも、このような「かぶって」しまった場合のエピソードなど、いろいろと
お話しさせていただきました。


 最後に。いや、これはやはり、やめておいた方がいいか・・・。でも、公職選○法には触れない・・・・・・はず・・・・・・と信じて。
 去年の春、沖縄の各所で見かけたポスターの中で、異彩を放っていた一枚の写真を。
 あ、やしが、ここに写真をアップするのはギリギリセーフかと思うのですが、ポスターにこのような形で手を加える行為自体は、やはり法に触れるのでやめときましょうねぇ~。
 やしが・・・、しに笑える!
 私が去年も今年も土産の泡盛を買いまくった、那覇市の某ショッピングセンターの、お酒コーナーの
にぃにぃ(店長?)にそっくりなのです。

 解散も近づいたのか、ポスターが、今年は似顔絵から写真に変わっていました。チョー○ンさん。

 Read More からどうぞ。

2009-03-09

タラジサビタン

 「ごちそうさまでした。まだ食べ足りないくらい美味しかったです」・・・そういう意味だと理解して、沖縄旅行中に連発しました。

 「クワッチーサビタン」よりも深い感謝・感動・リスペクト。そして、まだまだいくらでも食べられるけど、本当に美味しくて名残り惜しいのだけど、時間と胃袋と財布の中味・・・あらん、中身には限りがあるので、これにて失礼いたします・・・そんな感じで。
  
 去年の沖縄旅行との比較で興味深いデータが出ました。
 まずは体重。昨年はなんと10日間で5㌔減少。食べて食べて食べまくったのに。真夜中の三笠食堂とか、閉店間際のジャッキーステーキハウスとか、開店直後の波布食堂とかで、三食しっかりと、日によっては四食も食べていたのに。それ以上の運動量があったのでしょう。よく歩きましたから。まあ、母数が90㌔台なので、激減というほどのことでもないのですが。
 で、今年。10日間で1㌔増!あぎじゃび!なんでかねぇ~・・・。やっぱり、飲みすぎたからでしょうか。去年は、夜は比較的おとなしく過ごしていたのですが、今年はほぼ毎晩、飲んでいました。
 新しい出会い、旧知の方との再会、そして、夢の中の方々からの夢のような歓待。理由は様々なれど、要するに毎晩、オリオン生&泡盛!
 体力の限界を感じたら山羊汁、山羊刺、チーイリチーにイラブー汁。小腹が空けば天ぷらの買い食い。そばは迷わず大盛。昼夜不問の食堂行脚。那覇空港では涙の味のA&Wルートビアを2杯おかわり。
 それでも、毎朝、日が昇るころから動き出して、あちらこちら歩き回っていたので、体脂肪率はナイスな数値になってりました。目指せ!25%台!

 もうひとつが旅行中の食費。宿代は、去年も今年も一泊平均2千円程度(旅人思いの宿主様には頭が下がります)。そんな旅をさせていただく身でありながら、また、とぅじには「清貧の旅をしてくる」と言っておきながら・・・・。上記のように、歯止めが利かなくなった食欲は、財政を破綻へと追い込みました。去年の3倍くらい、食費がかかりましたっ!体重増もさもありなん、の相関関係です。
 当分、ニラだけのソーミンチャンプルーで緊縮財政です。押入れの奥に隠している3合瓶で食いつなぎ・・・いや、飲みつなぎます。


2009年2月24日付 朝日新聞西部本社版 「声」欄 かたえくぼ


 さて、ようやく本題の「かたえくぼ」です。
 まずは、今回の旅の中でお目にかかることができた、沖縄ご在住の「同好の士」をご紹介させていただきたいと存じます。
 爪楊枝のゆんた句のページ―新聞コント投稿の世界
 沖縄の新聞を読んでおられる方のほとんどが、そのお名前を目にしていらっしゃるかと思います。
 「爪楊枝」のペンネームで、沖縄タイムス、琉球新報にとどまらず、全国紙から他県の地方紙に至るまで、数々のコントが掲載され、沖縄ローカルの話題から世界情勢、スポーツまでをカバーした、見事な社会風刺を展開しておられます。
 そして、日本随一の「コント作家兼研究者」として、全国の新聞にあるコント欄の歴史や動向について情報収集し、読み応えのあるホームページを開設されています。
 新聞を読む楽しみが増える「ゆんた句」の世界を、ぜひ一度、ご覧になってみてください。

 さてさて、今回の薄墨の作品は、あれあれ、もう掲載から2週間が経ってしまいました。たしか掲載日に、読谷村の宿の近くの公衆電話からとぅじに電話をした際、「載ってたよ」との報を受けた記憶が。ちなみに去年の旅行の折にも、嘉手納基地を一望する「安保の見える丘」で同じようなことがあったような。

 ということで、ずいぶん前の掲載、ということはその元ネタになったニュースはもっと前ですね。少子高齢化や核家族化、世帯員数の減少などを踏まえて、また、作りすぎの食べ残しはエコに逆行などの声を受けて、NHKの「きょうの料理」が、標準レシピを4人分から2人分に変更するといったニュース、だったと記憶しております。

 しかし・・・、沖縄の食堂やマチグヮーを見るにつけ、また、実際に食べてみて・・・。
 沖縄は・・・、今のままでいいと思います。家族も・・・ 大家族・・・ 家族・・・ かぞく・・・ かぞ? あっ!
今夜のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」、沖縄県糸満市ですね!これは見逃せません!



-2009/3/2-


 「やかそば大盛」、「ニガナと豆腐のごま和え」を平らげてもタラジサビタンだったので、「ちぃいりちぃライス」(サイドメニュー)を追加。にんにくバターでパワー倍増!
 中城村のR329を徒歩縦断&中城城跡探訪&成田山の豆まきを想像してひとり思い出し笑い(for FEC only)・・・の一日より。
 「やかそば」:中城村当間。R329から寄り道しながら徒歩10分。宜野座に本店があるそうです。


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»