2017-06-11

それでも、海と

   
null

屋我地大橋横の砂洲から羽地内海、ジャルマ島を望む


 「ここに新しい道が有る。其開拓は困難であるが、感傷主義に萎へた心が、その企画によつて再び限りない勇氣を得るであらう。そのやうな熱烈な魂が、また此癩根絶策の正道の上にも必要であるのである」

  『葱南雑稿』(1946)太田正雄、東京出版
  (山川基・小笠原真・牟田泰斗(2009)「日本のハンセン病強制隔離政策と光田健輔」就実論叢39 巻から引用)

 


 「新しい道」「其開拓」「その企画」はいずれも、ハンセン病の科学的治療を指す。この言葉は、戦前の「不治」「不可治」を前提とした、ハンセン病文学における「絶望」「怨恨」「感傷主義」に向けられたものと理解する。

 強く心に響いている。
 ハンセン病のことだけでなく。日々、意識に上る多くのことにも置き換えて。
 ひとつ学びの中から、敷衍できる大きな言葉に出会えた。

 過去の戦争の犠牲に対して。
 現在も続く相克に対して。
 天災、人災。
 蔓延る欺瞞、無知、空疎。
 心萎えさせる、あらゆる現実に対して。
 日々紡いでゆく、暮らしの中で。

 熱烈な魂を。
 感傷主義に萎えることなく。
 
 それはまた、「祈り」を超えた、犠牲者への祈り。
 過ぎし日からの学びを、未来へ向けること。


-2016/6/25 屋我地島(名護市)-


    
category2016 沖縄旅日記② 夏  time22:24  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)