2017-05-31

いのち想う朝

  
null

 一年前の今頃と同じ資料を読み返しています。

 一年前の今頃は、知らなかったことが多すぎて、知るべきことが広すぎて。読みながら同じ個所を行きつ戻りつし、分からない言葉の意味を調べ、いくつもの下線を引き。
 1930年代のハンセン病の方々の置かれた境遇、人々の意識。青木恵哉さんと病友が大堂原に土地を得るまでの数々の困難。
 32軍創設から強制収容(1944年9月の所謂「日戸収容」)に至る日々。戦時下に、定員の二倍という収容を余儀なくされた愛楽園内の困窮。
 
 舞台となった沖縄の様々な地のこと、1944年の「10・10空襲」から1945年沖縄戦に至る出来事は、これまでの旅の記憶の糸を辿って、なんとか思い浮かべることもできました。

 それでも、戦後になり、占領下においてもつづいた苦難のことはまた、何も知らず。沖縄と内地との差異も。
  
  
   
   
 
null

 一年の歳月。
 旅の余韻と記憶を抱きながら、新たに触れたもの。
 
 昨夏、島で出会った方のご厚意で頂戴し、読むことができた『選ばれた島』。
 その本の著者、青木恵哉さんの足跡と、愛楽園設立に至るまでの経緯を中心とする数々の論文。
 患者の内面を深く知るところとなった、北條民雄さんの『いのちの初夜』。
 熊本で訪れた、本妙寺や、ハンナ・リデル女史、ハンナ・ライト女史ゆかりの地(熊本地震のため、記念館は休館中)の記憶。

 一年をかけて新たに、少しずつ、知ってきたこと、感じられるようになってきたこと。それらを胸に、もう一度、一年前の今頃と同じ資料を読み返しています。



 「自分の中にたくさん蓄えなさい。そして書きなさい」
 一年前に読んでいた、伊波敏男さんのインタビューの中から。
 川端康成さんが中学生だった伊波さんにかけた言葉。

 「ピープル ハンセン病に向き合う人びと」 ハンセン病制圧活動サイト Leprosy.jp HPより  http://leprosy.jp/people/iha01/
 


 蓄えたもの、考えたことを携えて、この夏、また、この島へ。
 

-2016/6/26 屋我地島(名護市)-



【2017/6/4 追記】
 様々な資料を読み進める中で、上記文中の「患者」という言葉について考えています。
 それぞれの方の境遇により、「療養者」「入所者」などと捉えるべきではないかと。一括りにしてはいけないという気づきとともに。
  
    
category2016 沖縄旅日記② 夏  time23:56  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)