2017-01-10

2017新年 -再生の歌-

   
null

-2016/2/28 渡嘉敷島-



null

-2016/5/13 熊本市-



null

-2016/6/26 屋我地島-



null

-2016/10/16 阿蘇市-



 2016年に訪れた場所で撮ったこれらの写真で、年賀状を作りました。

 熊本、大分をはじめ、たいへんだった各地のことを思うにつけ、
 今年は、新年を祝う言葉がどうしても書けず。

 ただ「2017年 -再生の歌-」とだけ書き、
 それぞれの写真に、大好きなHEATWAVEの歌から、
 山口洋さんの歌詞の一節を添えさせてもらいました。
 それぞれの土地の、再生を想いながら。



 渡嘉敷島には、『満月の夕』から。
 
   それでも人はまた 汗を流し
   何度でも出会いと別れを
   繰り返し

 1945年3月のあの日を経て生きつづけた方々の生涯と、島の再興の歳月を想い。
 


 熊本市には、『出発(たびだち)の歌』から。

   何度でも道をすり減らす
   それが出来ること
   すべてなら
  
 地震後、3回目の熊本入りで初めて、元気な姿を見せてもらった後輩たちを想い。
 


 屋我地島には、『冬の朝』から。

   そんな暮らしのなかで
   誰もがみな 夜明けの歌を
   探している

 愛楽園を、「逃れの島」を、病友の皆さんを、その前後に連なる歴史を想い。

 

 阿蘇市には、『雨の後、路は輝く』から。

   この雨の後、路は輝き
   新しい茨の道がまた
   よみがえる

 この翌週、雨の後に再訪した時、灰に覆われた大地に緑の息吹きを見たことを想い。
  

  
-Inspired ans Special Thanks-
  HEATWAVE,山口洋さん

 
 
category日記  time23:48  authorKohagura Erio 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

:

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh:
:
:

Trackbacks

DISALLOWED (TrackBack) DISALLOWED (TrackBack)