«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2015-12-21



おはようの昼下がり

    
null

   めーなち毎朝 暗いうちから あけもどろ 
   あっちゃーあっちゃーしてるから
   真夏まふっくゎ パタイして
   お昼寝ニーブイ してるんだはずね

   だぁ お目覚めの時間ですよ
   だぁ 洗濯機も 止まったようですよ
   だからねぇ 洗濯を干してから また出かけるんですよね
     
   
   
   ・・・なんていうふうに、窓の外から、起こしに来てくれたのかい?
   ・・・それとも、
   ・・・ボクが起きたから、窓の中の気配を感じて、一緒に起きちゃったのかい?
   ・・・まどろみを撫でる保克さんの唄三線が、突然、
   ・・・アラーム代わりのパット・メセニーに変わったから、どぅまんぎたかい?
  
   ・・・ごめんね、お昼寝のじゃまをしちゃって



   いやいや そんな お昼寝だなんて
   ちょっと日陰で とぅるばっていただけですよ
   ニーブイカーブイ していませんよ
   夢の中でも ふぅん 鼻と耳は ふぅん しっかりと
  
   まだまだ 外は暑いですよ
   


   ・・・知ってるよ その場所は
   ・・・知ってるよ じょーとーだよね お昼寝に
 
   ・・・まだまだ 外は暑そうだね



-2015/6/26 糸満市 大度-

 -Special Thanks-
  民宿よんな~ さん
  
  

2015-12-17

琉球の道

   
null

    部分... 総和... 全体...
    ぬーがぬーやら わからんしが 

    御万人... 調和... 市場...
    まちぐゎーぬ美らさ 人数ぬ備わい 


-2015/7/2 那覇市 樋川-

  
 

2015-12-11

それでも、海と

  
null

   「お利口 ナイチャー」
   「物分かりのいい ヤマトンチュ」
   「お利口 ナイチャー」
   「物分かりのいい ヤマトンチュ」

   だれに言われたわけでもない
   自らの心の内から湧いて出る言葉の刃を
   つぶやき つぶやき 己の胸に突き立てる


   
   惑い 怒り 迷い 憤り 悲しみ 自虐 焦燥 傍観者 無力感
   吐き出した想いの数だけ 足跡が千々に乱れる 
  


   美しすぎる海と 無力な自分とが
   あのオレンジ色のフロートによって 切り離されていく

   これまでやってきたことと これからやるべきこととが
   あまりに多くの相克を前にして 切り裂かれていく


    
   

null

雄叫びのようにシャッターを押す





null

この情景をただ残すこと それに意味はあるのか



-2015/6/28 名護市 瀬嵩-

  
  

2015-11-16

それでも、海と

  
null

   風と潮を頼り また 風と潮を畏れ そうやって
   海の向こうと つながっていました

   人を頼り また 人を怖れ そうやって
   地平や山や砂漠の向こうと つながっていました

   そんな旅路の中で 外界と向き合いつづけた人には
   世界を身の丈で考える 理性と時間が
   与えられていたのかもしれません
   

-2015/6/30 知念岬(南城市 知念久手堅)-


 

2015-08-28

雲、流れる朝

   
null

 『特攻に殉ず 地方気象台の沖縄戦』 田村洋三・著(中央公論新社)から。


 喜瀬宏さん(1944年1月、那覇商業を繰り上げ卒業後、沖縄地方気象台勤務)が、
 沖縄戦での長い彷徨の果てに、米兵に保護された場面、
 そして、その場所が、取材の過程で明らかになったということが、
 この本の最終章に描かれていた。

 その場所は、糸満市小度(現在の大度)の民家の、穴の空いた水タンク。
 その民家に、現在お住まいの方のお名前も記されている。

 「もしや」と思う。
 この朝の写真を撮った前の夜、様々なご縁がつながって飲み語らった、あの方では?


 やはり、そうであった。


 いろんな想いが、駆けめぐる。
 つながったことに、心が、震える。

 唄三線を愛し、島酒を愛し、畑を愛し、ゆんたくを愛し、
 美しい朝日を浴びながら、大度の浜を、愛犬と散歩するのを日課とする、
 今、そんな穏やかな日々を愛しておられる。

 あの方が、齢5歳であった夏に、この地を覆い尽くした、
 夥しい死と、その中での奇跡的な生。

 そんな記憶が、あの方の島唄を、
 魂から湧き出でる「平和」への願い、土地に根ざした「平和」への想い、
 声高に唱える観念ではない、心の奥底からの静かにして厳とした、
 「平和」のうたとしているのか。


 飲み語らった翌朝、午前5時、空が白みはじめる。
 点々と眠る、暮らしの灯りの上を、静かな、静かな朝の空を、
 雲が流れる。


-2015/6/27 糸満市 大度-



«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»