«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

2017-02-15



花 ~ うまんちゅぬ肝心に花を 花の色見て我に返る

   
null

   断崖を前にして 路を失った
   打ち寄せ 迫り来る波の気配に 色を失った
   潮だまりを駆け 巌を這い 掴めるものを掴んだ

   張りつくように這い上がった路を 振り返る
   荒い息 風に冷える汗 濡れた靴 手に土塊
 

   足元に花 
   風に揺れる花に 色を見る

   失っていた色彩と 今と ここと 我とを 
   動き出した時間の中に 取り戻す    


-2014/12/2 糸満市 喜屋武-

  ■ 2016-06-17 戦世を訪ねて 2008~2015
  
  

  

2017-01-25

琉球の道

   
null

たしかな くらしの つづく におい



-2014/12/1 那覇市-

  
 

2016-12-25

夜の果てへ、そして、朝へ

   
null

   この広い空は 何を見ているのか 見せているのか
   飛び立つものは 何を目指して どこへ向かうのか
   静寂の中でも 決して眠らない 眠らせない
   何のために だれのために

   こんな日々がいつまで つづくのか



   でも そこにある 人の暮らし
   おはよう Good Morning チャーガンジュー How are you 
   これまでも つづけてきた
   これからも つづくか しばらくは
 
   けれども
   胸を張れなくても 俯くことはない
   怒っても 赦しを捨ててはいけない
   昨日を決して 忘れないから
   明日はきっと 信じるに値する
   チルダイしても ヒヤミカセ
 
   そんな歴史を積み重ねてきた上の 今日
   Brand New Dayもいいけれど この島には歴史がある
 


   ほら また新しい だれかの一日が始まる
 
   フェンスのこっち側で
   案外したたかに 結構しなやかに
   今日を明日のために 紡いでいるよ
   だから 決して負けない あきらめない
 
   フェンスの向こうの トモダチよ
   キミのHome Townには どんな朝日が昇るんだい?
 
 
-2014/11/30 嘉手納町 兼久-

  

  P.S.
 
   2016年クリスマス この道を
   歯を食いしばり でも 楽しそうに
   誇り高く 仲間とともに だれかのために
   自分たちのゴールを目指し 新しい歴史を切り拓き
   夜通し歩いていた やつもいたよ
 
 
   -Dedicate to-
    ゴリラコーポレーション with 夏希


 

2016-09-26

南の島々も揺れた日に

   
null

-コザ銀天街界隈(沖縄市)-



  アメリカ世~ぬコインかと思いきや へいしぇ~ぬジンぐゎ~でした
  思い込みはいけません 虚心に見るべし
  などと心した 2年前



  昨日見てきた写真展
  『okinawan portraits 2012-2016 石川竜一』
  そのパンフレットより
  ≪絶景のポリフォニー≫に寄せた 石川さんの言葉
  
  「今そこにあるものを、できるかぎり受け入れること。
   『研ぎすます』や『無駄を削ぎ落とす』ということは技術的なことではなく、
   自分の経験や培ってきた概念をできる限り捨て、
   今この時と向き合うことだ。」

  



null

-勝連グスク(うるま市 勝連)-



  古代ローマのコイン かっちん城で発見の報
  海を越え くにを越えたいにしえの 交易の浪漫

  やしが今日 同じ日のニュースで

  「我が国」のために汗を流す人々を 高みから称える空疎な拍手に
  彼我と手を携えるため汗を流す 肝高き誇りや智慧の 欠片も感じず


-2014/11-



2016-06-20

戦世を訪ねて 2008~2015

   
null

   すれ違う若者たち ひとりひとりの表情を見る
   平和学習で入壕したのだろうか
   何を感じてきたのだろうか





null

null

null

null

   三年半前に体感した 深い闇と重苦しい壕内の空気を思い出そうとするが

   一日かけて六ヶ所の壕を巡った一日の 五ヶ所目であったこの壕の記憶は
   香炉の脇に転がっていた薬莢を呆然と見つめたこと
   公園として整備された緑の並木の下を駆けていた犬の姿

   そして

    「ここでも、本当に、本当に、辛いことがありました。大丈夫ですか?」

   という ガイドさんの言葉
   

-2014/12/2 マヤーアブ(糸満市 山城)-



«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»