«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 246 | 247 | 248 || Next»

2017-07-14



それでも、海と

   
null

   場の力
   その場所に立つ意味
   その場所で佇み 考え 無になる時間

   やがて その場所で生まれることばは
   だれが もたらしてくれたのだろう

   それはこの場所で
   届けるべき人たちなのかもしれない


-2017/6/19 屋我地島 済井出(名護市)-

  
  

2017-07-02

雨あがりの森に

  
null

♪どうしたんだ ケケッケ~ 走れ走れ パーラナイ





null

♪どうしたんだ キュキェッキョ~ くゎっちー探して サーラナイ





null

   ゆっくり走って 来てたから
   アガチャー シカマス こともなく
   ひっそりスーミー チャービラサイ
   アガチャー アファー しませんね

   雨あがりの森で うれしい出会い
   車を停めて 息をひそめて
   いつまでも 長くつづいてほしくて

   ♪ こんな路で おまえに出会えるなんて
   ♪ こんな時は 発車できないあんに 



 
  ※ アガチャー:ヤンバルクイナのこと。やんばる方言で「慌て者」
    シカマス:驚かす、びっくりさせる
    スーミー:覗き見
    チャービラサイ:おじゃまします
    アファー:気まずい感じ、驚いたときなどの感嘆詞「あれまぁ!」



-2017/6/17 国頭村-


-Inspired by-
  『雨あがりの夜空に』 RCサクセション
  (作詞:忌野清志郎/作曲:仲井戸“CHABO”麗市 )

 

2017-06-28

戦世を訪ねて 2008~2016

   
null

   これまでに訪れた地の 記憶を辿る
   地図を広げることもなく
   目の前の景色の中に その地勢(かたち)を見つけては
   残像を重ねる

   遠く 近く この視野の中に見とめるだけでも
   あの日 あの時 向き合うことができた場所だけでも
   あまりにも多くのことが 刻まれていて

   立ちどまることなく 通り過ぎた場所にも
   光が照らす地表にも 光の届かぬ地の底にも
   風が渡っていく その先にも
  

-2015/6/26 真壁公園(糸満市 真壁)-



琉球の道

   
null

 雨の中ひとり ハンドルを握る やんばるの森

 ガイドさんに幾度か 案内してもらった道・・・だったかも
 たしかここは 見覚えがある景色・・・であるような
 目的地はこっちで 合っている・・・んだはず???




null

 こんな雨の日は リュウキュウヤマガメが 道まで出てきているかもしれないですね
 カーブは特に気をつけてくださいね 曲がった先に倒木があるかもしれないから
 一ヶ所 道の真ん中が陥没しているところがあるから 腹を擦らないように


 やんばるの森を愛し やんばるの森を知り尽くす そして
 ずっと ずっと 長い間 やんばるの魅力を教えてくれた方から
 ついさっき聞いた言葉を 耳に残る温かい響きを
 大切に 心に抱き そのままに   

 ゆっくり ゆっくり 本当にゆっくり 歩くように
 限りなく一時停止に近い わき見を繰り返しながら  




null

 本当は 走らないのがいいのかもしれない できるだけ 
 道も無いほうが いいのかもしれない 森のためには

 でも こんな雨の日には 道がとっても走りにくい日には 
 天がちょっと荒ぶる日には 自然が大きく感じられる日には
 このまま森に 飲み込まれてしまいそうで
 ちょっと 安心したりする
 

-2017/6/17 国頭村-

  
  

2017-06-23

依代花

   
null

   花は祈りの場で触れる ただひとつの外界 
   手に触れる花の柔らかさが 花に触れる手を優しくする
   花を手向けたその手と手を そして 心を合わせる
  


-2016/6/28 魂魄之塔(糸満市)-

  
  
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 246 | 247 | 248 || Next»