沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2011-02-21



新城 アジアチャンピオンに!-アジア選手権(沖縄)

新城 アジアチャンピオンに!-アジア選手権
null

2月19日、タイで行われた第31回アジア自転車競技選手権の
エリート男子ロードレースで新城幸也(ヨーロップカー)が
優勝した。新城の優勝により、日本はロンドン五輪出場枠
の1枠を確保した。

エリート男子ロードレースは158km。気温37度を越える酷暑の
13時にスタートが切られた。イラン、カザフスタン、香港、韓国
などオリンピックの枠を狙う強豪国に対する日本の顔ぶれは、
新城の他、宮澤崇史(ファルネーゼビニ・ネーリソットーリ)、
福島晋一(トレンガヌ・プロアジア)、畑中勇介(シマノレー
シング)の4人。
 
序盤、新城、宮澤を含む9人の逃げグループが形成され、最大3分
近くの差が開いたが、後ろからカザフスタンを中心とする16人の
選手が追走。残り半分のところで9人にとらえられたが、そこから
再び新城がカウンターアタック。ウズベキスタンの選手と2人が
逃げ、メイン集団の中には福島、宮澤が入るという絶好のチャンス。
1分30秒ほどのタイム差で周回を消化するが、残り2周を切った
頃には差は30秒に縮んでいた。ウズベキスタンの選手はほとんど
先頭を引くことはなく、新城の独走状態。最終周回に入るとき
には15秒差で誰もが25人ほどの集団スプリントを予想したが、
追撃を阻止しようと宮澤、福島が追走集団を必死のコントロール。

新城は15秒の差でもあきらめることなく踏み続け、ゴール手前で
2位の選手を引き離し、単独のゴール。アジア選手権で自身初の
優勝を勝ち取った。

レース後、新城は「いゃ~、ホッとした。ホント久々の優勝
ですよ。調子が良かったから、行けるっ!という自信があったし
後ろには兄ちゃん(福島選手)も宮澤さんもいるから安心して
いました。最後はさすがにきつかったけど、楽しかったです!
オリンピックの枠は日本チームみんなのものなので、これから
代表に選ばれるように頑張ります」と、満面の笑みで語った。
 
新城は21日に帰国し24日には渡仏。27日にはフランスのレース
に出場する。ランカウイ以来心配かけてきたチームにも、大きな
お土産を持って、フランスに戻ることができる。

(現地レポート=ヨーロップカー広報アシスタント・飯島美和)

【エリート男子個人ロードレース】
1位 新城幸也(ヨーロップカー)  3h40'01"
2位 HALMURATOV, Muradjan(ウズベキスタン)  +01"
3位 ASKARI, Hossein(イラン)  +33"
6位 宮澤崇史(ファルネーゼビニ・ネーリソットーリ)  

+49"
9位 福島晋一(トレンガヌ プロアジア)  +1'25"
36位 畑中勇介(シマノレーシング)  +9'14"


(八重山日報)
«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。