沖縄の宿泊施設情報や観光情報満載!おきなわBBホテル&インズ
«Prev || 1 || Next»

2010-11-04



第9回・クイチャーフェスティバル(沖縄・宮古島)

null
第九回 クイチャーフェスティバル 2010
~ずならどぅ ずなら~
2002年。

「人頭税廃止100年」を記念して、
「温故知新」と「大切なのは身近にある」を
コンセプトに、『クイチャーフェスティバル』はスタートしました。

祖先から受け継がれてきたクイチャーは、敬虔な祈り中から生まれた
「共存共生」のシンボルであり、「宮古人のアイデンティティ」を
体現する島の伝統芸能です。『クイチャーフェスティバル』は
宮古圏域文化の掘り起こしと、後世への継承発展を目的とし、
「伝統クイチャー」と「創作クイチャー」が紡ぎ出す
宮古民俗文化のフェスティバルです。

「ずならどぅ ずなら」
今年の『クイチャーフエスティバル』のサブタイトルは、
荷川取のクイチャーの歌詞にも唄われている言葉で、
「土地煙が上がる程に大地を踏み鳴らし、その土煙が空に舞い上がって
雲をなし、その雲から豊穣をもたらす雨を降らそう」という
意味があります。これはまさにクイチャーの真髄であり、
来年2011年の第十回の記念大会に向けた意気込みを込めて
付けられました。


第9回クイチャーフェスティバル
  「入場無料」
期日 2010年11月7日(日)

  開演16時(予定)
会場 カママ嶺公園 多目的広場

2010-09-21

てぃーさーじパラではないが

アンケー島「親から拾ってきたといわれた?」

子沢山だと親はいろいろたいへんだ

「あんたは橋のしたでひろってきた」(大和ふう)

「ひざから 生まれた」 ??? 

年長は年頃なので いろいろかんがえたんだろ^な~

null
宜野湾 たーぶっくぁー のパリ屋ー

「あんたは はるやーで泣いてたからつれてきた」

null

農繁期 おとぅたちは自転車もヤンマーも無いので

月明かりを頼りに作業しハルヤーで泊まった




あながち  ウソでもなかたんだ~~~~

2009-04-24

沖縄島口・てぃーびー 

てぃーびーは電気の無い時代に
活用されました

ランプ(石油)よりも前になります


 琉球松材です
琉球の時代には国をあげて松を植林しました
地域の街道は松並木が生えそろい
名所がかなり「祭温松」と呼ばれ残っていました
景観・日よけ・の他燃料としての必要性が
大きかったと思います



松には トロの部分があります
マチアンダー(松脂)がリンゴの糖蜜のように
集まっています

そこを切り取り棒に差し火を付けると
上等な松明(てぃーびぃー)です
石油に負けない上質の燃料です。結構長時間持ちます



各地に残るユルチナー(月夜の綱引き)の
明かりに灯されました

今帰仁村・諸志の梵字炉の明かりも
このように灯されたのでしょう




2007-05-31

島ぬ まーさむん うちなーてんぷら

さんがちかじまーい も少ないなー

おだやかな海である

 



旧 たまぐしく村 奥武島は はーり

の練習が始まっていた





てんぷらが まーさんろー





もずく天 こんなに美味しくなるとは

 ナイス!





あーさー天 こうばしく うまい





旬の玉ねぎの甘さとやふぁらかで、、

野菜天ぷら に魚天 いか天

みんなはずせない 





これのテンプラでない 

はーり舟のマークです やんちゃな島やん




«Prev || 1 || Next»
沖縄県のホテルを探すならコチラ!沖縄県ホテル組合公式サイトへ 真栄田岬にある世界でも珍しいダイビングスポット「青の洞窟」を紹介します。幻想的な海中の世界が広がっています。